<< 「とりかぶと自然学校」へ見学行... 権現岩での岩トレ >>

ちょっと気になる故郷の山シリーズ 第2弾

【日程】2014.2.2(日)
【タイトル】ちょっと気になる山シリーズ 第2弾 「鳥甲岳・二合半岳」
【メンバー】Jimny、mimimama、のっしー、renko、たか、あきひろ、なつ、マリ計7名
【天気】くもり(霧)のち晴れ
【レポート】マリ

早速、第2弾へ行ってきました。今回は多良の「鳥甲岳・二合半岳」です。
多良方面への萱瀬ダム過ぎて黒木町から山頂がポッコリとした山が目に見えます。以前から、人は行けるのかな?と気になっていました。
前日から雨が心配でしたが午後から晴れるとの予報に期待し、濃霧の中、調査隊は国道444号から南川内へ向かいました。途中にシャクナゲ公園、とりかぶと自然学校を通過します。
今日はここ久良原林道の南川内登山口からスタートです。
d0326888_9475767.jpg

きちんと「鳥甲山」の標識もあります。
d0326888_950896.jpg

準備をして、地図でルートを確認して さぁー 出発です!(9:15)
d0326888_9493012.jpg

林道を歩きだすと すぐに「鳥甲山」標識と摩利支天宮の鳥居がある。
d0326888_9563037.jpg

ここから登山道の始まりである。今日は8人での登山。
d0326888_9584168.jpg

朝からは濃い霧で気温も高く、歩きだすとすぐに汗が出て衣服調整。
renko隊長も北アルプス涸沢へ向けて着々と体力強化に努めてます。
d0326888_1004226.jpg

徐々に勾配を上げながら登る。前日の雨で足元は滑りやすい。
しかも、ここの登山道はちょっと粘土質で 滑る、滑る! 「みんな気をつけて~!」
d0326888_1063897.jpg

桧の植林と照葉樹林の中を勾配を上げながら登ります、踏み跡もテープもきちんとあります。
d0326888_1011336.jpg

しばらくすると黒木・二合半岳方面からの登山道と合流。
d0326888_10201468.jpg

ちょっと勾配がきつい。休憩しながら呼吸を整え、現在地を確認。
d0326888_10272731.jpg

登山口から30分ほどで分岐に出た。
d0326888_1028467.jpg

さらに5分程で鳥居が見えてきた。
d0326888_10285152.jpg

頂上にはインド原始仏教の保護神である摩利支天が祀られてあった。(9:50)
ここで10分程休憩タイム。
d0326888_10374168.jpg

先ほどの分岐まで戻り、鳥甲山を目指す。赤や黄色いテープがしっかりついています。
d0326888_1033694.jpg

やせ尾根を進むと展望の岩場がある、多良山系を眺めるとのことだが今日は残念。。。
d0326888_1105354.jpg

先へと進むと 鳥甲岳山頂へ到着!(796.4m)(10:15)
d0326888_112527.jpg

展望はなく、山頂プレートがあるのみ。ここが 気になってたあのポッコリ?
予想イメージではもっと狭くなってると思っていたけれど、意外と広くない??
先にも登山道らしく踏み跡はあったがどこへ通じるのかな?今日はパスして次の二合半へ向かうことに。
d0326888_1125880.jpg

なんと、あのポッコリは先程の摩利支天宮の山頂だったとのこと。

途中で 危険そうなスリルある狭い岩場があった、私もチャレンジしてみることに。
遠くから 『大丈夫?』の声が・・・
「はーい、気をつけま~す!」 『いや、身幅よ・・・』  えッ。(@_@;) そっちの心配!!
d0326888_12553482.jpg
分岐を跡に、二合半方面へ下る。下りも滑るから足元に注意ね~!
d0326888_11143726.jpg

眩しいほど青々とした立派なコケ岩がありました。
d0326888_11153913.jpg

ここが黒木、二合半、南川内方面からへの分岐点です。
今日は3月に計画している多良大縦走の下見も兼ねての登山道チェックです。
d0326888_11342280.jpg

分岐、距離、コースタイムをしっかりと確認。(10:50)
d0326888_11345712.jpg

「二合半岳2km」の方向へ出発!山頂までは小さな名前もないピークを3つ、4つ踏むようだ。
早速、始まった 急登! まるでアキレス腱運動をしながら登っている感覚(笑)
最近、低山ほど厳し~い を身に染みるほど感じてるような。。。
d0326888_11474588.jpg

(北アルプスなら もう横尾ぐらいかな~??) テント張ります?
d0326888_1447090.jpg

アップダウンの繰り返し。登りつめていると、ご褒美のように山が見えてきた。
今から行く二合半岳のようだ。 しかし、まだまだ遠いな~
d0326888_129422.jpg

ひたすら登り続けること 空が見え、山頂はもうすぐかも??
d0326888_1210588.jpg

無事に二合半岳山頂へ到着!(799m)(11:40)
d0326888_12413988.jpg

展望がないのが残念でした。
d0326888_12302582.jpg

次の二合半峠へ下りてお昼にすることに。 「あ~ お腹 空いたね~」 
d0326888_123156.jpg

すぐに空地のある二合半峠へ出た。(11:55)
d0326888_12314385.jpg

ここは林道、大花山・五家原岳方面からの登山道と交差します。
多良縦走でもここはポイントです。
d0326888_12443897.jpg
d0326888_12453085.jpg

さぁ、さぁ、お昼です!天気もよくなり、暖かくなってきた。
d0326888_12485191.jpg

お腹いっぱいになった男性陣大縦走メンバーは大花山・五家原方面の登山道が気になっって仕方ない。
『せっかくならば、分岐点チェックにでも行ってくれば~』のリーダーの一言に火がついた!
メンバー3人に、この私も付いて行くことに。
勢いよくスタートした先には、いきなりのロープありの急登!
 私は早くもバテ、バテ。。。  3人はトレラン並みに走って行った。
私は戻ることに。( 実は 一人でコケたのです )
d0326888_1318742.jpg

分岐まで行った3人があっと言う間に戻ってきた。早っ!
d0326888_13185973.jpg

縦走に向けて不安と気合でいっぱいになったメンバーと、みんな一緒に下山です。(12:45)
d0326888_13231987.jpg

途中で沢が出てきました。(きっと ここは 梓川だろうね~♪)
d0326888_13261591.jpg

林道まで車で入ってこれると思ったが 下には施錠ゲートがありました。
d0326888_13272689.jpg

南川内川上流にかかる橋を渡ろうとしたら、前日の雨で洪水状態。
渡るしかない、靴を濡らしながら渡った。
d0326888_13343851.jpg

みんな もう靴洗い状態。
d0326888_13352217.jpg

無事にゴールの登山口へ到着! お疲れ様でした☆彡(13:15)
d0326888_13363525.jpg

シャクナゲ公園にて 反省会をしました。
d0326888_1458417.jpg



 今回は大村市中岳町南川内と黒木町の境付近にある鳥甲山と二合半岳に登ってきた。”鶏のとさか”に似ていることから名付けられたと言われている鳥甲岳。気になっていたポッコリは摩利支天宮が祀られている山頂だった。しかも、あのポッコリした姿は黒木町の経が岳、多良岳の登山口あたりからしか見えないらしいです。今回も低山ながら急登の勾配に息が上がりました。登山者ともすれ違うことなく、比較的登山者が少ない山のようにも感じましたが登山道はしっかりと踏み跡がありました。粘土質でちょっと滑りやすかったです。今日は霧で展望は残念でしたが、もともと展望は期待できない山のようで、繰り返されるアップダウンに登りごたえを感じ、大縦走への課題、注意点なども意識しながら楽しんだ山行でした。天気も良くなり、春を思わせるような暖かさでした。
来月の縦走に向けて貴重な時間だったようにも思います、無事に大縦走が成功することを願いたいです☆彡

 
帰りに「とりかぶと自然学校」へ見学に行ってきました♪
~このレポートは後ほど~
[PR]
by yamabito80110 | 2014-02-03 15:22 | ハイキング | Comments(0)
<< 「とりかぶと自然学校」へ見学行... 権現岩での岩トレ >>