カテゴリ:ハイキング( 137 )

2018.1.14 雪の普賢岳

[日 程] 2018.1.14(日)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 晴れ
[コース] 池之原園地→仁田峠→新道→霧氷沢→普賢岳→紅葉茶屋→仁田峠
[メンバー] あきひろ
[レポート] あきひろ

諫早市内に雪が積もったので雪を求めて、普賢岳に行ってきました
先週に引き続き二週連続となりました
仁田峠循環道路は通行止めだったので池之原園地からのスタートです
道路には殆ど雪はありませんでしたが駐車場内は雪だらけ
雪を求めて来た人達の車が多く止まってました。久しぶりの雪でテンションアップ101.png
d0326888_22591565.jpg
















この出だしの坂は、きついですがボチボチ登ります
登っていると前方に手袋を落として引き返してくる女性がいて見た事があるなと
良く見ると夏に星生山に行ったときにお話した方でした(偶然にビックリ!!)
d0326888_22591590.jpg





















仁田峠に到着。良い感じの雪景色です
d0326888_22591619.jpg
















仁田峠からの平成新山
d0326888_22592783.jpg





















途中のベンチは、雪でかまぼこのようになってました
下山してきた方から"山人”の方ですか?よくホームページ見てますよって
声を掛けて頂きました。諫早の方らしく嬉しいですね110.png

新道の樹氷がすばらしいですと情報を頂きました。ありがとうございます
d0326888_22592881.jpg





















あざみ谷、紅葉茶屋を越えて新道に進むと霧氷のトンネルが綺麗
d0326888_22594698.jpg



















d0326888_22594559.jpg







d0326888_22594762.jpg






































霧氷沢は、寒そうに凍てついてました
d0326888_22592669.jpg
















山頂下の祠の横から霧氷と平成新山が良い感じに、見えました
d0326888_22594535.jpg
















山頂も風があまりなく絶景です。山頂で星生山の山友と二度目の再会109.png
d0326888_22595950.jpg


















d0326888_22595861.jpg

























今回、たくさんの雪だるまを見かけました。可愛いやつから、いかついやつ。
小さいのからででっかいの(笑)。どの雪だるまが可愛いですか?
d0326888_23000709.jpg
















d0326888_23000763.jpg


















d0326888_23000534.jpg






























久しぶりに雪の多い山に登れて、すごく綺麗で楽しかったです。
山で冷えた身体には、やっぱり雲仙の温泉に一直線。お湯も良くて最高でした!!
次回は九重の雪山に行きたいですね









[PR]
by yamabito80110 | 2018-01-14 22:33 | ハイキング | Comments(0)

2017/12/30 雲仙岳

[日 程] 2017.12.30(土)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 曇りのち晴れ
[コース]仁田峠→妙見神社→国見別れ→国見岳→国見別れ→新道→霧氷沢→普賢岳→紅葉茶屋→あざみ谷→仁田峠
[メンバー] るっちん、アコ、jimny
[レポート] jimny

今日も雲仙・・・
霧氷はイマイチでしたが、外人さんとの触れ合いとか、幻想的な平成新山とか、楽しい山歩きとなりました。

↓ ロープウェイ妙見駅
d0326888_17371431.jpg
↓ 妙見神社
d0326888_17372371.jpg
↓ 国見岳への鎖場
d0326888_17373012.jpg
↓ 平成新山を見る
d0326888_17374408.jpg
↓ 鎖場を下ります
d0326888_17375156.jpg
↓ 風穴へ行く途中にあったツララ
d0326888_17375927.jpg
↓ これから新道の登り
d0326888_17380600.jpg
↓ 平成新山の下をトラバース
d0326888_17381241.jpg
↓ 霧氷沢
d0326888_17381944.jpg
↓ 普賢岳山頂
d0326888_17382667.jpg
↓ 仁田峠に戻ってきました
d0326888_17383408.jpg
↓ 門松が飾られていました
d0326888_17384127.jpg
アコちゃんが仁田峠で引いた「恋おみくじ」は「大吉!!!」
「二人の仲はますます発展するでしょう・・・」とか書いてあったらしいけど、「今、私一人なんですけど・・?」と、納得いかない「アコちゃん」。jimnyとるっちんはフォローのしようがないので黙るしかなかったのでした。オワリ。

[PR]
by yamabito80110 | 2017-12-30 17:44 | ハイキング | Comments(0)

2017/12/17(日)霧氷の雲仙岳

[日 程] 2017.12.17(日)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 曇り時々晴れ
[コース]池之原園地→仁田峠→あざみ谷→紅葉茶屋→普賢岳→紅葉茶屋→国見別れ→妙見神社→仁田峠→池之原園地
[メンバー] しげ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

冷え込む予報だったので霧氷を期待して雲仙岳へ出かけました。メンバーは3名。
天気予報では雪マークも出ていたので、道路の積雪・凍結が心配でしたが道には雪が降った形跡はありませんでした。
仁田峠循環道路は路面凍結のため通行止めになっていたので、池之原園地からのスタートとなりましたが、11時頃には規制は解除されたようです。

↓紅葉茶屋で一服
d0326888_09584797.jpg
↓霧氷
d0326888_09585776.jpg
↓普賢岳
d0326888_09591337.jpg
↓霧氷沢へ
d0326888_09590672.jpg
↓霧氷沢にて
d0326888_09592142.jpg
↓国見別れから妙見神社へ
d0326888_09592837.jpg
↓妙見神社
d0326888_09593539.jpg
↓下山後はいつもの「白玉大納言!」
d0326888_09594389.jpg
※プチ遭難騒ぎ
普賢岳から紅葉茶屋に戻った時に、人を待っている様子の女性と話をしました。「国見岳に一人で登ると言う外国人男性と国見別れで別れて紅葉茶屋で待っているのだが遅いので心配している」と言うことだったので、「国見岳まで登って様子を見てみます」と伝えて私たちは先へと進みました。国見別れから国見岳方面へ進んでいる時、前方にいた登山者と話をすることができました。その人から「外国人男性なら新道に入っていったよ」と言う情報を得ました。新道入り口と紅葉茶屋はほんの少し離れているので待っている女性が目を離したタイミングで新道の方に入っていったのでしょう。新道から普賢岳に登って紅葉茶屋に戻るには時間がかかるので女性はその間心配だろうと思い、私はそのことを伝えるために彼女の元へ戻ることにしました。この日同行した私たちのメンバーのうちひとりは雲仙は初めてだったので、予定通り妙見神社経由で仁田峠に降りてもらいそこで合流する事にして、私だけ連絡に紅葉茶屋に向かいました。内容を伝えると女性はホッとした様子でした。お礼の言葉をいただいて私は仁田峠へと下山しました。

・パーティーはできるだけ別れないこと
・どうしても別れる場合は合流ポイントと大体の時間を確認しておくこと
・初めての山の場合は多くのピークを踏みたくなるものだが単独行動にはならないようにすること

※連絡を取るために彼女とラインの交換でもしておけば良かったかとも思いましたが、初対面の女性になかなかそれは難しいですね。

[PR]
by yamabito80110 | 2017-12-18 10:30 | ハイキング | Comments(3)

2017/12/9(土)八朗岳

[日 程] 2017.12.9(土)
[山 域] 八朗岳(長崎市内最高峰の山)
[天 候] 曇り
[メンバー] るっちん、あき、アコ、jimny
[レポート] アコ

今回は平山〜八郎岳〜熊ヶ峰〜大山まで、jimnyさんとるっちんさん、あきさんとアコで登山しました。
曇り空だったので雨を心配しましたが、雨は降らず風も吹いていなかったので登山しやすかったです。
歩いている途中、jimnyさんが野生の子鹿を見つけました。登山中は猪が穴を掘った後を多く見つけましたが、野生の動物を見たのは子鹿のみでした。

↓平山の登山口
d0326888_22224753.jpg
↓八朗岳山頂
d0326888_22244301.jpg
八郎岳の頂上から見る景色は長崎が一望出来、とても印象に残りました。もうこの時点でお腹が空いていましたが、御飯は熊ヶ峰で、とのjimnyさんからのお言葉でしたので行動食を少し口に入れ空腹を耐えつつ皆で登りました。登山中は今になると何を話したか思い出せませんが、皆と楽しい話しをしとても和んでいました。

↓熊ケ峰へ向かう
d0326888_22270480.jpg
↓熊ケ峰でお昼ご飯
d0326888_22281234.jpg
熊ヶ峰に着き、昼飯を食べました。あきさんとアコは初心者でレジャーシートをまだ用意出来ていなかったので、jimnyさんとるっちんさんにいれてもらいました。熊ヶ峰の頂上は木々に覆われていて、景色を楽しむ事は出来ませんでしたが四人で食事を共にするのはとても新鮮で良かったです。

↓大山へ向けて下山
d0326888_22290700.jpg
↓大山教会
d0326888_22301419.jpg
下山している途中、あきさんの足が筋肉痛におそわれました。アコはリュックが合わなかったのか、肩痛が出現しました。二ヶ月前に入会したるっちんさんは、余裕の表情でした。jimnyさんもモチロン余裕で写メを撮りまくっていました。
色々な思い出が出来ました。また皆で登りましょう!お疲れさまでした!

[PR]
by yamabito80110 | 2017-12-11 22:34 | ハイキング | Comments(0)

2017/11/25 岩屋山

【日 程】  2017.11.25(土)
【山 域】  長崎市民の山「岩屋山」
【コース】  式見ダム→西尾根→弁当岩→裏尾根→岩屋山→自然歩道→舞岳→式見ダム
【天 候】  晴れ
【メンバー】 るっちん(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

今日はお試し2ケ月目の「るっちん」と、今日はじめてお試しとして参加の「あきさん」の3人で登る予定でしたが、あきさんが体調不良(風邪)のため、るっちんとの二人登山となりました。るっちんは岩屋山には何度か登っているため、今回は式見ダムからの周回ルートをチョイス。

↓ ダムサイトは紅葉が見頃
d0326888_09525939.jpg
d0326888_09530743.jpg
↓ 弁当岩にて地図とコンパスの勉強中
d0326888_09531548.jpg
↓ 裏尾根はところどころ岩場が出てきます
d0326888_09532482.jpg
↓ 岩屋山山頂でお昼を済ませて舞岳方面へ
(途中にある休憩ポイント・一服茶屋?)
d0326888_09533267.jpg
↓ 舞岳
d0326888_09534038.jpg
↓ 手熊・小江方面は少し開けている
d0326888_09534709.jpg
↓ 式見ダムに戻ってきました
d0326888_09535555.jpg
d0326888_09540344.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2017-11-26 10:01 | ハイキング | Comments(0)

2017/11/11 福智山

【日 程】  2017.11.11(土)
【山 域】  北九州の山「福智山」
【コース】  上野峡→白糸の滝→福智山→荒宿荘→鷹取山→上野峡
【天 候】  晴れ
【メンバー】 かおる、まる、るっちん、mimimama、jimny
【レポート】 jimny


北九州の山「福智山」へ出かけました。
長崎から、jimny、mimimama、るっちん、佐世保から「まる」、佐賀から「かおる」の5名です。
山人としては福智山へ登るのは今回が初めてです。
九重方面へ行くよりはちょっと近いかな?と言った感じ。。。
すばらしい青空に恵まれて気持ちの良い山登りを楽しんできました。
d0326888_19163390.jpg
↓ 白糸の滝
d0326888_19165180.jpg
d0326888_19165801.jpg
d0326888_19170696.jpg
d0326888_19171800.jpg
d0326888_19172740.jpg
d0326888_19173635.jpg
↓ 福智山山頂
d0326888_19174274.jpg
↓ 荒宿荘(山小屋)
d0326888_19174914.jpg
d0326888_19175856.jpg
↓ 鷹取山
d0326888_19180551.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2017-11-12 19:20 | ハイキング | Comments(0)

2017/11/3 阿蘇 根子岳の紅葉

【日 程】  2017.11.03(土)
【山 域】  阿蘇・根子岳、烏帽子岳、杵島岳
【コース】  根子岳(大戸尾根ルート)、烏帽子岳(東周りルート)、杵島岳(草千里ルート)
【天 候】  晴れ
【メンバー】 あきひろ
【レポート】 あきひろ

ずっと行きたかったが、なかなか行く機会の無かった根子岳に連休を利用して行ってきました。
金曜日に長崎から移動してキャンプ場にてテント泊し土曜日の朝から登って来ました。
道路から見た根子岳。立派で素晴らしい

d0326888_22232833.jpg





















大戸尾根ルートから入山、入口にいっぱいの牛がお出迎え。八時の時点で駐車場は既に車で埋まってました。
d0326888_22233494.jpg





















牛と遊んでいたら、興奮したのか自分につっかかってくる牛さん。
d0326888_22233999.jpg





















登山口に避難小屋がありました
d0326888_22235692.jpg





















登っていると、天狗と紅葉の絶景!!
d0326888_22235899.jpg





















天狗の崩壊は残念な感じですが、紅葉はすばらしい。
白くなった岩肌も早く目立たなくなればいいなと思います
そして登れるようになったら天狗に是非行きたいです。
d0326888_22240130.jpg





















ビジターセンターに書いてた根子岳の伝説を載せときます
d0326888_22240318.jpg





















根子岳を下山してから阿蘇ロープウェイ駅に立ち寄ってから草千里に移動
草千里からよく見える烏帽子岳に登りました。
地震の影響で登山できるのは、東周りルートのみとなってます。
d0326888_22293240.jpg

















d0326888_22300629.jpg

















d0326888_22301049.jpg





























烏帽子岳の後は、杵島岳、阿蘇五岳の内の一つで今回3つの山を登りました
d0326888_22312696.jpg





















ひたすら続く階段地獄
d0326888_22312812.jpg





















杵島岳の山頂からは、阿蘇の火口が良く見ててました
d0326888_22312410.jpg






















久しぶりに阿蘇に行きました。
震災から1年も半も経過しているのにまだ震災の爪痕が、いっぱい残っており
大変だったんだろうなと痛感しました。
阿蘇ロープウェイは、2018年の春開通予定との事なので、みんなで阿蘇に足を
運んで復興に少しでも貢献できれば良いなと思いました。

久しぶりに雄大な阿蘇に触れ気持ちよかったです。また行きます。











[PR]
by yamabito80110 | 2017-11-07 23:17 | ハイキング | Comments(1)

10/23(月)台風一過の普賢岳

【日 程】  2017.10.24(月)
【山 域】  雲仙・普賢岳
【コース】  仁田峠→アザミ谷→もみじ茶屋→普賢岳(往復)
【天 候】  曇り(強風)
【メンバー】 まる、るっちん(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

大型台風が予想よりも早く通り過ぎそうだったので、予定通り雲仙へ出かけることにしました。
下界は青空でしたが、そこはやはり「お山雲仙」です。仁田峠から上はすっぽりガスの中でした。
おまけに風が強く、予定していた周回は諦めて普賢岳までの往復となりました。
その分、おまけのつもりだった「温泉」と「スイーツ」に時間をタップリ取って雲仙の一日を楽しんできましたよ。

↓ 仁田峠の駐車場はガラガラ
d0326888_09371531.jpg
↓アザミ谷へ向かいます
d0326888_09372571.jpg
↓ チラホラ紅葉も・・・でも、まだまだです
d0326888_09373417.jpg
↓ 普賢岳の下の広場に荷物を置いてカラミで山頂へ
d0326888_09380675.jpg
↓強風の普賢岳山頂
d0326888_09381592.jpg
↓ガスで平成新山はまったく見えず
d0326888_09382275.jpg
↓ そうそうに下山しました
d0326888_09382946.jpg
↓ 下山後は、温泉とスイーツで雲仙を楽しみました
「バナナパフェ」と「カフェモカ」と「白玉大納言」(やっぱ、これっしょ!)
d0326888_09383642.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2017-10-24 09:47 | ハイキング | Comments(0)

9/23(土)お試し会員さんと岩屋山へ

【日 程】  2017.9.23(土)
【山 域】  岩屋山・長崎市内の山
【コース】  岩屋神社登山口→左巻き道→林道→防火帯→自然歩道→山頂→展望岩→神社登山口
【天 候】  晴れ
【メンバー】 るっちん(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

お試し会員さんと岩屋山に登りました。
昨日の夜、一般の人から参加希望のメールが届いていたので、「明日ですが行きますか?」とお誘いしてみたところ「行きます」との返事。
登山口近くのコンビニで待ち合わせて、神社駐車場へ移動。

初対面なのでいろいろお話をしながらノンビリ歩いていきました。
最初のベンチで一休み。
るっちんさんは、足取りはしっかりしていて結構体力ありそうです。
石段の道を右に見て林道へと歩きます。
林道終点からは急登を登り一気に高度を稼ぎます。
そんなに息が上がるようでもなく、しっかり付いてきました。

山頂では岩屋山の常連さんたちともオシャベリをしたりして楽しい時間を過ごすことができました。
下山は、五島灘方面が見える展望岩に立ち寄り登山口へと戻りました。
d0326888_17465087.jpg
d0326888_17464042.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2017-09-23 17:48 | ハイキング | Comments(0)

9/10(日)九重・三俣山へ

【日 程】  2017.9.10(日)
【山 域】  九重・三俣山から坊がつるへ
【コース】  大曲→すがもり越→三俣山→南峰→坊がつる→雨ケ池→長者原
【天 候】  晴れ
【メンバー】 しげ、ハシ、まる、mimimama、jimny
【レポート】 jimny


秋の風を楽しみに九重へ出かけました。
長崎から、jimny、mimimama、しげの3人。
川登SAで佐世保のハシ君と合流。
実家に帰省中のまるちゃんは熊本から長者原へ駆けつけました。
車を長者原へデポして大曲へ移動。
大曲はすでにたくさんの車でいっぱいでした。おそらく昨日からの山中泊の登山者の車と思われます。
準備を済ませて出発です。
今日はそこそこ長丁場なので、オーバーペースにならないよう注意してスタートです。
d0326888_10325287.jpg
↓ すがもり越から三俣山へ
d0326888_10330376.jpg
↓ 上からすがもり越を見下ろす
d0326888_10332029.jpg
d0326888_10350986.jpg
↓ 三俣山本峰に到着
d0326888_10334103.jpg
↓ 足元には秋の花が咲いています
d0326888_10355247.jpg
↓ 南峰から坊がつるへ向けて下ります
d0326888_10362076.jpg
d0326888_10363276.jpg
↓ 坊がつるへ立ち寄りました
d0326888_10372381.jpg
↓ 下って来たルートがかすかに見えます
d0326888_10373196.jpg
↓ 雨ケ池にはマツムシソウが・・・
d0326888_10374675.jpg
d0326888_10375320.jpg
d0326888_10380881.jpg
d0326888_10382000.jpg

↓ 長者原へ戻って来ました
d0326888_10382945.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2017-09-11 10:42 | ハイキング | Comments(0)