<< 5/3-4 根子岳縦走 4/19(土)~20(日)平成... >>

4/26~27 雁俣山・京丈山

【日程】2014.4.26~27
【場所】雁俣山・京丈山縦走
【メンバー】Jimny、mimimama、あーちゃん、miko、マリ (敬称略)計5名
【天気】くもり
【レポート】マリ

いよいよ、GW前半がスタートしました!
午後から長崎を出発し私達は熊本県へと向かいました。
今回はカタクリの花を見よう!と雁俣山と京丈山へ登ります。
御船ICを下り国道443、218、445号を経由して五家荘方面へ進みます。だんだんと山深くなり、くねくねと細いカーブの連続をしばらく走ること、登山口の二本杉峠へ到着!
夕陽が落ち始める空を見ながらテントと夕食準備です。
あっという間に、辺りはすっかり暗くなり、眼下には熊本市内の夜景が☆彡
d0326888_9434891.jpg

明日の天候と無事を祈って乾杯! 今夜は熱々のちゃんぽんとうどんです。
d0326888_9464857.jpg

一次会は終わり、さぁー寝るのかな??
いやいや、そんなはずはありません。。。テントへ移動です。
今回、お二人さんにとって始めてのテント泊。ワクワク、ドキドキです。
山の話に盛り上がりながらも、明日に備えて就寝時間に。
お隣のテントから 早くも寝息が・・・ 早っ!
女子テントでは女子会が始まりました。(テントって、やっぱ、これだね(笑))

翌朝は野鳥の声と獣?の鳴き声で目覚めました。
まだまだ山の朝は冷え込みます。(初テントは眠れましたか?)
心配された天気も大丈夫そう!
眼下には金峰山、右奥に阿蘇の外輪山が見えます。
d0326888_958835.jpg

朝食とテント撤収を済ませ、登山口の二本杉峠へ。
駐車場にはまだ二、三台だけ。山桜もまだ咲いてました。
d0326888_1004320.jpg

駐車場のシャクナゲやミツバツツジが見頃を迎えています、山の花々に期待して出発です!(7:40)
d0326888_1015730.jpg

コースは、二本杉峠登山口から雁俣山へ向かい、京丈山へ縦走し黒原経由で周回。
しっかりとした雁俣山登山口の道標に従い登山道へ。
d0326888_1081620.jpg

登山口からフラットな道が続きます。背丈以上のスズタケと新緑の中をぐんぐんと進みます。
d0326888_1095432.jpg

10分程で分岐に出ました。帰りは、こちらの黒原部落から周回です。
位置を確認し、雁俣方面へ進みます。
d0326888_10133018.jpg

スズタケに囲まれ展望はありません。しばらく丸太の階段を登り続けます。
d0326888_10184338.jpg

途中、右に直登コース、左にカタクリコースへの分岐が現れ、カタクリコースへ。
d0326888_10211275.jpg

倒木もあちらこちらに。
d0326888_10214936.jpg

芽吹いたばかりの新緑と鳥のきれいな鳴き声が森の中に響きます。
何とも言えない癒しの空間です。春ですね~♪
d0326888_10251485.jpg

細いトラバースのような山道を進むこと、ついにありました! カタクリの花 発見!
d0326888_1057159.jpg

スッと細いピンクの蕾。一株、一株、ちょっと離れて咲いています。
ちょっと遠慮気味に咲いているようにも見えました。
日射しが当たるお昼には反り返るほど開くとか・・・。辺りに沢山咲いていました。
稀少植物だそうです。
登山道は山腹をトラバースする感じです、下を見ると切り立ってます、保護ロープの細い道を慎重に進みます。
d0326888_10324693.jpg

足元には すみれがたくさん。
d0326888_10335937.jpg

途中、先ほどの直登コースと合流し、だんだん、勾配もきつくなり、ロープありの急斜を登ります。
d0326888_1036736.jpg

標高が高くなるにつれ、視界も広がり山々も見えます。
山頂まであと少し、ファイト!
d0326888_10372051.jpg

スタートして登ること1時間程で雁俣山山頂(1315m)へ到着。(8:39)
d0326888_10381979.jpg

ヒカゲツツジが満開でした!こんな群生は珍しいとか。。展望も素晴らしい!
d0326888_1039187.jpg

もうすぐ、見頃を迎えそうなのミツバツツジのつぼみも膨らんでいました。
ベンチで休憩し、展望を楽しんだ後、雁俣山を跡に次の京丈山へ向かいます。
d0326888_1042199.jpg

ヒカゲツツジの群生を通り抜け下ります。
d0326888_10445476.jpg

途中には急な岩場があり、ロープと三点支持で慎重に下ります。
d0326888_1152151.jpg

見上げると、珍しく真っ白な木蓮の花も咲いてました。
d0326888_1163216.jpg

登山道は、このように下がスパッと切れており、細い尾根や細い傾斜あり登山道が連続する。
d0326888_1171661.jpg

標高差50mほどの急な斜面を長いトラロープを握って下ります。
ギンリョウソウも見っけ!
d0326888_1183153.jpg

新緑の森の中をアップダウンを繰り返ながら、ブナやヒメシャラの樹林の中を突き進みます。
d0326888_1113997.jpg

途中に、テープが貼られてある帰りの黒原への分岐を見つけ、位置を確認する。(9:52)
d0326888_1115293.jpg

スギ林の中の小さなピークのアップ、ダウン。
d0326888_11171170.jpg

d0326888_1117494.jpg

全くだった登山客とも、ようやくすれ違い前後するようになる。
山腹を巻くように進むこと、遠くに京丈山が見え始め、地図にある林道も見えてきた。
d0326888_11205286.jpg

ハチケン谷からのコースとも合流し進むこと、斜面には、青々としたバイケイソウが咲いている。
再びカタクリの花も!ってことは、京丈に近いのかも??
つぼみだった花びらも陽射しを浴び 見事なイナバウア!
d0326888_11291282.jpg

ワチガイソウ
d0326888_1130631.jpg

シロバナネコノメソウ
d0326888_1320241.jpg
ヤマシャクヤクもつぼみを付けており、残念ながら、開花はもう少しみたい。
d0326888_11312485.jpg

一気に視界が変わり、コケが付いた石灰岩が立ち並んでいる。
d0326888_11353252.jpg

バイケイソウの群落が青々と眩しいほどに、今までの景色とは変わりを見せる。
d0326888_11363481.jpg

最後の登りを登りきること、京丈山1473mへ到着!(11:11)
d0326888_11374184.jpg

素晴らしい展望です。足元にはあちらくちらで、いろんな顔をしたカタクリが出迎えてくれてます。
淡いピンクが何とも言えない、可愛いお花でした!
デジカメでも、スマフォでも・・・撮影!
d0326888_11411924.jpg

山頂から下ったところで昼食休憩としました。
カタクリをお目当てに、たくさんの登山客で賑わっていました。
d0326888_11434558.jpg

お腹も満たし下山です、往路の黒原分岐へ戻り位置を確認する。(13:12)
d0326888_114547100.jpg

d0326888_1146291.jpg

しばらく歩くこと民家が見え始め、黒原集落の林道へ出た。(13:35)
シャクナゲやミツバツツジが咲き、お花畑が広がっていた。
d0326888_11503653.jpg

林道を少し下ること、再び二本杉へ向かう登山口へ
d0326888_11541646.jpg

アップダウンを繰り返しながら進み、幾つかの涸れた沢を橋や飛び石で渡る。
d0326888_1157121.jpg

疲れきった足にアップダウンが堪える。
なんだかんだ言ってもロングなコースです。
まだか?まだか?と登ること、覚えがある朝の分岐に出た。
d0326888_1205798.jpg

今日のコースを振り返りながら、ゆっくりと進むこと今朝の登山口へゴール!(14:10)
朝は数台だった駐車場も、登山客と観光客で賑わっていました。
d0326888_1241186.jpg

休憩、昼食休憩を入れての6時間30分でした。お疲れ様でした!


初めての雁俣山と京丈山は、フラットな山道が多いながらも、小さなピークを登り下りを繰り返し次々と変化を楽しんだ山でした。踏み跡や道標はしっかりしており迷うことはありません。全体的に細い尾根や山腹を巻く登山道が多く、気の抜けない登山道であったように思います。
お目当てのカタクリに出逢えたこと、多種のすみれ、満開のヒカゲツツジ、木蓮、ギンリョウソウ、バイケイソウ、シロバナネコノメソウなどたくさんの花々に出逢えたことは嬉しかったです。新緑の美しさ、鳥の鳴き声に癒され、大自然の中にいることを存分に感じた山行でした。昨年行った白鳥山のカルスト地形にどこか似てるようにも感じながら歩きました。また、違った時季にも訪れたいと思います♪
[PR]
by yamabito80110 | 2014-04-30 10:48 | ハイキング | Comments(2)
Commented by あーちゃん at 2014-04-30 18:43 x
レポートありがとうございます☆
初めてのテント泊は想像より眠れました^_^マリさんの寝つきの早さにも驚きでしたよ‼
刻々と変わる風景や希少な花々を見れて感激でした。登りで音をあげそうになりましたが、とても楽しかったです〜(≧∇≦)
岩場など危ない箇所でjimnyさんmamaさんにご指導していただき、ありがとうございました!
Commented at 2016-02-01 21:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 5/3-4 根子岳縦走 4/19(土)~20(日)平成... >>