2017/12/17(日)霧氷の雲仙岳

[日 程] 2017.12.17(日)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 曇り時々晴れ
[コース]池之原園地→仁田峠→あざみ谷→紅葉茶屋→普賢岳→紅葉茶屋→国見別れ→妙見神社→仁田峠→池之原園地
[メンバー] しげ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

冷え込む予報だったので霧氷を期待して雲仙岳へ出かけました。メンバーは3名。
天気予報では雪マークも出ていたので、道路の積雪・凍結が心配でしたが道には雪が降った形跡はありませんでした。
仁田峠循環道路は路面凍結のため通行止めになっていたので、池之原園地からのスタートとなりましたが、11時頃には規制は解除されたようです。

↓紅葉茶屋で一服
d0326888_09584797.jpg
↓霧氷
d0326888_09585776.jpg
↓普賢岳
d0326888_09591337.jpg
↓霧氷沢へ
d0326888_09590672.jpg
↓霧氷沢にて
d0326888_09592142.jpg
↓国見別れから妙見神社へ
d0326888_09592837.jpg
↓妙見神社
d0326888_09593539.jpg
↓下山後はいつもの「白玉大納言!」
d0326888_09594389.jpg
※プチ遭難騒ぎ
普賢岳から紅葉茶屋に戻った時に、人を待っている様子の女性と話をしました。「国見岳に一人で登ると言う外国人男性と国見別れで別れて紅葉茶屋で待っているのだが遅いので心配している」と言うことだったので、「国見岳まで登って様子を見てみます」と伝えて私たちは先へと進みました。国見別れから国見岳方面へ進んでいる時、前方にいた登山者と話をすることができました。その人から「外国人男性なら新道に入っていったよ」と言う情報を得ました。新道入り口と紅葉茶屋はほんの少し離れているので待っている女性が目を離したタイミングで新道の方に入っていったのでしょう。新道から普賢岳に登って紅葉茶屋に戻るには時間がかかるので女性はその間心配だろうと思い、私はそのことを伝えるために彼女の元へ戻ることにしました。この日同行した私たちのメンバーのうちひとりは雲仙は初めてだったので、予定通り妙見神社経由で仁田峠に降りてもらいそこで合流する事にして、私だけ連絡に紅葉茶屋に向かいました。内容を伝えると女性はホッとした様子でした。お礼の言葉をいただいて私は仁田峠へと下山しました。

・パーティーはできるだけ別れないこと
・どうしても別れる場合は合流ポイントと大体の時間を確認しておくこと
・初めての山の場合は多くのピークを踏みたくなるものだが単独行動にはならないようにすること

※連絡を取るために彼女とラインの交換でもしておけば良かったかとも思いましたが、初対面の女性になかなかそれは難しいですね。

[PR]
# by yamabito80110 | 2017-12-18 10:30 | ハイキング | Comments(0)

2017/12/9(土)八朗岳

[日 程] 2017.12.9(土)
[山 域] 八朗岳(長崎市内最高峰の山)
[天 候] 曇り
[メンバー] るっちん、あき、アコ、jimny
[レポート] アコ

今回は平山〜八郎岳〜熊ヶ峰〜大山まで、jimnyさんとるっちんさん、あきさんとアコで登山しました。
曇り空だったので雨を心配しましたが、雨は降らず風も吹いていなかったので登山しやすかったです。
歩いている途中、jimnyさんが野生の子鹿を見つけました。登山中は猪が穴を掘った後を多く見つけましたが、野生の動物を見たのは子鹿のみでした。

↓平山の登山口
d0326888_22224753.jpg
↓八朗岳山頂
d0326888_22244301.jpg
八郎岳の頂上から見る景色は長崎が一望出来、とても印象に残りました。もうこの時点でお腹が空いていましたが、御飯は熊ヶ峰で、とのjimnyさんからのお言葉でしたので行動食を少し口に入れ空腹を耐えつつ皆で登りました。登山中は今になると何を話したか思い出せませんが、皆と楽しい話しをしとても和んでいました。

↓熊ケ峰へ向かう
d0326888_22270480.jpg
↓熊ケ峰でお昼ご飯
d0326888_22281234.jpg
熊ヶ峰に着き、昼飯を食べました。あきさんとアコは初心者でレジャーシートをまだ用意出来ていなかったので、jimnyさんとるっちんさんにいれてもらいました。熊ヶ峰の頂上は木々に覆われていて、景色を楽しむ事は出来ませんでしたが四人で食事を共にするのはとても新鮮で良かったです。

↓大山へ向けて下山
d0326888_22290700.jpg
↓大山教会
d0326888_22301419.jpg
下山している途中、あきさんの足が筋肉痛におそわれました。アコはリュックが合わなかったのか、肩痛が出現しました。二ヶ月前に入会したるっちんさんは、余裕の表情でした。jimnyさんもモチロン余裕で写メを撮りまくっていました。
色々な思い出が出来ました。また皆で登りましょう!お疲れさまでした!

[PR]
# by yamabito80110 | 2017-12-11 22:34 | ハイキング | Comments(0)

2017/12/2(土)権現岩岩トレ

[日 程] 2017.12.2(土)
[山 域] 稲佐山権現岩
[天 候] 晴れ
[メンバー] しげ、るっちん、mimimama、jimny
[レポート] jimny

今日は久しぶりの岩トレです。
メンバーは当初予定の7人から、いろいろな事情で4人となりました。
少人数だったので、集中して効率の良い訓練ができました。

ロープと装備を担いで、県道春木線の皿焼バス停から権現岩へ。
空は雲ひとつない青空です。

権現岩下の広場で装備を広げて、まずはロープワークの基本を行いました。
そしてさっそく岩へ向かいます。
岩の下部で三点支持での岩場歩行とトラバースの練習。
続いてトップロープ状態でのクライムアップとクライムダウンを何度か行いました。
午前中の訓練は懸垂下降で締めくくり。

この岩場は日陰で寒いので、稲佐山公園まで山道を登ってお昼にすることにしました。

↓ 権現岩へ向かう
d0326888_21412813.jpg
↓ ローソク岩
d0326888_21413999.jpg
↓ 正面壁
d0326888_21402347.jpg
↓ 今日は登山靴での訓練です
d0326888_21403257.jpg
d0326888_21404185.jpg
↓ 懸垂下降訓練
d0326888_21404810.jpg
↓ 稲佐山公園で昼食
d0326888_21431771.jpg
d0326888_21433408.jpg
↓ 下ります
d0326888_21434460.jpg
↓ 下山しました
d0326888_21435234.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2017-12-02 21:49 | 岩登り | Comments(0)

2017/11/26 五家原岳

[日程] 2017.11.26(日)
[山域] 五家原岳
[コース] 黒木→横峰越→五家原岳→中岳→西野越→
金泉寺→黒木
[天候] 曇り
[メンバー] mimimama、まる
[レポート] まる

登山口に着く頃には小雨も上がり、空も明るくなってきたので、登山決行し、五家原岳に登ってきました。
予定していた大もみの木コースは今回変更して、登りやすいコースに変更して登りました。

落ち葉や濡れて滑りやすくなった石に足元を注意しながら、mimimamaにリードしていただいて、ゆっくりのんびり歩きました。
d0326888_21305957.jpg
途中の気持ちの良い道

d0326888_21325482.jpg
途中で少し休憩

さすが多良の山、山頂付近の登りはじわじわと体力を奪われました。思った以上に汗をかきました。
五家原岳の山頂の展望所から見た雲がかかった経ケ岳がとてもきれいでした。
d0326888_21363596.jpg

d0326888_21375843.jpg

雨にはどうにか降られず下山しました。お天気の山も良いですが、今回のようなお天気の山も静けさが引き立ち
良いものだなぁと感じました。ゆっくりのんびり歩いて山を満喫しました。

[PR]
# by yamabito80110 | 2017-11-28 21:13 | Comments(0)

2017/11/25 岩屋山

【日 程】  2017.11.25(土)
【山 域】  長崎市民の山「岩屋山」
【コース】  式見ダム→西尾根→弁当岩→裏尾根→岩屋山→自然歩道→舞岳→式見ダム
【天 候】  晴れ
【メンバー】 るっちん(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

今日はお試し2ケ月目の「るっちん」と、今日はじめてお試しとして参加の「あきさん」の3人で登る予定でしたが、あきさんが体調不良(風邪)のため、るっちんとの二人登山となりました。るっちんは岩屋山には何度か登っているため、今回は式見ダムからの周回ルートをチョイス。

↓ ダムサイトは紅葉が見頃
d0326888_09525939.jpg
d0326888_09530743.jpg
↓ 弁当岩にて地図とコンパスの勉強中
d0326888_09531548.jpg
↓ 裏尾根はところどころ岩場が出てきます
d0326888_09532482.jpg
↓ 岩屋山山頂でお昼を済ませて舞岳方面へ
(途中にある休憩ポイント・一服茶屋?)
d0326888_09533267.jpg
↓ 舞岳
d0326888_09534038.jpg
↓ 手熊・小江方面は少し開けている
d0326888_09534709.jpg
↓ 式見ダムに戻ってきました
d0326888_09535555.jpg
d0326888_09540344.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2017-11-26 10:01 | ハイキング | Comments(0)