<< 2015.02.01 権現岩トレ 1月18日(日) 英彦山 >>

1月25日(日)多良縦走訓練①

【日  程】2015.01.25(日)
【登った山】多良山系
【コ ー ス】黒木→(つげ尾)経ケ岳→金泉寺→五家原岳→黒木
【天  気】晴れ
【メンバー】Jimny(L)、mimimama、momi、mana、Guobin、マリ 計6名
【レポート】マリ

3月に計画予定の多良縦走に向けて第1回訓練に参加しました。
今年で3回目となる多良縦走。
昨年は郡岳から経ヶ岳、鳥甲岳を見事に1dayで達成した“最強健脚3兄弟”が最高記録を残してくれましたが、今年は初めて参加するメンバーもいるので、無理なく金泉寺1泊で実施予定です。
本番まで全ルートを3回に分けて歩くことになり、今日はその第1回となりました。
集合場所の黒木に集まったのは6名。
本番は山小屋泊装備を背負っての行程になるため、3回のトレーニングには歩荷、ルート確認、歩くペースなど、それぞれ自分に合わせた課題を持って取り組むこととなりました。
今日はシュラフなど装備をパッキングして参加する人、本日のコースを歩くことが目的の人、ルートやタイムを意識している人と目的をそれぞれ持って出発です!(8:25)
ザックの重みを感じながら、今日の行程はなかなかハードになりそうだと予測しながら、つげ尾コースへと進んだ。
d0326888_2237576.jpg

今日は、歩くペースも、休憩もそれぞれ自分のペースに合わせて行います。
しかし、安全確認の為に経ヶ岳、金泉寺、五家原岳のポイントでは、みんなが揃うまで待つことをルールとしています。
私は歩き始めて10分程度で早くも汗が出てきたので衣服調整タイムとした。
今日の私のザックは40Lに11㎏パッキングです。
d0326888_2319033.jpg

久しぶりの歩荷に自信がなく、ちょっと少なめとした。
衣服調整している間に、いつの間にか最後尾となって、みんなを追いかける。
だんだんつげ尾の勾配がきつくなってきた。
気温は低いが今日は風がない。だんだん汗が噴き出してきた。
それぞれ休むタイムミングも違うので追い抜いたり、越されたり。
順番を前後しながら進む。
d0326888_2319297.jpg

見上げるも、ガレ場続きである。
d0326888_23195060.jpg

今日は登山者もちらほらと、多良の常連さんpartyとも前後しながら、ヒィー、ヒィー言いながら、一段、一段と高度を稼いだ。
本番はここを通らないので安心だが、何度来ても、厳しいつげ尾コースです。
汗びっしょりになって、やっとの思いで登り上がった「つげ尾」分岐到着。(9:36)
上がった息を落ち着かせながら経ヶ岳へと進む。
経ヶ岳直下の岩場付近には少し雪が残っていた、滑らないように足に力が入る。
経ヶ岳に到着!(9:55)
d0326888_22443189.jpg

向かい側に今から向かう五家原岳が見えている。
経ヶ岳からは本番で歩くコースの山々が見えた。
次々にメンバーが到着し、常連さんメンバーも会話が弾み、賑やかな山頂でした。
さぁ、さぁ、今日は先が長いざんす! 行きましょう!
d0326888_2246285.jpg

下りがめちゃ早いmimimamaが先頭を行きます。
今日はザックも大きく、重いので岩場も注意して!
d0326888_2245095.jpg

中山越を通過し、適当にそれぞれ休憩しながら、前後、離れたりくっついたり。
無事に金泉寺へ到着!(11:34)
d0326888_22471340.jpg

ここで昼食休憩。
休めば体が冷えて寒い寒い、温かいものが美味しい。
ゆっくり休憩したいが冷えて寒い、準備して次の五家原へと進むことにした。
金泉寺出発!(12:00)
最初はフラットで気持ちがいい山道だが、しばらくして中岳への登りは急だ~。
また、ヒィー、ヒィーと言いながら登ること中岳へ到着!(12:41)
d0326888_22514076.jpg

いよいよ、五家原へ向かいます。
今日は想像以上に暑く、水分も取った。これが3月となればどれほどだろう??
昨年の3月の大縦走は郡岳から雪道だった、3月で雪も珍しかった。
金泉寺で水は補給出来るので安心だが、衣服調整もしなければと考えながら歩いた。
近くにテレビ局の電波塔が見えてきた。さぁー、五家原もすぐそこだ! 
途中で懐かしき空き缶を発見! ゴミとは言え 和みます。 
d0326888_22521087.jpg

五家原 到着!(13:10)
d0326888_22525151.jpg

多良山系が一望だ~、先ほどの経ヶ岳も見え、歩いてきたことを目で確かめる。
しばらく休憩した。 天気が良くて気持ちぃ~。
五家原を後に横峯越へと向かう。
もう、ここからは下りのみだぁ~

「じゃ~ぁ、当日は、その大きなザックに 共同装備のガスと鍋と、細引きと・・それと食材を詰めてもらって・・・頼りにしてまっせ!」
『えッ 何か?』
d0326888_22531755.jpg

「いや、何でもありません・・前に進んでください!」
下りも所々、滑りそうな危険な箇所があった。
d0326888_22551015.jpg

横峯分岐まで来た。(14:00)
この先は今後のトレーニングで歩くことを確認して黒木方面へ。
d0326888_22553862.jpg

林道へ出て、しばらく工事中の林道を迂回しながら歩く。
d0326888_22563775.jpg

何度か渡渉しながら、無事に黒木へ下山した。(15:15)
d0326888_2256323.jpg

蠟梅(ろうばい)の花が咲いており、辺りはいい香りでした。
d0326888_2257611.jpg

d0326888_22574055.jpg


今日は久しぶりの縦走トレーニングだったので、ザックも自分なりに調整し、控えめに11㎏に設定して参加した。マイペースで歩く事になっていたので、つげ尾コースでは歩けるスピードで歩いたが、今日は11㎏のザックだったので歩けたスピードだったが、本番は共同装備や食材も加わり13~14㎏になろうであろうザックでは無理である。
本番でバテないように、登山道の変化に合わせてスピードを出す所、息が上がらない程度に歩く所など、メリハリをつけて歩きたいと思っている。
休憩ポイントなども頭に入れておきたいので、今後のトレーニングでは、ルート確認と自分の保てるスピードを重視しながら歩きたいと思っています。
今日は、6時間50分の山行でしたが予定より早く、全体的にもペースも乱れずに歩くことが出来ました。それぞれが課題を持って参加し、何かに気づいてまた次の課題を見つることも出来て良かったです。
山の空気を存分に吸い、森の中を存分に楽しく歩くことが出来て、また一週間のエネルギーを蓄えました。
    ~ やっぱり 山っていいなぁ ~ て思う山行でした。  



バックパックの中身 見せちゃいます!
以前から 「重い 何が入ってるの??」って言われている私のザック。
『夢と希望です!』  なんちゃって( *´艸`)
自分では、みんなと変わらないようなんですが・・・
今回のトレーニングに詰め込んだ装備です。
今回は右のオレンジのザックで行きました。(35+10L、1450g)
本番は左のグレーで行く予定です。(60L、2500g)
d0326888_2331219.jpg


d0326888_22591999.jpg

①ダウン250g②レインウエア(上下)570g③フリース240g④アンダーウエア(ウール)200g⑤下着90g⑥スパッツ200g⑦替え靴下90g⑧防水グローブ⑨ザックレインカバー 130g⑩替えグローブ(インナー2枚)190g⑪手ぬぐい2枚70g⑫帽子⑬ネックウォーマー⑭ガス(プリムス153ウルトラバーナー)セット⑮水筒(魔法瓶350ml、水600ml、ナルゲン0.5L、サーモス900ml)⑯シュラフ(寝袋)750g⑰マット(120㎝)540g⑱⑲レジャーシート⑳行動食、シェラカップ類㉑ストック㉒軽アイゼン600g㉓シュリンゲ2本㉔カラビナ2本㉓+㉔300g㉕コンパス、ホイッスル㉖地図㉗シャーペン㉘ファーストエイドキットセット(テーピングなど)360g㉙ヘッドライト、予備電池3本130g㉚膝サポート㉛鈴㉜携帯トイレ㉝エマージョンシート㉞デジカメ㉟充電器230g㊱トイレットペーパー、ゴミ袋㊲化粧水、乳液、日焼け止め

【衣類関係】
d0326888_235439.jpg


【装備関係】
d0326888_2372126.jpg


【バーナー関係】
d0326888_238106.jpg

①シェラカップ40g②コッフェル食器(大小セット)170g③ガースバーナーシート④プリムスガス250未開封で380g(お湯を沸かす目安:110缶約12L、250缶約26L)
⑤コッフェル(大小セット)360g⑥ライター⑦ガスヘッド(プリムス153ウルトラバーナー)150g⑧カトラリー

【行動食関係】
d0326888_23552164.jpg

全部は多いので食べる量を小分けして持って行きます。
d0326888_23595297.jpg

今回のトレーニングでは、前夜にガス装備、食料、行動食、飲料水を抜いて約8㎏でした、当日の朝に飲料水、食料、行動食や小物(財布、携帯など)を入れて11㎏でした。
日頃の日帰り山行ではあまり気にしていないザックの重量ですが、縦走や長丁場の山行では、後悔する苦い思い出もある。
ついつい「もう一つぐらいあったほうが」の発想から積み重なる荷物。
あって便利なのは当然ながら、持って行けば安心、でも無くては不安で気になって仕方なく、そこの葛藤が行く前のパッキングです。
そこの判断が山行を決定づけることに繋がってくるんでしょうが、慣れないうちはついつい多めに持って行ってしまいます。
そして使わないことが続くと要らないものだと思い、だんだん省略するようになり、慣れの軽思考でいざと言う時に「いつもなら持っていたのに・・・」のパターンですかね(笑)
今回、いい機会と思って自分の装備を一つ一つ計量してみました。
軽量化を重視し過ぎるのも良くないと思いますが行く場所、目的、自分の体力に合わせて、最低限の無理なく無駄なく、適合したパッキングが出来るようになりたいと思います。
[PR]
by yamabito80110 | 2015-01-25 22:51 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
<< 2015.02.01 権現岩トレ 1月18日(日) 英彦山 >>