<< 2017/12/30 雲仙岳 2017/12/9(土)八朗岳 >>

2017/12/17(日)霧氷の雲仙岳

[日 程] 2017.12.17(日)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 曇り時々晴れ
[コース]池之原園地→仁田峠→あざみ谷→紅葉茶屋→普賢岳→紅葉茶屋→国見別れ→妙見神社→仁田峠→池之原園地
[メンバー] しげ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

冷え込む予報だったので霧氷を期待して雲仙岳へ出かけました。メンバーは3名。
天気予報では雪マークも出ていたので、道路の積雪・凍結が心配でしたが道には雪が降った形跡はありませんでした。
仁田峠循環道路は路面凍結のため通行止めになっていたので、池之原園地からのスタートとなりましたが、11時頃には規制は解除されたようです。

↓紅葉茶屋で一服
d0326888_09584797.jpg
↓霧氷
d0326888_09585776.jpg
↓普賢岳
d0326888_09591337.jpg
↓霧氷沢へ
d0326888_09590672.jpg
↓霧氷沢にて
d0326888_09592142.jpg
↓国見別れから妙見神社へ
d0326888_09592837.jpg
↓妙見神社
d0326888_09593539.jpg
↓下山後はいつもの「白玉大納言!」
d0326888_09594389.jpg
※プチ遭難騒ぎ
普賢岳から紅葉茶屋に戻った時に、人を待っている様子の女性と話をしました。「国見岳に一人で登ると言う外国人男性と国見別れで別れて紅葉茶屋で待っているのだが遅いので心配している」と言うことだったので、「国見岳まで登って様子を見てみます」と伝えて私たちは先へと進みました。国見別れから国見岳方面へ進んでいる時、前方にいた登山者と話をすることができました。その人から「外国人男性なら新道に入っていったよ」と言う情報を得ました。新道入り口と紅葉茶屋はほんの少し離れているので待っている女性が目を離したタイミングで新道の方に入っていったのでしょう。新道から普賢岳に登って紅葉茶屋に戻るには時間がかかるので女性はその間心配だろうと思い、私はそのことを伝えるために彼女の元へ戻ることにしました。この日同行した私たちのメンバーのうちひとりは雲仙は初めてだったので、予定通り妙見神社経由で仁田峠に降りてもらいそこで合流する事にして、私だけ連絡に紅葉茶屋に向かいました。内容を伝えると女性はホッとした様子でした。お礼の言葉をいただいて私は仁田峠へと下山しました。

・パーティーはできるだけ別れないこと
・どうしても別れる場合は合流ポイントと大体の時間を確認しておくこと
・初めての山の場合は多くのピークを踏みたくなるものだが単独行動にはならないようにすること

※連絡を取るために彼女とラインの交換でもしておけば良かったかとも思いましたが、初対面の女性になかなかそれは難しいですね。

[PR]
by yamabito80110 | 2017-12-18 10:30 | ハイキング | Comments(3)
Commented by emiko0708 at 2017-12-19 22:48
JImny会長 mimimamaさんこんばんわ
17日はこんなに冬山になったのですね。
綺麗ですね。
Commented by yamabito80110 at 2017-12-21 14:54
エミリーちゃんへ。
コメントありがとう。今度スタッドレス買ったのでどこでも行けるでぇ~~!
リクエスト待ってま~~す!
Commented by emiko0708 at 2017-12-31 08:01
JImny会長へ
本当ですか?
リクエストはおこがましいので
誘える時は誘ってください。

アイスは何処で食べてるですか?
気になるなあ
<< 2017/12/30 雲仙岳 2017/12/9(土)八朗岳 >>