<< 11月1日 多良岳散策 20141018岩登り >>

10月26日(日) 鷹ノ巣山

【日  程】2014.10.26(日)
【登った山】鷹ノ巣山
【天  気】晴れ
【メンバー】マリ、あきひろ、miko,、あー、なつ、よー
【レポート】よー

秋も深まってきましたね。
今年はどんな紅葉に会えるかな?
さて、今日の目的地は福岡県の鷹ノ巣山。
ビュートと呼ばれる火山地形で、三つの岩峰から成り、山全体が国の天然記念物に指定されている。
登山の危険度、4を一番危険とする場合の3段階。(ひぇー、だいじょうぶかなー。)
不安と期待が渦巻きます。
7:30喜々津を5名で出発。前日、久住に登っていたあきひろさんの待つ、添田町の高住神社へ向かいます。マイちゃんが急な扁桃炎で来れなくなったので、今日のメンバーは6名です。(残念でしたね)
10時過ぎに高住神社駐車場に到着、あきひろさんは辺りを散策中でした。
d0326888_10191496.jpg

高住神社より500m先にある停車場から出発し、林道へと入っていきます。
d0326888_10264691.jpg

林道を少し歩き、すぐに植林の森に入ります。いきなり急登です!
d0326888_10271559.jpg

案内板がありました。今日のコースそのままです。アップダウンの繰り返しが大変そう! 
(帰りは巻き道がありますよー)
d0326888_10293934.jpg

出ました!危険度3の噂の岩場の始まりです!気を引き締めてロープを握り登ります。
d0326888_1031513.jpg

ロープの道が続きます。 ひたすら登る! 登る!
d0326888_10323451.jpg
 
登り始めて20分で、一ノ岳に到着。 快調なスタートです。
d0326888_10332987.jpg

下りも続く、ロープの道です。
d0326888_10383941.jpg

d0326888_1120585.jpg

こんな道、やせ尾根というのかな?恐竜の背中を歩いているようです。
左右に滑り落ちないよう気をつけて進みます。
d0326888_10393338.jpg

小さなピークをいくつも登ったり降りたり・・・(二ノ岳はまだかなー)
おっと! 目の前にたちはだかる大きな岩!据え付けロープだけでは登りにくい。
シュリンゲ3本をつないで安全確保。
d0326888_10452054.jpg

登り上がると 展望が開け、目指す二ノ岳、三ノがすぐそこに!
d0326888_10415852.jpg

ようやく二ノ岳到着。
d0326888_1042275.jpg

またもや手強い岩場の下り、危うく宙吊りに!  用心、用心!
d0326888_10461085.jpg

突如現れた天に向かって続きそうな橋のような岩尾根! その先には三ノ岳が!
d0326888_10465260.jpg

一気に三の岳に続く尾根かと思いきや、登山道は右下に下り、三ノ岳はもう少し先でした。
d0326888_10471774.jpg

いつの間にかお昼もとうに過ぎ、おなかも空いてきたので、登頂前にここでランチタイム。
d0326888_10475792.jpg

登山の前に道の駅で買った地元の人の手作りのお弁当、おいしかったなぁ~♪
d0326888_10484732.jpg

おなかいっぱい、元気回復、いざ三ノ岳へ!
d0326888_10491929.jpg

今日最大の岩場でしょうか。 出だしの一歩がなかなか厳しい! よいしょっと!
d0326888_10495939.jpg
 
ここにもシュリンゲとカラビナでロープを作ってもらいました。
一か所サポートしてもらうことで、何とか登ることができました。
d0326888_11102066.jpg

三ノ岳到着。アスレチックコースを完全走破したような達成感です!
皆さん口々に、以外に面白かったねー!
ここまで昼食を含め3時間、思っていたよりかなり時間がかかりましたが、それだけ中身の濃いワクワクドキドキの道のりだったと思います。
さあ、下山。途中で英彦山の北岳を眺め。
d0326888_1195743.jpg

最大の岩場、今度は下りです!
岩に挟まりそうになりながら、しっかり足場を確保して、そろそろと降りていきます。
d0326888_1110473.jpg

帰りは巻き道で楽チンと思っていたら、油断は禁物!緩やかにアップダウンを繰り返しながら少しずつ下っていきますが、滑りやすかったり、道が紛らわしかったり、倒木が多く大きな木をまたいだり、くぐったりと、アスレチック要素はまだまだ続きました。
倒木が多いのは自然がそのまま残されてる証拠かな。
時折鹿の鳴く声も聞こえましたよ。
ケルンで道を確かめて・・・
d0326888_11114188.jpg

葉も色づき 真っ赤な落ち葉・・
d0326888_11122975.jpg

日に映えると紅葉が一段と綺麗です。
d0326888_11125446.jpg

不思議な木を発見。仲良しの木と命名
d0326888_11131712.jpg

延々と続いた長かった巻き道
d0326888_11133952.jpg

15時に無事に下山して高住神社へ戻り、みんなで散策。
d0326888_11142849.jpg

神社境内の天狗杉。
山人の輪(和)で囲み、無事の下山を感謝し、次は英彦山へとの思いを胸に刻みます!
(この神社に英彦山への登山口があります)
天狗杉の樹齢は850年から900年。6人で手をつないでちょうどの幹周りでした。
d0326888_11161830.jpg

登り始めた時は、あまり時間がかからずに戻って、物足りなかったら、英彦山の北岳まで行けるかなとも話していたのですが、なんのなんの、鷹ノ巣山だけで、十二分に楽しめました。山あり谷あり岩場あり。決してあなどれない冒険心をそそられる魅力あふれる山でした。
登る前は少々不安もありましたが、あきひろさんやマリさんのサポートのおかげで安全に楽しく登ることができました。ありがとうございました。
参加された皆さん。お疲れ様でした。
合言葉は“次は英彦山へ!“ またがんばりましょう!
[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-29 10:42 | ハイキング | Comments(0)
<< 11月1日 多良岳散策 20141018岩登り >>