<< 5/11(日) 雲仙普賢岳 4/26~27 雁俣山・京丈山 >>

5/3-4 根子岳縦走

【日程】2014.5.3-5.4
【場所】根子岳縦走
【メンバー】Jimny、mimimama、のっしー、momi、マリ、たか、ゆかり (敬称略) 計7名
【天気】晴れのち曇り
【コース】ヤカタガウド登山口→(見晴らし新道)→天狗峰→(日の尾尾根)→ヤカタガウド下山
【レポート】たか

リーダー研修第2回目として熊本県阿蘇郡にある阿蘇五岳の一つ、根子岳の縦走に行ってきました。3日は目的地に早めに到着し、登山口の下見と夕食&キャンプをしました。日中快晴だったせいか、日が落ちるとかなりの冷え込みです。
宴の中それぞれの目標を確認し、明日に備えて就寝しました。

d0326888_2037486.jpg

d0326888_2038359.jpg


朝は5:30に起床しテント撤収、朝食、装備の確認をして、7:00ヤカタガウド登山口を出発。2012年7月の九州北部大豪雨によりヤカタガウドルートが崩壊しており、見晴らし新道から入山しました。
d0326888_2043454.jpg


トップを行くJimnyさん。急登なうえにルートが分かりづらい中、ザクザク進みます。
d0326888_20444861.jpg

道中沢山の草花が迎えてくれました。
イワカガミ
d0326888_20453481.jpg

ヒカゲツツジ
d0326888_2046981.jpg


取り付きまでの道も悪路が続きます。急登あり、ロープあり。しかも足元は滑りやすく、岩は脆く、アプローチと言えども全く気が抜けません。
d0326888_204797.jpg

d0326888_2155347.jpg

d0326888_20474576.jpg


稜線まで出ると、阿蘇の絶景が広がります。心休まる瞬間です。
d0326888_20485919.jpg

d0326888_20503499.jpg

天狗のコル、天狗岩がそびえます。
d0326888_20501544.jpg

天狗岩
d0326888_2051692.jpg

10:30天狗のコル取り付きに到着。登攀準備に入ります。

いざ、登攀開始。Jimnyさんがフィックスしてくれたロープにプルージックノットで通過します。
d0326888_20534046.jpg

ラストはのっしーさんです。mimimamaとロープを回収してくれます。
d0326888_2053424.jpg

みな無事に天狗のコルを抜けて天狗峰山頂に到着。
d0326888_20543876.jpg



これで終わりではありません。この後も厳しい。
早速5mと25mと懸垂下降が待ち受けている。

懸垂下降の準備をするJimnyさん。
d0326888_20552943.jpg

25m懸垂下降(熊五郎落し)に挑むゆかり。
d0326888_20561157.jpg

同じくmimimama。早かった!
d0326888_20563520.jpg


続けてナイフリッジです。
ナイフリッジを行くマリさん。
d0326888_2057342.jpg

d0326888_2103149.jpg


切れ落ち(通称: 蟻の戸渡り)で待機するmomiさん&ゆかり
d0326888_20574542.jpg


5m、10mの壁クライミングが続きます。
d0326888_20584272.jpg

d0326888_2103966.jpg



いつの間にか雲が広がり、ガスが出てきました。先を急ごう。
d0326888_211851.jpg


崩壊箇所を抜けます。
d0326888_2122881.jpg


17:20 予定より遅くなったが、全ての危険箇所を無事に通過することができました。通常装備に戻し、日の尾尾根を下ります。
d0326888_2132131.jpg



日の尾峠に到着。林道を歩き、18:40 無事ヤカタガウドに到着しました。
5日にツームシ山登山予定でしたが、天気予報が雨だったため中止し、温泉で汗と泥を流し、夕飯を食べてから帰崎することになりました。

〔まとめ〕
この山行の目的は山人のリーダー部員としての技量を高めるとともに、危険予知、危険回避の能力を高め、結果オーライとは違う山登りの意識を持つことです。
実際、ロープを担いでの縦走は初めてで、この先の道がどのような状況にあるのかも分からぬ中、Jimnyさんの後ろを付いて歩きました。危険箇所は予想よりもはるかに多く、現場の状況と皆の力量を考えてロープを出したりシュリンゲを設置していました。
その時は自分と前後の人の安全確保に必死で余裕がありませんでしたが、その判断はリーダーの最も大切な役割なのだと、本当に皆の命に対する責任を負うものだと感じました。この経験を生かして、冷静で正確な判断が下せるリーダーになれるよう、これからも好奇心旺盛に山と向き合いたいと思います。
[PR]
by yamabito80110 | 2014-05-07 21:06 | 縦走 | Comments(4)
Commented by あきひろ at 2014-05-08 00:09 x
根子岳縦走お疲れさまでした。厳しいルートの中、ワクワクするような場面ばかりですね。第三回のリーダー研修には是非参加したいものです。お疲れさまでした。
Commented by マリ at 2014-05-08 08:58 x
レポートありがとうございました。
いやぁ~振り返れば振り返るほど、ゾッとしますね~。。
想像以上の厳しさで緊張の連続でした。本当に貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございました。
皆さん、お疲れ様でした!
Commented by のっしー at 2014-05-09 12:30 x
レポートありがとう。
怪我も無く、みんな無事に帰れて良かったです。
すべてが勉強になって、とても充実した研修でした。
次はもっと安全に、確実に、スムーズに行動できるよう精進していきましょう。
おつかれさまでした。
Commented by もみ at 2014-05-12 19:23 x
レポートありがとうございます。写真や動画で振り返れば振り返るほどに、自身に不足する反省させられる点を実感します。しかしながら、今回のメンバーでリーダー研修へ参加出来たことに感謝をしたいです。
<< 5/11(日) 雲仙普賢岳 4/26~27 雁俣山・京丈山 >>