カテゴリ:岩登り( 13 )

21600508 野岳で岩登り

【日  程】 2016.05.08(日)
【場  所】 大村市「野岳の岩場」
【天  気】 曇り
【メンバー】 みほ、カワ、mimimama、jimny(L)、OB1名(現地でバッタリ)

大村市にある岩登りのゲレンデ「野岳」で岩登りの練習をしました。
萱瀬ダムサイトで合流して岩場へ移動。
雨上がりのせいか、誰も来ていません。
私たちは奥の水場エリア(初心者向き)へ行きました。
やはり水が染み出しています。
あまり濡れていないルートを選んで登ることにしました。

野岳の壁の中でもっとも初心者向きと言える「スポットライト5.8」にトップロープをセット。
一番手は「みほちゃん」です。
果敢にトライしましたが・・・・テンションでした。
ルートの2/3ほどのところにある核心部を越えられず降りてきました。

続いて「カワちゃん」がトライ。
途中何度も動けなくなりましたが、「ぶつぶつ」独り言を言いながら終了点まで登り切りました。

それを見ていた「みほちゃん」
「もう一度行きます!」 と、再チャレンジ。
今度は見事に完登!
ふたりのガンバリに拍手でした。

この頃、一人の男性が岩場に来ました。
山人初期のOBさんでした。
この後は一緒に登りました。
いろいろと初心者にはアドバイスをしてもらいました。

次に向かったのは「魔の終着駅」とかがある人気エリアに移動。
「ミスター礫5.10a」にトップロープをセットして「みほちゃん」「カワちゃん」がトライするも、ここはちょっと歯が立ちませんでした。

正面壁の前の広場で昼食をいただき、再び奥に戻りました。
この日の最後に登ったのは「迎賓館5.8」と言うルート。
このルートは最後の部分がちょっと難しく、シューズのフリクションで登るのですが、今日野岳デビューのふたりには難しかったみたいです。
でも、そこまではきれいに登りましたから、本日はハナマルスタンプよくできました画像を上げようと思います。

↓ カワちゃんが登ります
d0326888_09082693.jpg
↓ 終了点まで無事登りました
d0326888_09104408.jpg
↓ みほちゃんも再トライ
d0326888_09114546.jpg
↓ やったよ! V!
d0326888_09120449.jpg
↓ mimimamaが登ります
d0326888_09121450.jpg
↓ ミスター礫5.10a
d0326888_09122175.jpg
↓ みほちゃんもトライ
d0326888_09123068.jpg
↓ 食事をした広場から正面壁を見上げる
d0326888_09123712.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2016-05-09 09:43 | 岩登り | Comments(0)

20160410 権現岩岩トレ

【日  程】 2016.04.10(日)
【場  所】 稲佐山中腹・権現岩
【天  気】 晴れ
【メンバー】 たか、カワ、しげ、mimimama、jimny

長崎市内の稲佐山中腹にある「権現岩」で岩トレ(初級)を行いました。
所謂、ロッククライミングではなく、縦走中の岩場を安全に不安なく通過できるようになるための訓練です。
そんな目的なので、この日は登山靴で登りました。

本日のメニューは

1、ロープワーク基本
2、セルフビレイ(自己ビレイ)の取りかた
3、トップロープで三点支持でのクライム
4、同じくクライムダウン
5、高度感に慣れるためのロワーダウン
6、懸垂下降
7、ちょっと難易度の高いコース2本を登る

以上でした。

参加者は5人で、いずれも今後岩や沢をやる気のメンバーだったので、結構中身のある訓練ができました。

d0326888_21181083.jpg
d0326888_21182916.jpg
d0326888_21184823.jpg
d0326888_2119084.jpg
d0326888_21191777.jpg
d0326888_21192344.jpg
d0326888_2119315.jpg
d0326888_21193845.jpg
d0326888_21194946.jpg
d0326888_2120215.jpg
d0326888_21202716.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2016-04-10 21:24 | 岩登り | Comments(0)

2016.03.12 野岳岩登り

【日  程】 2016.03.12(土)
【登った山】 野岳(大村市の岩場)
【天  気】 晴れ
【メンバー】 たか、mimimama、jimny

久しぶりの野岳です。
1年?ん?2年近く来てないかも?
本日参加の「たかちゃん」は初野岳でした。

山人ではフリークライミングに積極的に取り組んでいるわけではありませんが、縦走中の岩場の通過のための練習とか、沢登りやマルチピッチクライミングにはフリークライミングの技術は欠かせません。

また、山行中に何が危険なのか?の判断や、事故を誘発しない歩き方や登り方を身に付ける訓練にもなると思いますので、「私は岩はしないから、私は歩きだけだから」と言うのは間違いだと思います。

まずは左の水場のところにある初心者エリアを登りました。
ルート名は忘れてしまいましたが、5.10b(?)を1本。
d0326888_853139.jpg

続いて「迎賓館5.8?」を登りました。
ここまでは「たかちゃん」も完登。

次にエリアを移動して、「ミスター礫5.10a」にトライ。
このルートは5.10aにしては難しいような感じがします。

昼食後、アンダーツーアンダー(5.10d?、5.11a?)。
スタートのハングにあったボルトはリボルト作業のときに抜かれたらしく
1本目にヌンチャクを掛けるまでは気が抜けません。
d0326888_8502414.jpg


続いてその左にある「魔の終着駅5.11b?」。
およそ2年ぶりのこのルートをママさんはマスターで登りました。
上のハングの出口でリーチに泣いてチョンボしましたが・・・(笑)
d0326888_8505029.jpg

最後に水場に戻り「ハートブレイク5.10d」を触りましたが、
限定ではまったく登れなかった自分が情けなかったです(トホホ・・・)

毎月とは言わないまでも、半年に1度くらいは野岳にも来ないとダメですね。。。
[PR]
by yamabito80110 | 2016-03-13 08:54 | 岩登り | Comments(0)

2015.11.03(火)雲仙・牛首岩岩登り

【日 程】2015年11月3日(火・祭日)
【山 域】雲仙・牛首岩
【天 候】晴れ
【メンバー】あきひろ、たか、ハシ、mimimama、Jimny
【レポート】Jimny

ひさしぶりに牛首岩で岩登りを楽しみました。
快晴の秋空の元、眼下に広がる紅葉を見下ろしながらのクライミングは「爽快!」の一言でした。

この日は本格的には初岩の「ハシ君」を加え、総勢5人。
岩の取り付きあたりで基礎訓練を行った後、1+1、1+2のパーティーで「ノーマルルート」と「右松の木ハングルート」の2本を登りました。
このところ、「歩きの山登り」が多く、クライミングにまじめに取り組んでいなかったのでクライミング力の低下を実感・・・全員、ちょっと反省です。

今後は月イチ程度で岩登りも組んで行きたいと思います。

d0326888_848827.jpg

d0326888_8492149.jpg

d0326888_8483764.jpg

d0326888_8484773.jpg

d0326888_851430.jpg

d0326888_8513796.jpg
d0326888_8515337.jpg
d0326888_852478.jpg
d0326888_8521935.jpg
d0326888_8523635.jpg
d0326888_8524899.jpg
d0326888_8525927.jpg
d0326888_8531056.jpg
d0326888_8531853.jpg
d0326888_8533269.jpg
d0326888_8534551.jpg
d0326888_8535192.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2015-11-04 08:58 | 岩登り | Comments(1)

20150927 権現岩岩トレ&稲佐山までちょっとハイク

【日 程】2015年9月27日(日)
【山 域】長崎市内 権現岩
【コース】皿焼バス停~権現岩・岩トレ~稲佐山公園~権現岩~皿焼バス停
【天 候】晴れ
【メンバー】ハシ、かおる、マサト、かよみ、mimimama、Jimny
【レポート】Jimny

長崎市内稲佐山の中腹にある岩場「権現岩」で岩トレを行いました。
ママとJimny以外は全員今期入会(現在お試し含む)の4名。
当然岩登りの経験はく、装備なども持っていません。
この日は、クライミングの練習ではなく、縦走中の岩場の通過などのための訓練を想定していたのでちょうど良かったです。
正面フェースにトップロープをセットして、登山靴でのクライムアップとクライムダウンを練習したり、高度感に慣れるためのロワーダウンも経験してもらいました。
このような訓練をした事があるかどうかで、少し難易度が高い登山コースにも自信を持ってチャンレンジできる可能性が上がってきます。
それと、このような訓練を通じて山に登る時に何が危険なのか?を察知する力を高めたり、落石を起こさない歩き方を意識するようになる事も期待できます。
私たち「山人」の岩トレは、岩登りのための岩トレではなく、山登りのための岩トレが基本です。
全会員が、少なくとも1年に1回以上は岩トレに参加することを目標にしたいと思います。
もちろんいろいろな山に登ろうと思うのなら、もっと頻繁に岩トレをやっておく必要があります。
そういう意味では、「楽しかった」だけではない感想を次回の岩トレの際には聞きたいものです。(笑い)

岩トレ準備中
d0326888_14283120.jpg
装備の着け方・使い方から
d0326888_14291454.jpg

(登山靴)トップロープで登ります
d0326888_14295693.jpg

「かよみさん」の登り
d0326888_14300814.jpg

ピースする「かおるちゃん」
d0326888_14301491.jpg

「ハシ君」が登ります
d0326888_14301807.jpg

「マサト君」も登ります
d0326888_14302254.jpg

展望岩から長崎市内を一望
d0326888_14303471.jpg

稲佐山まで足を伸ばしました
d0326888_14303962.jpg
ダンギクの花が咲いていました
d0326888_14304203.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2015-09-28 14:38 | 岩登り | Comments(0)

2015.02.01 権現岩トレ

【日程】2015年2月1日(日)
【訓練場所】権現岩
【天候】晴れ
【メンバー】jimny,mimimama,あきひろ,ゆかり,miko,mana,よー,Goubin,たか 計8名
【レポート】たか

2015年初岩は権現岩での基礎トレーニング。
経験者・初心者それぞれ目標を持ちこの日を迎えました。
晴天に恵まれたものの、日陰は結構寒く、岩肌はキンキンに冷えていました。

9:00に集合し、岩場まで30分ほど山道を歩きます。
基本を学び、その後実践します。基本を反復練習し、体に覚えさせることがいざというときに役に立ちます。

レクチャー①岩場登りには欠かせない「三点支持」
三点で支持して一肢だけを自由にして次の手がかり・足場へと移動することで岩場を安全に登ることが出来ます。一般道でも三点支持を必要とする危険個所があるルートは少なからずあります。
三点のうち特に足場は重要です。足場が不安定のまま登ると事故を起こす場合があります。
jimnyさんの指導のもと、皆やってみました!
d0326888_0281326.jpg



レクチャー②命を守る「自己ビレイ」
急傾斜の岩場での滑落は、骨折や打撲等の大事故につながる危険性が高いので、そのような危険個所において自分自身を固定された支点に確保する場合があります。自己ビレイをスムーズにとれるようシュリンゲの掛け方、使用方法を学びました。
木を使う場合はどんなのが適しているか、どこで取るのがいいか確認しながら練習します。
d0326888_0545989.jpg




そしていざ岩肌へ

まずはjimnyさん・あきひろさんに教わりながら支点作りの見学をしました。
2人の息ピッタリ!!
d0326888_21115916.jpg


登山靴で左岩を行くあきひろさん、お見事!
d0326888_21164411.jpg

自分はフォローでした。岩の冷たいこと!!!
d0326888_2122888.jpg


お隣では岩デビューのよーさんはザック背負って登っていました。
荷物があると一層難しくなりますね。
d0326888_21265286.jpg


Goubinさんの懸垂下降。初懸垂はどうでしたか?
d0326888_21345162.jpg


mamaの安定感。さすがです。
d0326888_21364521.jpg


本日の女性陣
皆さんキマってます!
d0326888_21402620.jpg



お昼ご飯を食べ、午後は二手に分かれてトレーニングを行いました。
あきひろさん、たか、ゆかりは20mに挑むことに…

まずは支点を作り、懸垂下降。
d0326888_221137100.jpg

d0326888_22185863.jpg


いざ、登攀!!
d0326888_22234140.jpg

d0326888_22235782.jpg


ゆかりが発見した祠。立岩神社のご神体とのことです。
d0326888_22363015.jpg


皆無事に訓練を終え、反省会の後解散となりました。
d0326888_22371211.jpg



〜訓練を終えて〜
 
久々の岩トレ。岩トレと言いながら自分の目的は登ることにはなく、基礎の確認と支点作りの方法、リーダーであるjimnyさんやmama、あきひろさんの観察に重きを置いて参加しました。
参加者を見渡しても、「もう甘えて良い立場ではなく、背負っていく意識を持たねば。」と感じ一層気が引き締まりました。

 反省会の中で大事な話がありましたので皆さんに紹介しておきます。

 初めての人・数回経験した人・ブランクのある人・ベテランと様々なレベルの参加者のなかで、皆に共通して必ず必要な技術は何か。
それは、「危険予知」「危険回避」です。

こんな記事がありました。
「どんな危険要因があるのか気付き(現状把握)、それがどの程度危険なものなのか判断し(本質追求)、回避するにはどうすべきかを考えて(対策樹立)、行動を起こす(目的設定)ことで事故を防ぐことができます。」
日常生活と違い、ちょっとしたミスでも事故になる可能性があるのが山であるという事を肝に銘じる必要があります。
今後の山行をより安全に楽しむため、この経験を活かし、参加できなかった方に伝達していきましょう。


皆さん、おつかれさまでした。
[PR]
by yamabito80110 | 2015-02-03 00:59 | 岩登り | Comments(0)

20141018岩登り

長崎市内の岩場で岩登りのトレーニングを行いました。
当初は権現岩で初心者対象の岩トレの予定でしたが、
初心者が集まらなかったので長崎市内の風頭山の岩場に変更しました。
メンバーは、あきひろ、マリ、renko、mimimama、Jimnyの5人。

この岩場のメインルートの2本にトップロープをセットして、それぞれのレベルに応じたルートを登りました。
d0326888_185029.jpg

d0326888_185914.jpg

d0326888_1851719.jpg

d0326888_1852359.jpg

d0326888_1853145.jpg

d0326888_1853888.jpg

日ごろは、アリーナや野岳、牛首岩など限られたところでしか岩登りをしていませんが、
それぞれの岩場には、それぞれの個性や特徴があります。
いろいろなエリアを登ることで本当の力が付くのではないでしょうか。
これからもたくさんの岩場でたくさんのルートに触りたいものです。

この日の翌日に国体のクライミング競技を応援に行きました。
登れないなりに、モチベーションだけはアップしたかな???
[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-19 18:13 | 岩登り | Comments(0)

2014.10.11 雲仙牛首岩で岩登り

【日  程】2014. 10.11 (土)
【登った岩】雲仙牛首岩
【天 気】晴れ/曇り
【メンバー】momi、mana、、mimimama、Jimny(L)
【レポート】 Jimny

せっかくの三連休だったが、今回も台風が近づいている。
三連休の初日だけは天候が持ちそうだったので、都合の付くメンバーだけで牛首岩へ。

根子岳縦走にも参加したことのあるmomiも牛首岩はお初。
manaちゃんも、もちろん初めての牛首岩でした。

どこまで登ろうか?と 少し悩みながら取り付いてみましたが、結局3ピッチ登ってしまいました。
manaちゃんは、いきなりの50m懸垂下降でしたが落ち着いて下降しました。

2本目は左手の「松ノ木カンテ」を途中まで登りました。

久しぶりの牛首岩、楽しかったです。

(最初のピッチを登るmana)
d0326888_16572865.jpg

(同じくmomi)
d0326888_16575913.jpg

(テラスにて)
d0326888_16583029.jpg

(2ピッチ目のトラバース前のmana)
d0326888_16584511.jpg

(トラバースを来るmimimama)
d0326888_16585178.jpg

(3ピッチ目を登るmimimama)
d0326888_1659390.jpg

(同じくmomi①)
d0326888_16592175.jpg

(同じくmomi②)
d0326888_16585724.jpg

(懸垂下降mana)
d0326888_16593293.jpg

(懸垂下降momi)
d0326888_1659261.jpg

(松ノ木カンテのフェースを登るmimimama)
d0326888_1659367.jpg

(ギアを回収するmimimama )
d0326888_16594482.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-12 17:13 | 岩登り | Comments(0)

4/6(日)雲仙牛首岩

◆牛首岩(リーダー研修)

・日時:2014/4/6(日)
・雲仙:牛首岩
・参加者:のっしー、たか、マリ、mimimama、Jimny
・レポート:Jimny

新しい年度を迎え、今年度も安全で有意義な山行を実現するためにリーダー層の充実を図らなければなりません。2014年度のリーダー要員の内、所要で参加できなかったメンバーを除いた5人でリーダー研修を行いました。
場所は雲仙牛首岩です。

この日の参加者が全員バリエーションのリーダーをするわけではありませんが、ハイキングのリーダーであっても補助ロープの使い方や岩場の安全な通過方法など、バリエーションの基本的なことはマスターしていなければなりません。

それにもうすぐ始まる今年の沢シーズンに向けて、サブリーダーとしてリーダーの補佐をする役割もあります。

沢登りに参加したメンバーの安全に対する目配りや的確な指示などができるようにリーダー自身が経験を積むことが必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、本日は簡単な講習の後、いつものルートより難しい2本のルートを登りました。
ところどころA0交じりではありますが、全員完登しました。

d0326888_10353036.jpg

d0326888_103611.jpg

d0326888_1036256.jpg

d0326888_10363684.jpg

d0326888_10364460.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2014-04-07 10:44 | 岩登り | Comments(0)

権現岩での岩トレ

【日程】   2014.2.1(土)
【タイトル】  権現岩トレ
【メンバー】 Jimny、mimimama、のっしー、あきひろ、マリ、よん、
        たか、renko、川、なつ、nona、計11名
【天気】    晴れ
【レポート】 nona

小春日和の今日は、稲佐山にある権現岩で岩トレを行いました。
目的は縦走を意識した岩の登攀技術の向上です。

権現岩までは岩尾根を少しだけ登ります。
d0326888_21495853.jpg



権現岩に到着すると、ヘルメット、ハーネスの着用を行い、
リーダーのJimnyさんから、本日の岩トレについての説明がありました。
d0326888_2151319.jpg


まずはリーダーとしての心構えについて。
リーダーは自分の技量や装備だけではなく、全メンバーの技量と装備を把握して、
危険を予測し安全に登攀できるかどうかを判断する必要があるということでした。


次に、マリさんからのロープワークのレクチャーが始まりました。
8期生、9期生はロープを用いた山行やクライミングの経験が少ないため、
ロープをハーネスにエイトノットで結ぶ方法や、マスト結びの方法についてお勉強しました。
d0326888_22182315.jpg


基本事項の確認の後に2本のトップロープを張り、
3点支持を確認しながら登山靴で岩を登りました。
岩からの降り方は、自分で手足のホールドを確認しながら下りる
クライムダウンと、懸垂下降を練習しました。


懸垂下降は自分も含め、renkoさん、川さん、なつさんが初めてだったので、
先輩会員からのエイト環へのロープの通し方とセルフビレイの解除などを教えてもらいました。
次にロープの持ち方と降りる体勢を指導してもらい、実際に懸垂下降をしました。
d0326888_21555094.jpg

d0326888_21581322.jpg


外岩が初めてのrenkoさん、なつさんも含めて全員が懸垂下降を習得(?)し、
お昼ご飯になりました。
権現岩が初めての人はJimnyさんから景色の良い岩場を教えてもらい、
長崎市北部のすばらしい眺望を楽しみました。
d0326888_22192123.jpg

(しかし、この場所は午後からのクライミングの伏線でした・・・)


昼食後は希望者のみ、先ほどの岩場に支点をとり懸垂下降後のクライミングとなりました。
20mほど懸垂下降し、ほぼ垂直に切り立った岩を登ります。
d0326888_22195587.jpg

Jimnyさんによるとグレードは『5.10a/bぐらいかなぁ~』とのことでしたが、
アリーナの人工壁とは異なり、ホールドを自分の目と手で探さなければなりません。
さらに、野岳のようなゲレンデとは異なり、苔むしたホールドや、
浮石の可能性も考えながらのクライミングとなるため、
トップロープで登ったのですが、心も体も非常に疲れました。



この間に、希望しなかったrenkoさんとなつさんは
mimimamaさんから午前に登った岩でのクライムアップと
クライムダウンのスパルタ教育を受けていたとのことでした。


充実したトレーニングだったせいか、時間もあっという間に過ぎてしまいました。
集合後、各自の感想を述べ、下山し解散となりました。
今回の岩トレでは、登山に必須のロープワークや3点支持を基本とした登り方、
懸垂下降を改めて勉強することができました。
危険な岩場でのトレーニングでしたが、初心者を含めて全員怪我なく終了できました。
いろいろとご指導して頂いた先輩会員と、みんなの力量を判断してプランを立てて頂いた
リーダーのJimnyさん、ありがとうございました。
[PR]
by yamabito80110 | 2014-02-02 22:25 | 岩登り | Comments(1)