<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12/15(日)多良経ケ岳

【日 程】 2013.12.14(日)
【登った山】 舞岳、経ヶ岳
【メンバー】 Jimny、mimimama、マリ、renko、川、ひぼ
【天気】晴れ
【レポート】ひぼ

当初は地図コンパス登山で大払谷の道無き道を進む…予定でしたが、10周年記念企画であがっている多良のガイドブック作成の下準備も兼ね、一般ルートを行くこととなりました。体力や目的にあわせてルートが選べるも、多良山系の魅力ですね。

往路は黒木駐車場からシャクナゲ尾根を進んで舞岳のピークを踏み、経ヶ岳を目指します。
renkoさんは今日が初経ヶ岳。少し緊張しながら、出発です。

林道を歩き、二手に分かれる道を左へ。杉林に入ってすぐ、右に折れます。登り口がわかりにくいので要注意ですね。
d0326888_9191091.jpg


ほどなくすると急な登り坂が続き、心が折れそうに。。足元を見て一歩一歩、励まし合いながら登ります。

シャクナゲ尾根は自然林のトンネルをくぐり抜けて進む、気持ちの良い道です。
やがて2箇所岩場が出てきます。ここではシュリンゲで簡易ハーネスをつくり、カラビナをロープにかけて登る方法を学びました。
d0326888_919161.jpg

d0326888_9192238.jpg


そして、展望台に到着。視界がパッと開け、中岳、五家原岳、多良の山々が見渡せます。
d0326888_919272.jpg


一息ついて景色で疲れを癒したあとは、傾斜もゆるくなり、足取り軽く進みます。遠くにそびえていた経ヶ岳も、だんだんと近づいてきました。
d0326888_9193592.jpg

d0326888_9194465.jpg


舞岳山頂を過ぎて中山越からの道と出合います。最後のひと頑張りで岩場を越え、ついに山頂へ到着!renkoさんの笑顔が光ります。初登頂おめでとうございます。
d0326888_9195344.jpg


山頂ではマリさんのザックからなんと網が登場。用意してくださったお餅を焼いて、みんなで本格的なぜんざいをいただきました。甘くて身体があたたまります。おいしい~。山の上で食べられるなんて幸せ。疲れが吹き飛びます。
d0326888_9195910.jpg


帰路はつげ尾へつながる道から南壁下をトラバースし、ウナギレ沢を下るルートを行くことになりました。ガレ場の続く道から南壁を左手に見るように、左へ入っていきます。徐々に踏み跡がなくなり、崩れやすい道を慎重に進みます。途中で細引きロープも使いました。
d0326888_920827.jpg


中山越を経由し、沢を何度も渡りながら黒木へ。

駐車場で、木にロープを固定するときの、カラビナを使った結び方を習いました。
反省会では、きつかったけれど山頂へ行けてよかった、会山行でのペース配分や前後の人を見ることが難しかった、ロープの使い方を覚えたい、との感想が出ました。今年最後の会山行となりましたが、みんな笑顔で終えることができました。
d0326888_9201457.jpg


…帰り道、のぞみ会館のお風呂へ寄った長崎・長与組は、なんとよんさんにバッタリお会いしたのでした♪
[PR]
by yamabito80110 | 2013-12-18 09:27 | ハイキング | Comments(2)

野岳で岩トレ

【 日 程 】 2013.12.14(土)
【登った山】 野岳
【メンバー】 Jimny、mimimama、しんたろ、きょう
【天気】    晴れ時々くもり
【レポート】  きょう

野岳に岩トレに行って来ました。
前日の雨と、放射冷却による寒さで、天候が心配されましたが、
朝起きてみると、天気もよくて、寒さもそこまで厳しくなく、
絶好の岩登り日和となりました。

私は、入会してから2回目の外岩でした。(1回目は権現岩:過去のブログ参照)
前日から高揚感と緊張感でいっぱいでした。

朝10時に現地集合し、周りを見渡すと、私たち以外の車はありませんでした。

まずは装備をして、ポーズ!
d0326888_21145195.jpg


初めにお手本を見せてくれているmimimamaさん。
d0326888_2116645.jpg


今回、私はスポットライト(5.8)、パイオニアスピリッツ(5.10b)、
迎賓館(5.8)、ミスター礫(5.10a)、魔の終着駅(5.11b)のスタートだけに挑戦しました。
d0326888_21164821.jpg


緊張しましたが、なんとかスポットライトの終点まで行けました。
d0326888_21175942.jpg


しんたろさんはJimnyさんのビレイで難しいルートをパワフルに登っていました。
d0326888_2126349.jpg


初めての野岳を終えての感想ですが、
  ①足の置き場をしっかり見て、目線を大切にすること。
  ②進む方向のルートを確認し、視野を広く持つこと・
  ③『力を使わない登り』と『足にしっかり乗ること』の大切さ。
  ④登るときは、自分の課題を持って取り組むこと。
が、必要だと感じました。

私はまだ足で登るというより、手の力で登っているので、
今後は、美しいムーブで登れるように、バランスのとりかた、手足の位置、
体の振りを常に意識して、技術が向上できるように日々練習を頑張りたいと思います。
[PR]
by yamabito80110 | 2013-12-15 21:35 | 岩登り | Comments(0)

12/8・岩屋山

【 日 程 】 2013.12.08(日)
【登った山】 岩屋山(長崎市内の山)
【メンバー】 momi、なつ、セイコー、あーちゃん、Jimny、(しんたろ)
【 天 気 】 晴れ
【レポート】  Jimny

今日は納会としたものの、イマイチ集まりも悪いので納会重視と言うよりも地図読みの勉強でもしようかと思い、こんなコースを組んでみました。
岩屋山に精通している古い山友の「Oさん」にコースのアドバイスと地図までお世話になりました。
サンキューです。。。
で、組んだコースは色見ダムから取り付いて、岩屋山~舞岳~色見ダムへと巡る周回コース。

色見ダムの駐車場で地図を見る本日のメンバー。
d0326888_18404612.jpg


最初の展望台にて
d0326888_1841154.jpg


滑石トンネル方面からの道と合流
d0326888_18411541.jpg


岩屋山で待っていた「しんたろ」と合流
d0326888_18412898.jpg


舞岳方面へ
d0326888_1841435.jpg


林道を横切って舞岳へ
d0326888_18415565.jpg


到着
d0326888_1842486.jpg


手熊方面を見る「男前!」
d0326888_18422691.jpg


手熊方面を見る「いい女!!」
d0326888_18423619.jpg


お口直しに「紅葉」でも・・・
d0326888_18424637.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2013-12-08 19:04 | ハイキング | Comments(1)

11/30 雪の九重

【 日 程 】 2013.11.30(土)
【登った山】 九重連山
【メンバー】 のっしー、まり、ひぼ、川、あきひろ
【 天 気 】 晴れ
【レポート】  あきひろ

金曜日の夜発で阿蘇に行く予定でしたが、金曜日の午後から寒気により山方面は
雪模様となり急遽、阿蘇から九重に予定変更し雪の九重連山に行ってきました

朝5時に長崎を出発。久しぶりの早起きに誰か寝坊するのではと心配でしたが
みんなきちんと起きて予定通りに出発
d0326888_22202528.jpg

大曲まで道路上の雪は問題なかったが日陰には雪が残ってました
準備して大曲から入山 登山口でパシャリ。雪でみんなワクワクです
d0326888_22253033.jpg

三俣山の山頂は、薄黒い雲に隠れてますが、晴れ間が見えて展望が期待できそう
d0326888_22212263.jpg

川さん先頭でスガモリを目指して雪景色を楽しみながら登っていきます
d0326888_2222370.jpg

北千里ヶ浜では、地面が霜で持ち上がっており歩くと穴が空いて面白い
d0326888_2222249.jpg

久住分かれにあがる斜面でアイゼンを使用したことが無いメンバーがいたので
アイゼン体験を行いました。
d0326888_22224642.jpg

久住分かれを通過し久住山(1787m)に到着。山頂からは雲海がいい感じ
川さんが絶妙な白黒写真でクールに山人をアピール
(実は、間違って白黒写真設定になってたみたいだけど)
d0326888_23191810.jpg

2ピーク目は、稲星山を目指します。一度下って登り直さないといけないのがキツイところ
奥に見える右のピークに向かいます
d0326888_2333080.jpg

稲星山1774m到着。ひぼちゃんの笑顔が素敵です
d0326888_2334515.jpg

稲星から最短距離の急登を登って九州本土最高峰の中岳着(3ピーク目)
d0326888_2333255.jpg

4ピーク目は、天狗ヶ城に向かいます
d0326888_23334444.jpg

途中、樹氷がいい感じについてて太陽の光に照らされてキラキラと綺麗です
d0326888_23335870.jpg

天狗ヶ城1780m、山頂でみんなで天狗のポーズ?
d0326888_23341527.jpg

御池にてコーヒータイム。凍った池で真ん中まで歩いたり滑ったりして遊びます
寒い中、熱いコーヒーを入れたはずが、入れ物によって温度差がすごい。
アルミは、入れて直ぐ熱くて持てなくて氷の上に少しおいてたら飲むとき既に冷えてて
大爆笑。冬は、二重構造のマグが良いですね(笑)
d0326888_23343598.jpg

御池を後にして、14:50大曲り到着。
みんな疲れ知らずで4つのピークを楽しめ楽しい山行となりました。
マイナス気温の登山に対しての準備等、勉強になったのではと思います

道路も日陰の雪も解けておりひと安心。
帰りに星生ホテルの温泉に入って帰宅、今年の初雪登山となり良い天気で楽しめました

お風呂でもプチハプニングがあったみたいで、誰かが滑って全裸ダイビングしたとか・・・
朝早くからの移動おつかれさまでした。
[PR]
by yamabito80110 | 2013-12-01 22:02 | ハイキング | Comments(2)