<< 2017.02.19(日)多良... 2017.01.29 多良・金泉寺へ >>

2017.02.12(日) 多良・経ケ岳

【日 程】2017.02.12(日)
【山 域】多良山系
【コース】黒木→中山越→そうめんの滝→平谷越→経ケ岳→南稜→中山越→黒木
【天候】曇り後晴れ
【メンバー】はし、てん、mimimama、Jimny
【レポート】てん

初レポートのてんです。最後までよろしくお願いします。

私にとって、雪山は初めて。
しかも、経ヶ岳も初めて。
メンバーはJimny師匠、mimimamaさん、はしさんの3人のベテランさんとド素人のてん。
不安はあったのですが、雪山への挑戦は慣れた人と同行できるチャンスがないと、なかなか。
思いきって参加させていただきました。

目標は「みなさんに迷惑をかけない!」

途中の滑落しそうな危険なポイントでは、師匠やmamaさんがアドバイスくれたり、勾配や段差がキツイところは、mamaさんとはしさんがシュリンゲをさしのべてくれて引き上げてくれたり、みなさんに助けられての登山でした。

mamaさんが、あの細い体で私をロープで引き上げてくれるんですよ!クライミングで鍛えた腕力と股関節!
もう、尊敬と感謝といろんな感情でいっぱいです。
まさに「愛」を感じる登山でした。

そして難関なのが下山!

滑落したら崖から沢に落ちそうなところの足の運び。
下山するに連れて、雪が少なくなり、岩や木の根っこが出てくるところで、どのタイミングでアイゼンを外すか、雪や地面の状況をみながら判断するなど、今日だけでも、ここでは書ききれないくらい勉強になりました。

雪山での服装、食事のタイミング、どんな食料をどれだけ持参するか、アイゼンのメンテナンス、雪山では手袋が濡れるので手が凍傷にならないよう替えの手袋を持参すること、下山して駐車場までのアスファルトが凍って転倒することもあるので気を抜かないこと、、、などなど。

最後に1回、私てんはコケました。
両ひざからコケて、先を歩くmamaさんへ土下座したようなポーズでした。敬意を払う土下座です。

安全な登山を楽しむために、万全な知識とグッズの準備もですが、普段から自分のペースで運動してインナーマッスルを鍛えたり、登山前は体調を整えておくことの大切さをひしひしと実感しました。

みなさんも、ここに入会したからこそ、教えてもらえる知識や判断力を培って、登山を楽しんでくださいね。

jlmny師匠やmamaさんも、経ヶ岳には何度も登ったけど、こんな深くて綺麗な雪景色は珍しいとのことです。下山する頃には、ずいぶん雪はなくなっていましたが、雪山と青い空のコントラスト、九州でこんな日はそんなに出会えません。
とても、素敵な1日でした。

今日のメンバーに感謝、無事に生きてケガなく下山できたことに感謝、アイゼンとストックに感謝感謝でした。

追伸
今日のてんの叱られポイント
①むやみに木をつかむと揺れて、後からくる師匠とはしさんの頭にまとまった雪が落ちてくる。
②ネックウォーマーがなく、どっかの旅館のタオルを首に巻いてたら、「それはやめなさい!」と指摘された。

長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
みなさんのこれからの登山が、安全で楽しく充実したものとなりますように。

写真はJimny師匠がblogにアップしてくれると思います。「そうめんの滝」のつららが今日は特別太くて、うどんかきしめん状態でした。

d0326888_22302731.jpg
d0326888_22303606.jpg
d0326888_22304587.jpg
d0326888_22305366.jpg
d0326888_22310276.jpg
d0326888_22311006.jpg
d0326888_22312134.jpg
d0326888_22312991.jpg
d0326888_22313734.jpg
d0326888_22314703.jpg
d0326888_22315521.jpg
d0326888_22320231.jpg
d0326888_22320996.jpg
d0326888_22321664.jpg
d0326888_22322466.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2017-02-12 22:37 | ハイキング | Comments(0)
<< 2017.02.19(日)多良... 2017.01.29 多良・金泉寺へ >>