カテゴリ:ハイキング( 128 )

9/10(日)九重・三俣山へ

【日 程】  2017.9.10(日)
【山 域】  九重・三俣山から坊がつるへ
【コース】  大曲→すがもり越→三俣山→南峰→坊がつる→雨ケ池→長者原
【天 候】  晴れ
【メンバー】 しげ、ハシ、まる、mimimama、jimny
【レポート】 jimny


秋の風を楽しみに九重へ出かけました。
長崎から、jimny、mimimama、しげの3人。
川登SAで佐世保のハシ君と合流。
実家に帰省中のまるちゃんは熊本から長者原へ駆けつけました。
車を長者原へデポして大曲へ移動。
大曲はすでにたくさんの車でいっぱいでした。おそらく昨日からの山中泊の登山者の車と思われます。
準備を済ませて出発です。
今日はそこそこ長丁場なので、オーバーペースにならないよう注意してスタートです。
d0326888_10325287.jpg
↓ すがもり越から三俣山へ
d0326888_10330376.jpg
↓ 上からすがもり越を見下ろす
d0326888_10332029.jpg
d0326888_10350986.jpg
↓ 三俣山本峰に到着
d0326888_10334103.jpg
↓ 足元には秋の花が咲いています
d0326888_10355247.jpg
↓ 南峰から坊がつるへ向けて下ります
d0326888_10362076.jpg
d0326888_10363276.jpg
↓ 坊がつるへ立ち寄りました
d0326888_10372381.jpg
↓ 下って来たルートがかすかに見えます
d0326888_10373196.jpg
↓ 雨ケ池にはマツムシソウが・・・
d0326888_10374675.jpg
d0326888_10375320.jpg
d0326888_10380881.jpg
d0326888_10382000.jpg

↓ 長者原へ戻って来ました
d0326888_10382945.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2017-09-11 10:42 | ハイキング | Comments(0)

9/3(日)マツムシソウの天山へ

【日 程】  2017.9.3(日)
【山 域】  佐賀県の山「天山 1046m」
【コース】  上宮駐車場→あめやま分岐→あめやま→分岐→天山→稜線散歩(往復)
【天 候】  晴れ
【メンバー】 まる、mimimama、jimny、ハシモトさん(一般)
【レポート】 jimny

初秋の花の便りがネットで届くようになり、いそいそと天山へ出かけてきました。
今日はmimimamaのお友達のハシモトさんが一般で参加されるということで、長与駅にお迎えに行きました。
とても聡明で明るい女性で、車中の会話も弾みました。

川登SAで佐世保からの「まるちゃん」と合流。
多久ICで高速を降りて天山の上宮登山口へと車を走らせました。

この日は佐賀のアウトドアクラブの方たちによる登山道の整備のボランティア活動があっていて、たくさんの方たちが集まっていました。
私たちも整備のための石ころが入った袋をひとりでひと袋づつ上の方まで運ぶ手伝いをさせていただきました。
この活動は毎年されている様子で、一登山者として感謝申し上げます。ありがとうございます。

登山道の途中から振り返ると、雲仙、多良岳、遠く昨日登った岩屋山も望むことができました。
「あめやま」との分岐に出たので、今日は「あめやま」に立ち寄ることにしました。
植物にお詳しいご夫婦に出会って、花の名前を教えていただきました。

「あめやま」から分岐に戻り、天山へと向かいます。
山頂はたくさんの登山者で賑わっていました。
彦岳方面への稜線を少し歩いて、広くなったところでお昼にしました。

さすがにこの時期の天山は登山者で人気ですね。
いいお天気で気持ちの良いハイキングを楽しむ事ができました。

d0326888_21285748.jpg
d0326888_21290861.jpg
d0326888_21293945.jpg
d0326888_21291769.jpg
d0326888_21295967.jpg
d0326888_21300806.jpg
d0326888_21301952.jpg
d0326888_21302887.jpg
d0326888_21560598.jpg
d0326888_21310035.jpg
d0326888_21311291.jpg
d0326888_21304138.jpg
d0326888_21305014.jpg

d0326888_21312105.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2017-09-03 21:34 | ハイキング | Comments(0)

8/11 山の日 九重

【日 程】  2017/8/11,12(金)山の日
【山 域】  九重
【コース】  牧ノ戸→星生山→慰霊碑→中岳→稲星山→白口岳→坊がツル(テント泊)
       坊がツル→雨ケ池→長者原 
【天 候】  晴れ
【メンバー】 あきひろ

お盆の帰省前に、山の日でもあるので九重に一泊して来ました。
坊がツルでのテント泊は決めたもの、どこに行こうか悩んでテント装備があるので重いから
長者原から入ってテントデポでしてどこかの山頂を目指すか・・・
結果、星生山から星生崎に行きたいので装備担いで牧ノ戸から入ることにしました。
さすが、山の日だけあって牧ノ戸の駐車場は、満車状態。運よく丁度空いた駐車場に止めることが出来ました。
d0326888_00075868.jpg























登山口では、トレランの格好をしたお兄さんが軽快に走って登っていきました。
ザックが重く登り始め、少し後悔しましたがそのうち慣れて星生山分岐に到着。
みんな久住山方面に登っていきます。
星生山分岐で休憩していると、長崎からですかと声を掛けられお話しすると佐世保からとの事
同じ長崎県なので話が弾んで、綺麗な女性3人と一緒に星生山に向かうことになりました。
d0326888_00084113.jpg























星生山から星生崎への稜線が、キザキザしてて好きな場所のひとつです
d0326888_00085784.jpg























星生山山頂で大川山人会の方にお会いしました
d0326888_00090304.jpg























星生山から星生崎方面の稜線

d0326888_00090918.jpg























星生崎から避難小屋。多くの登山客で賑わっていました
d0326888_00091381.jpg

















d0326888_00091844.jpg




























御池。今回は、先日ネットで見た慰霊碑に行ってみようと御池から天狗に行かずに
池の小屋方面に向かいます。

d0326888_00092369.jpg























池の小屋から400mくらい登ったところに慰霊碑がありました。
いままで知りませんでしたが一枚岩の立派なものです。
d0326888_00092958.jpg























池の小屋の壁に慰霊碑の説明文が、新しく設置されてました。
読んでみると、なんと今日は命日・・・昭和5年の8月11日に九重連山初の遭難事故で
亡くなったと書いていました。

d0326888_00094198.jpg























中岳山頂では、ワイン1本とワイングラスを持って、ワインを楽しんでいる男性がいました。
いろんな楽しみ方がありますね。
d0326888_00094851.jpg

















d0326888_00100100.jpg

















d0326888_00100831.jpg

















d0326888_00102142.jpg






































稲星、白口岳を経て、坊がツルに到着。白口岳からの下りは道がどろどろ、つるつるで
疲れました。
d0326888_00104013.jpg

















d0326888_00104919.jpg

















d0326888_00105491.jpg



















d0326888_00105910.jpg














d0326888_00110426.jpg









[PR]
by yamabito80110 | 2017-08-19 00:06 | ハイキング | Comments(0)

山の日は「経ケ岳」へ

【日 程】  2017.8.11(金・山の日)
【山 域】  多良岳・経ケ岳
【コース】  黒木→中山越→平谷越→経ケ岳→南稜→中山越→黒木
【天 候】  晴れ
【メンバー】 まる、mimimama、jimny
【レポート】 jimny

山の日の今日、まる、mimimama、jimnyの3人で経ケ岳へ登りました。
山道に入ると、ひんやりした空気が体を包み込んでくれて気持ちよかったです。
おまけに今日は、沢沿いのコース。
多良山系の中でも手ごわい「経ケ岳」に、まるちゃんも初登頂です!

↓黒木の駐車場
d0326888_10001354.jpg
↓ウナギレ沢の大滝は水量が少ない
d0326888_10004266.jpg
↓オオキツネノカミソリ
d0326888_10005703.jpg
↓中山越
d0326888_10011057.jpg
↓ソーメンの滝(水がない)
d0326888_10012474.jpg
↓経ケ岳への鎖場
d0326888_10013995.jpg
↓山頂到着
d0326888_10015029.jpg
↓いつものノンアル
d0326888_10020148.jpg
↓下山も慎重に・・・
d0326888_10020992.jpg
↓林道に戻ってきました
d0326888_10021633.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2017-08-12 10:07 | ハイキング | Comments(0)

オオキツネノカミソリハイキング(多良岳)

【日程】  2017.7.23(日)
【山域】  多良岳
【天候】  晴れ
【メンバー】 かおる、しげ、まる、コージ(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

オオキツネノカミソリの時期になったので、多良岳へ出かけました。

今日は珍しく参加者が多く、黒木に8名が集合しました。
そのうち沢登りに出かけるメンバーが3名。
私たち5名は金泉寺を目指します。

水場のところにはオオキツネノカミソリが結構咲いていましたが、西野越下の群生地には花はほとんど咲いていませんでした。
今年は開花が遅れているようですが、花芽自体が多くありません。
春先には新芽がたくさん出ていたので、その後の大雨で球根が流されてしまったのかも知れません。
少ないなりに花の見ごろは1~2週間先のようです。

金泉寺はこの花の時期にしては登山者は少なめでした。

シゲさんが担いでくれたスイカを水に冷やして、多良権現まで登ることにしました。
今日はとにかく暑いです。ときおり吹く風に幸せを感じます。

多良権現から金泉寺に戻り、スイカをいただきました。
佐世保のスイカは甘くて美味しかったです。さすが、主婦「まるちゃん」!!

食後には氷入りの冷たいサイダーをいただきました。
佐賀のサイダーは一味違います。さすが、独身「かおる姫」!!
あっ、コーヒーも美味しかったですよ。

美味しいものをたくさんいただいて下山。
水場のところで沢登り組と合流しました。

下山後、車をデポしていた駐車場の東屋で下山後のミーティングをして解散しました。
お疲れ様でした・・・・
d0326888_09243902.jpg
d0326888_09245090.jpg
d0326888_09245935.jpg
d0326888_09250636.jpg
d0326888_09251309.jpg
d0326888_09252078.jpg
d0326888_09252540.jpg
d0326888_09253348.jpg
d0326888_09254012.jpg
d0326888_09254781.jpg
d0326888_09255278.jpg



[PR]
by yamabito80110 | 2017-07-24 09:32 | ハイキング | Comments(0)

ヤマボウシの九千部岳へ

【日程】  2017.7.1(土)
【山域】  九千部岳(雲仙)
【天候】  曇り/晴れ
【メンバー】 まる、コージ(お試し)、mimimama、jimny
【レポート】 まる

霧の中、車は山道を走り、田代原キャンプ場に到着する。駐車場にはすでに貸し切りバスと数台の車が止まっていた。駐車場で、地図の読み方とコンパスの使い方を教わる。「あれが、今日登る山、九千部岳だよ。」jimnyさんが指した先は薄っすらと霧に包まれていた。
今日初めて使用するトレッキングポールを握りしめ登山口に向かう。
d0326888_14303228.jpg
約1ヶ月振りの登山、登りが続き早くも息が上がり登山てそうだしんどかったなって漠然と考えていたら、jimnyさんに「何でこんなきついことしてるんだろうって思わない?」と聞かれる。「すごく思います」と答える。「でも不思議とまた登りたくなるんだよね。」その通りだ。まだ低山しか登ってないけど、山登りも4回目のペーペーだけど、不思議ときつくてもまた登りたいと思ってしまう。不思議な感覚だ。登りを一歩一歩前へ前へ進んでいく。時折あるなだらかな木々の間の登り道は静かで気持ちが良い。でも、登りは大半必死なのでつい黙々と自分の世界に入りがちになる。
mimimamaが「ヤマボウシかわいいね。」と声を上げるまでヤマボウシにも気が付かなかった。「山紫陽花」と言われるまで山紫陽花にも気が付かなかった。まだまだ余裕がない自分に気が付く。山頂に近づくにつれて岩場が出てきた。滑りやすいので登り方を教えもらいながら、慎重に登る。
d0326888_14312699.jpg
それにしても暑い‼️無風だ‼️汗だくになりながら登って、登る。ついに、山頂に立つが、残念ながらガス。昼食を山頂から少し下った岩場でとることにした。
d0326888_14333112.jpg
風が心地よく吹いている。眼下のガスの切れ間にヤマボウシが見えた。上から見る初めてのヤマボウシ。ありがとう‼️ヤマボウシ。そしておにぎり最高です‼️下山の道は、jimnyさん曰くいやらしい下りが続くとの事だったが、雨で地が固められ逆に滑りにくくなっていたらしく、いやらしい下りは今回は回避できた。ラッキーだ。下山中に晴れ間がいつのまにか広がり山の緑が一層生き生きとしていて清々しい。
d0326888_14341343.jpg
山紫陽花を見て、「清純な感じがいいよね」とjimnyさんが言う。「言われてみたい。清純…。」屋久島の話や犬の話や諸々楽しくおしゃべりしているとあっという間に田代原駐車場に到着していた。
d0326888_14344947.jpg
帰りに水汲み場で汲んだ美味しい山の水をお土産に頂いた。晩酌を想像して帰りの車中はニヤニヤのまるでした。

[PR]
by yamabito80110 | 2017-07-02 14:38 | ハイキング | Comments(0)

お試し山行・岩屋山

【日程】  2017.6.10(土)
【山域】  岩屋山(お試し山行)
【天候】  晴れ
【メンバー】 しげ、のり(お試し)、jimny
【レポート】 jimny

お試し参加希望のメールをいただいた「のりちゃん」との初山行。
しげさんも同行してくれることになり3人での岩屋山となりました。
私とのりちゃんは岩屋神社から、しげさんは油木方面から来るとのことで、最初の三叉路で待ち合わせることにしました。
土曜日なのに思ったよりは車も少なく、静かな岩屋山でした。
d0326888_14465659.jpg
d0326888_14472048.jpg

d0326888_14473010.jpg
d0326888_14473792.jpg
d0326888_14475496.jpg
d0326888_14480119.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2017-06-10 14:49 | ハイキング | Comments(0)

2017.5.21(日) 志々伎山(しじきやま)

【日程】  2017.5.21(日)
【山域】  志々伎山(しじきやま)平戸
【天候】  晴れ

【メンバー】 あきひろ、はし、まる
【レポート】 あきひろ
【ルート】  志々伎山登山口(駐車場)ピストン

黒髪山に登った時に、はしさんと話していて平戸に低山だけど見晴らしがすばらしい山がある
って話を聞いて、遠いけど行ってきました『志々伎山(しじきやま)』!!

同じ長崎県内ですが、なかなか平戸に行く機会は無いので平戸観光も兼ねて行ってきました。
登山距離が短いので、阿弥陀寺から登ろうかと思いましたが駐車場が無く駐車場を探してたら
結局、最短距離の登山口からになっちゃいました。

これから登る、志々伎山あのでっぱったとこが山頂です。
d0326888_2331098.jpg

案内標識。ここから山頂まで40分
d0326888_23311376.jpg

途中の腰掛岩、説明読んでみると人が死んでるし・・・
d0326888_23313049.jpg

あっという間に山頂到着。山頂には祠があり昔は女人禁制だったようです。
d0326888_2331513.jpg

山頂付近からの絶景。二人で何かポーズしてます。
d0326888_2332063.jpg

d0326888_23314175.jpg

下山してからの昼食。平戸といえば魚ですね。
d0326888_23322226.jpg

いろんな魚の新鮮な刺身を、お腹いっぱい頂きました。
食べ放題で食べ過ぎて、すこし気持ちが悪くなっちゃいました。やっぱ適度が一番。
d0326888_2332292.jpg

平戸観光①塩俵の断崖 絶景。
d0326888_23323842.jpg

平戸観光②大バエ灯台。見渡す限り、海でした。
d0326888_23324832.jpg


はしさん、案内ありがとうございました。たまには登山&観光も良いですね。
[PR]
by yamabito80110 | 2017-05-23 23:34 | ハイキング | Comments(0)

2017.5.20(土)九重

【日程】 2017.5.20(土)
【山域】 九重
【天候】 晴れ
【メンバー】jimny,mimimama,カワ,かおる
【レポート】かおる
【ルート】長者原~諏蛾守越~法華院温泉~坊ガツル~雨ヶ池越~長者原

わたしははじめての九重でした。
駐車場に着き、車を降りた時、とっても気持ちよい場所だと思いました。

途中、暑さにやられてしまいぐったりしましたが、写真を見返すとまた行きたくなりました。

以下、写真集
天気に恵まれ、清々しい空気の中出発
d0326888_22565349.jpg

ミヤマキリシマが咲き始めてました

d0326888_23070386.jpg

イワカガミ
みんな我先にと写真を撮りまくりました。
山のアイドルです。
d0326888_23082020.jpg

気持ちいい景色
d0326888_23102311.jpg

本日のjimnyさんの服装は九重によく映えてました。
d0326888_23120552.jpg

ゴリラ岩?ゴジラ岩?

d0326888_23140805.jpg
坊ガツル付近

d0326888_23153307.jpg

ハルリンドウ
d0326888_23161663.jpg
シャクナゲ
d0326888_23165105.jpg
ユキザサ
d0326888_23171808.jpg
ドウラクジンセイ(?)
d0326888_23181552.jpg
…!間違えました
ドウダンツツジ ↑

ホウチャクソウ

d0326888_23213814.jpg

シンリョクトビジン

d0326888_23225315.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2017-05-21 22:38 | ハイキング | Comments(0)

2017.04.23(日)雲仙・絹笠山&九千部岳

【日 程】2017.04.23(日)
【山 域】雲仙
【天 候】晴れ
【メンバー】mimimama、Jimny
【レポート】jimny

雲仙に花を探しに出かけました。
まずは、mamaが登ったことがないと言う「絹笠山」へ・・・
登山口の白雲の池キャンプ場は、昔々ジャズフェスがあったときに出かけて以来でした。
池の周りをノンビリと一周して絹笠山へと登りました。
30分ほどで到着する山頂からは360°のパノラマが広がっていました。
少し早いお昼を食べて、九千部岳へ・・・
第二吹越からのお手軽登山です。
このコースはこの時期花がたくさん咲きます。
エイザンスミレ、ケマン、ヤマツツジ、ヒカゲツツジ、アブラチャン、そしてまだ蕾のミヤマキリシマなどなど。。。

d0326888_08510849.jpg
d0326888_08511595.jpg
d0326888_08512202.jpg
d0326888_08513222.jpg
d0326888_08514169.jpg
d0326888_08514656.jpg
d0326888_08520101.jpg
d0326888_08520953.jpg
d0326888_08521868.jpg
d0326888_08522518.jpg
d0326888_08523853.jpg



[PR]
by yamabito80110 | 2017-04-24 08:54 | ハイキング | Comments(0)