9/23(土)お試し会員さんと岩屋山へ

【日 程】  2017.9.23(土)
【山 域】  岩屋山・長崎市内の山
【コース】  岩屋神社登山口→左巻き道→林道→防火帯→自然歩道→山頂→展望岩→神社登山口
【天 候】  晴れ
【メンバー】 るっちん(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

お試し会員さんと岩屋山に登りました。
昨日の夜、一般の人から参加希望のメールが届いていたので、「明日ですが行きますか?」とお誘いしてみたところ「行きます」との返事。
登山口近くのコンビニで待ち合わせて、神社駐車場へ移動。

初対面なのでいろいろお話をしながらノンビリ歩いていきました。
最初のベンチで一休み。
るっちんさんは、足取りはしっかりしていて結構体力ありそうです。
石段の道を右に見て林道へと歩きます。
林道終点からは急登を登り一気に高度を稼ぎます。
そんなに息が上がるようでもなく、しっかり付いてきました。

山頂では岩屋山の常連さんたちともオシャベリをしたりして楽しい時間を過ごすことができました。
下山は、五島灘方面が見える展望岩に立ち寄り登山口へと戻りました。
d0326888_17465087.jpg
d0326888_17464042.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2017-09-23 17:48 | ハイキング | Comments(0)

9/10(日)九重・三俣山へ

【日 程】  2017.9.10(日)
【山 域】  九重・三俣山から坊がつるへ
【コース】  大曲→すがもり越→三俣山→南峰→坊がつる→雨ケ池→長者原
【天 候】  晴れ
【メンバー】 しげ、ハシ、まる、mimimama、jimny
【レポート】 jimny


秋の風を楽しみに九重へ出かけました。
長崎から、jimny、mimimama、しげの3人。
川登SAで佐世保のハシ君と合流。
実家に帰省中のまるちゃんは熊本から長者原へ駆けつけました。
車を長者原へデポして大曲へ移動。
大曲はすでにたくさんの車でいっぱいでした。おそらく昨日からの山中泊の登山者の車と思われます。
準備を済ませて出発です。
今日はそこそこ長丁場なので、オーバーペースにならないよう注意してスタートです。
d0326888_10325287.jpg
↓ すがもり越から三俣山へ
d0326888_10330376.jpg
↓ 上からすがもり越を見下ろす
d0326888_10332029.jpg
d0326888_10350986.jpg
↓ 三俣山本峰に到着
d0326888_10334103.jpg
↓ 足元には秋の花が咲いています
d0326888_10355247.jpg
↓ 南峰から坊がつるへ向けて下ります
d0326888_10362076.jpg
d0326888_10363276.jpg
↓ 坊がつるへ立ち寄りました
d0326888_10372381.jpg
↓ 下って来たルートがかすかに見えます
d0326888_10373196.jpg
↓ 雨ケ池にはマツムシソウが・・・
d0326888_10374675.jpg
d0326888_10375320.jpg
d0326888_10380881.jpg
d0326888_10382000.jpg

↓ 長者原へ戻って来ました
d0326888_10382945.jpg


[PR]
# by yamabito80110 | 2017-09-11 10:42 | ハイキング | Comments(0)

9/3(日)マツムシソウの天山へ

【日 程】  2017.9.3(日)
【山 域】  佐賀県の山「天山 1046m」
【コース】  上宮駐車場→あめやま分岐→あめやま→分岐→天山→稜線散歩(往復)
【天 候】  晴れ
【メンバー】 まる、mimimama、jimny、ハシモトさん(一般)
【レポート】 jimny

初秋の花の便りがネットで届くようになり、いそいそと天山へ出かけてきました。
今日はmimimamaのお友達のハシモトさんが一般で参加されるということで、長与駅にお迎えに行きました。
とても聡明で明るい女性で、車中の会話も弾みました。

川登SAで佐世保からの「まるちゃん」と合流。
多久ICで高速を降りて天山の上宮登山口へと車を走らせました。

この日は佐賀のアウトドアクラブの方たちによる登山道の整備のボランティア活動があっていて、たくさんの方たちが集まっていました。
私たちも整備のための石ころが入った袋をひとりでひと袋づつ上の方まで運ぶ手伝いをさせていただきました。
この活動は毎年されている様子で、一登山者として感謝申し上げます。ありがとうございます。

登山道の途中から振り返ると、雲仙、多良岳、遠く昨日登った岩屋山も望むことができました。
「あめやま」との分岐に出たので、今日は「あめやま」に立ち寄ることにしました。
植物にお詳しいご夫婦に出会って、花の名前を教えていただきました。

「あめやま」から分岐に戻り、天山へと向かいます。
山頂はたくさんの登山者で賑わっていました。
彦岳方面への稜線を少し歩いて、広くなったところでお昼にしました。

さすがにこの時期の天山は登山者で人気ですね。
いいお天気で気持ちの良いハイキングを楽しむ事ができました。

d0326888_21285748.jpg
d0326888_21290861.jpg
d0326888_21293945.jpg
d0326888_21291769.jpg
d0326888_21295967.jpg
d0326888_21300806.jpg
d0326888_21301952.jpg
d0326888_21302887.jpg
d0326888_21560598.jpg
d0326888_21310035.jpg
d0326888_21311291.jpg
d0326888_21304138.jpg
d0326888_21305014.jpg

d0326888_21312105.jpg


[PR]
# by yamabito80110 | 2017-09-03 21:34 | ハイキング | Comments(0)

2017.8.20(日) 野河内渓谷沢登り

[日程]2017.8.20 (日)
[山域]野河内渓谷沢登り
[天候]晴れ
[メンバー] jimny、mimimama、あきひろ、カワ、かおる
[レポート]かおる

本日は晴天、沢登り。

d0326888_22250252.jpg

わたしは初めて沢登りに参加しました。
初めてのワクワク感と、初めてのドキドキ感で、とても緊張しました。

mimimamaさんにハーネスの付け方を教えてもらい、
カワちゃんにロープの結び方を教えてもらい
あきひろさんにシュリンゲの使い方を教えてもらい、
jimnyさんに沢登りの注意点を教えてもらい
出発しました。

d0326888_22305544.jpg

沢の中歩いて行くのはとっても気持ちよかったです
d0326888_22314937.jpg
山登りとはまた違う、清々しさがありました

d0326888_22450832.jpg
水流に押されることが、新鮮でした
鮭ってすごいんだなと思いました
d0326888_22494899.jpg
身体は涼しさと、水の心地良さを感じて
身体は喜んでいましたが

d0326888_22522164.jpg
心は必死になってました
こんなに必死になって余裕がなくて真剣になるは
久しぶりです
d0326888_22531049.jpg


d0326888_22560929.jpg


沢登りを去年は怖くて尻込みしていましたが、
今年参加できてよかったです。




[PR]
# by yamabito80110 | 2017-08-21 22:15 | 沢登り | Comments(0)

8/11 山の日 九重

【日 程】  2017/8/11,12(金)山の日
【山 域】  九重
【コース】  牧ノ戸→星生山→慰霊碑→中岳→稲星山→白口岳→坊がツル(テント泊)
       坊がツル→雨ケ池→長者原 
【天 候】  晴れ
【メンバー】 あきひろ

お盆の帰省前に、山の日でもあるので九重に一泊して来ました。
坊がツルでのテント泊は決めたもの、どこに行こうか悩んでテント装備があるので重いから
長者原から入ってテントデポでしてどこかの山頂を目指すか・・・
結果、星生山から星生崎に行きたいので装備担いで牧ノ戸から入ることにしました。
さすが、山の日だけあって牧ノ戸の駐車場は、満車状態。運よく丁度空いた駐車場に止めることが出来ました。
d0326888_00075868.jpg























登山口では、トレランの格好をしたお兄さんが軽快に走って登っていきました。
ザックが重く登り始め、少し後悔しましたがそのうち慣れて星生山分岐に到着。
みんな久住山方面に登っていきます。
星生山分岐で休憩していると、長崎からですかと声を掛けられお話しすると佐世保からとの事
同じ長崎県なので話が弾んで、綺麗な女性3人と一緒に星生山に向かうことになりました。
d0326888_00084113.jpg























星生山から星生崎への稜線が、キザキザしてて好きな場所のひとつです
d0326888_00085784.jpg























星生山山頂で大川山人会の方にお会いしました
d0326888_00090304.jpg























星生山から星生崎方面の稜線

d0326888_00090918.jpg























星生崎から避難小屋。多くの登山客で賑わっていました
d0326888_00091381.jpg

















d0326888_00091844.jpg




























御池。今回は、先日ネットで見た慰霊碑に行ってみようと御池から天狗に行かずに
池の小屋方面に向かいます。

d0326888_00092369.jpg























池の小屋から400mくらい登ったところに慰霊碑がありました。
いままで知りませんでしたが一枚岩の立派なものです。
d0326888_00092958.jpg























池の小屋の壁に慰霊碑の説明文が、新しく設置されてました。
読んでみると、なんと今日は命日・・・昭和5年の8月11日に九重連山初の遭難事故で
亡くなったと書いていました。

d0326888_00094198.jpg























中岳山頂では、ワイン1本とワイングラスを持って、ワインを楽しんでいる男性がいました。
いろんな楽しみ方がありますね。
d0326888_00094851.jpg

















d0326888_00100100.jpg

















d0326888_00100831.jpg

















d0326888_00102142.jpg






































稲星、白口岳を経て、坊がツルに到着。白口岳からの下りは道がどろどろ、つるつるで
疲れました。
d0326888_00104013.jpg

















d0326888_00104919.jpg

















d0326888_00105491.jpg



















d0326888_00105910.jpg














d0326888_00110426.jpg









[PR]
# by yamabito80110 | 2017-08-19 00:06 | ハイキング | Comments(0)