カテゴリ:テント泊、小屋泊( 1 )

9/14,15 九重山行

【日  程】2014.9.14~15
【登った山】九重 立中山・久住山 
【天 気】9/14晴れ 9/15曇り
【メンバー】Jimny(L)、mana、miko、renko、あーちゃん、セイコー、ひぼ、マリ
【レポート】マリ

9月の3連休、我が山人では、男性3人が北アルプス槍穂縦走へ12日から出発した。
一方、これに負けずと女性を中心とするメンバーで九重へと向かった。
女性6名に 男性、(おっさん?)2名 の計8名です。
坊がヅルテント泊をしたい気持ちは山々でしたが か弱い女性ばかり(^。^)y-.
なので、今日は法華院温泉のバンガロを予約しました。
長崎を7時前に出発し、高速で九重ICまで走り、仙酔峡を通り、長者原を通過した。だんだん登山者の姿も多くなり、牧ノ戸へ向かう車道には長蛇の列の路駐にびっくりした。
私達は沢水登山口から登る予定で竹田方面へと向かった。1台を下山口の南口へデポして、「レジネイトクラブくじゅう」付近から出発です。
みんなで共同装備や食材を分担して、さぁー 出~発!
今日は青空、もう秋風なのか? 風が気持ちい~い
d0326888_12581022.jpg

舗装道をしばらく歩くと、登山口を発見。沢を渡り、一気に登山道へと変わった。
d0326888_1363950.jpg

桜の木がたくさん植えられた森へと変わっていく。
足元の階段は、伐採された桜の丸太で作られていた。
しばらくすると、杉林へと変わり、「法華院」「鉾立峠」への案内がしっかりとあった。
d0326888_13315722.jpg

今回は初めて大きなザックを背負っての山行の人が多い。10~12㎏程の荷物を背負って歩く。
d0326888_1348189.jpg

なだらかな登山道もだんだん勾配がでてきた。今日は、トップをみんなで交代しながら歩く
d0326888_13561193.jpg

鍋割峠へと向かう鍋割坂は名の通り、息が上がった。
d0326888_1359672.jpg

頑張って歩くこと、鍋割峠へ到着し、ここで小休憩とした。コケ岩が涼しく感じさせてくれる。
d0326888_1405046.jpg

佐渡窪へとでた、ここは湿原地で木道を歩く。雨の日は歩けないのか?迂回路もあった。
d0326888_147820.jpg

d0326888_1494668.jpg

辺りはすすきが伸び、紫のアザミが元気よく咲いていた。
生い茂った草をかき分けて進んで行くが、アザミのトゲがチクチクと痛い
d0326888_1414407.jpg

d0326888_14174926.jpg

白口岳を横目に進むこと、登山道の足元が石へと変わった。
d0326888_14194388.jpg

だんだんスピードが落ちてきた。シャリバテかな?? 
昼食休憩までもうちょっとです、ガンバ!
d0326888_14204726.jpg

頑張って歩き 鉾立峠へ到着!
d0326888_14242928.jpg

その頃、北アルプスメンバーから北穂到着の連絡が入った。
LINEで互いの画像を送り、仲間の無事を確認しみんなで喜んだ♪
d0326888_14281422.jpg

ここで昼食休憩とした。それぞれに好きな物を美味しそうに頬張って。
そうです、山では頑張った自分へのご褒美のようなもの!
d0326888_14391039.jpg

お腹を満たし さぁー、立中山へ ピストンです。
ピストンならば!と 下の写真 よーく 見てください。
誰かさん ザックを草むらに 隠してます(笑)
d0326888_14383770.jpg

d0326888_1444765.jpg

大船山を大きく見ながら 立中山へと進む。
d0326888_14445268.jpg

20分程度で立中山へ到着!大船山をバックに一枚!
d0326888_14455447.jpg

くじゅう連山の山々を眺め、先程の鉾立峠へ下山です。
d0326888_14473676.jpg

もう ここまでくると 頭には 「ビール」 の2文字しか ありません。。(ーー゛)
急げ! 急げ! 法華院へ GO!
d0326888_1451238.jpg

法華院までは下りです。
初めて法華院、坊がヅルへ行くメンバーもテーション上がります!
d0326888_1454273.jpg

d0326888_14544685.jpg

今日は、女性メンバー揃い、山人グルメシェフがご馳走を作って下さるようで夕食がとても楽しみ。
ザックはそのために膨らんでいるのです!
歩くこと、見えてきました 法華院のテント場!
d0326888_1458897.jpg

ついに見えました 坊がヅルと平治岳! 着いた~~ぁ!
やっぱ いいね~ この景色  最高! くじゅ~う♪
d0326888_15058.jpg

d0326888_155188.jpg

じゃー、みなさん、受付してきますので、待っててくださいね~!
d0326888_1561815.jpg

バンガロを予約してたけど、ログハウスを覗いてみると・・
良さそうなお部屋じゃないですか~ >゜))彡
どうせなら!と、ちょっと奮発してログへ変更しました。
受付してベンチへ戻ると・・・・
この お二人  早っ!!
d0326888_1594583.jpg

法華院温泉のすぐ横で便利な場所でした。2階建のかわいいログハウス。
d0326888_1519468.jpg

d0326888_15183553.jpg

荷物を下し、食事担当の皆さんは下準備です。
今回、私はらくさせて頂き、サポート側でした。
メニュー献立、買出し、作ることまで全て8・9期のメンバーのみなさんにお任せしました。
食材がとてもおしゃれで今までの献立ではなかったメニューのようでとても楽しみ☆彡
野菜などをみんなで切って準備です、「海鮮トマト鍋」だとか・・・。
d0326888_15201152.jpg

みなさんが準備して下さってる間に、私とひぼちゃんは失礼して先に温泉に行かせてもらうことに・・・・そんなログハウスでは トマトがない! トマトはどこ??。。誰が担いだ??と大騒ぎ!
「確か・・今日はトマト鍋だよね ?? 大丈夫かな??(笑)」と 温泉へ向かった。。
温泉も気持ちよく、最高です!
さぁー、北穂のテラスに負けずと 法華のテラスで乾杯!
d0326888_17423215.jpg

遠くの坊がヅルにもカラフルなテントがたくさん見えます。
手前の法華院温泉のテント場にもテントが並び、それぞれに楽しまれてました。
そして、偶然にも、パラさんに会いました。お嫁さん連れて、初めて坊がヅルでテント泊に来られたそうです。パラさんとは、山で何度か偶然に会うけれど、まさか くじゅうでも会うなんて、嬉しいですね!
d0326888_932812.jpg

みんなも順番に温泉に入り、料理を作ります。美味しそうな香りが辺りに広がりま~す。
クラッカーピザ!おつまみが良く 酒がいけますね!
d0326888_15312815.jpg

manaシェフもビールで一杯!今回の献立、食材選び、調理まで考えてくださいました。
d0326888_15341593.jpg

海鮮トマト鍋 海鮮、セロリ、キャベツなど野菜たっぷりのイタリア風です。
セロリとバジル風味が効いてとても美味しかったです!
d0326888_1533479.jpg

食べる方も気合入れてエプロンして待ってます(笑)
d0326888_155037.jpg

d0326888_15445693.jpg

トマト鍋の最後にパスタも入りました。
余った食材を活かし、更にボンゴレパスタも出来上がりました!
食べることに夢中でカメラ撮り忘れました(>_<) ゴメンナサイ!!
美味しかったです!!(#^.^#)
食べ終わった頃に時計を見るとまだ18時。。夜は 長いね~
デザートにパンケーキも!! 贅沢な山ご飯でした☆彡
d0326888_15491883.jpg

日も沈み、暗くなってきた頃に、ログハウスにお客さまが見えました。
Jimnyさんの昔からの山仲間だそうで、3名の方がお見えになりました。
偶然も偶然だそうで、それぞれが九重に来られて法華院の入口でバッタリ会ったそうです。
不思議な感じですが 世間で狭いなぁ~と感じます。
それぞれに自己紹介をしました。
d0326888_1643757.jpg

d0326888_1681572.jpg

山人(娘?)きれいどころ揃っての楽しい宴も21時まで続きました~。
期待していた星空は見えなったけれど、法華院の夜はテントの灯りが遅くまで灯されていた。
私達のログハウスも22時過ぎに消灯へ。
部屋の明かりを消したその時 また 大騒動! 部屋に入ってた虫が暴れだしたのだ!!
おやすみなさ~いzzzz

2日目
朝、5時に目が覚めた。外を見ると ガスって雲り模様です。
朝の法華院を散策しました。6時頃にみんな 起きて朝食の準備に取り掛かりました。
昨夜のスープにご飯とチーズ、ウィンナーを入れてトマトリゾット。
チーズ濃厚で美味しかったです!
d0326888_1619717.jpg

d0326888_1619489.jpg

朝食を済ませて 準備をして 7時50分 出発!
法華院山荘の裏へと進み、堤防横の急坂を登ります。
d0326888_16224370.jpg

ガスって景色は良くなかったけど、坊がヅルと法華院が眼下に見えた、
さようなら また、来るね~
d0326888_16233080.jpg

だんだん、登りが急になってきた。
ここで 祖母傾へエントリーしているメンバーは練習の為にスピードを上げて先を行くことに。
重いザックが堪えます、汗を吹きだしながら 歩くこと 北千里ヶ浜へ到着
d0326888_16302898.jpg

みんな揃って 久住山へ向かう
d0326888_16315482.jpg

だんだんと登りになってくる。曇でガスって この先 視界も悪くなりそうだ
d0326888_16364592.jpg
d0326888_16375744.jpg

展望はなかったけれど 山頂で一枚!
d0326888_16465349.jpg

今日はもう下山するだけ。視界も悪く 雨も降りそうなので、早めに昼食にすることに。
d0326888_16482634.jpg

ベトナム料理の「フォー」をご馳走になった。冷えた体が温まる。
d0326888_16493290.jpg

高菜チャーハン(日本風)、カレーピラフ(インド風)も。美味しかった!
d0326888_16505992.jpg

満腹になった、ここからは稲星別れへ向かい南口へ下山する。
とその時、一瞬だけ 雲が切れ、天狗や中岳が見えた!
また 今度 おいでね!と言われているようにも見えた。
d0326888_16542434.jpg

急な坂を足元に注意しながら下山です。
d0326888_16553670.jpg

竹田市を眼下にみながら進みますが 今日は ちょっと見にくい。
本当なら、熊本県 阿蘇方面 阿蘇山、根子岳を正面に見ながら下れるとのこと。
本ルートは久住へ登る最も古いコースとのことで、昔はメインルートだったようですが現在はあまり利用する人もいないようで、トップで行った私は、生い茂った草とクモの巣との戦いでした(>_<)
途中から九重らしい黒土に変わりました。
d0326888_1723273.jpg

滑り易い粘土質の足元に何度も滑りそうになり 尻餅だけは避けたい黒土だった。
ずいぶん下ること、視界もだんだん良くなり竹田市が見えた。
d0326888_175238.jpg

2時間以上、ひたすら下り続けた。九十九折に下る下山道、次から次へと森の景色が変わる。
d0326888_1765437.jpg

緑がきれいな森の中で森林浴を楽しんだ。
d0326888_1774243.jpg

無事に南登山口へ下山しました!
d0326888_17101229.jpg

そばの草原では乗馬を楽しんでいた。カッコいい! 九重らしい風景でした!
d0326888_17114527.jpg

下山後はレジネイトクラブくじゅうの温泉で疲れを癒しました~♪

で、やっぱ、くじゅうと言えば これでしょ!! と、ガンジーファームに立ち寄って!
d0326888_17125282.jpg


今回の山行は 山でのグルメ旅でした!
今回は献立から買出し、調理までみなさんにお任せして、この私はお任せ気分で楽しませてもらいました。いろんな国のバリエーションに富んだ献立で、全てがとても美味しかったです!食材も残すことなく、一日目と二日目を上手に有効に考えられており、安く、軽く、美味しく、無駄なく工夫されていたと感心いたしました。
また、山行では、みんなが順番でトップを経験しpartyとしてのペース配分などを考えながら歩くこともいい機会であったと思いました。
これからの山行への課題などもそれぞれに気付いた点も多かったと思います。
それぞれが役割を分担し、みんなで一つの山行を無事に終えたのは楽しく嬉しいものです。
これからも、みんなで楽しい山行が計画できたらと思います。
食料担当を中心に頑張ってくださったmanaさんをはじめ、ほかの皆さんにも心より感謝します。
美味しかったです!またお願いします!
セイコーシェルパ 次は軽量化でお願いします!

そして今回は素敵な出会いもありましたね、Jimnyさんのずっと昔からの山のご友人にも偶然に会いました、それも一人ではなく、当時のメンバー3人がたまたま同じ場所で会うというのは、共通の趣味を通じての素晴らしい出会いだなと感心させられました。これも何かのご縁だと思います。今後に続きますことを願いながらも、また、私もどこかでご一緒できたらと思います、楽しい時間でした、ありがとうございました。

2日間、楽しかったです、ありがとうございました。
お疲れさまでした♪

で、トマトは??
[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-17 07:16 | テント泊、小屋泊 | Comments(3)