<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちょっと気になる故郷の山シリーズ 第1弾

【日程】2014.1.26(日)
【タイトル】ちょっと気になる故郷の山シリーズ 第1弾 「猿葉山」
【メンバー】Jimny、mimimama、renko、たか、あきひろ、ゆかり、マリ 計7名
【天気】晴れ
【レポート】マリ

さぁー、さぁー、始まりました、私が言いだしっぺの「ちょっと気になるあの山、この山 登ってみゅーで!」第1弾。
今回は雲仙市千々石町の猿葉山へ行ってきました。
千々石町と言えば、日本一大きな巨大門松で有名な橘神社。今日はここ橘神社からスタート。
その前に、今日は登山口と下山口が違うので、まずは車を一台下山口へデポ。
この日、巨大門松の解体作業が行われていた。
d0326888_9154165.jpg

神社前を横断し、雲仙市総合千々石町支所へ向かう。
d0326888_9245371.jpg

支所の横道より、裏道へ抜け木津方面へ向かう。
このルートは旧小浜鉄道として1927年に千々石町~小浜町を結ぶ鉄道が走っていた道だ。現在は県道201号の一般道路として使われている。早速、旧駅舎の「上千々岩駅」跡が出てきた。
d0326888_921377.jpg

d0326888_9382086.jpg

橘湾と千々石町、愛野町、遠くには有喜町も見えた。ほのぼのとした町並みに癒されます。
d0326888_9504998.jpg

狭くなる車道を進むとトンネルが見えてきた。馬蹄形のトンネル、これぞ電車のトンネル、そのままだぁ~。
d0326888_954076.jpg

このトンネルの明かりに温かさを感じます。狭いトンネルなので歩行者専用にも感じるが、危ない!ここは県道。車の往来もなかなか多かった。
d0326888_1063925.jpg

トンネルを2つくぐる。一つ目は短く、二つ目は長く、カーブもあり先が見えない。離合出来そうもない。。これって対向車が来たら出口まで戻るの???
トンネルを抜けると海が見えた、天気もよくて海風が気持ちいい~。
d0326888_1124204.jpg

波音と潮風を感じながら進むと「自然の家近道」と標識が・・・近道?
近道じゃなくてもいいのですが  これが登山口なのかな?
この日、同じ猿葉山へ向かう若い男女のpartyと出会いました。私たちはここで小休憩を。
d0326888_10343034.jpg

ここから登山道の始まり、今日はrenko隊長がトップを務めます。
d0326888_11325199.jpg

急勾配の登りであまり踏み跡がない、自然のままの山道だった。
d0326888_11363994.jpg

renko隊長がとても輝かしいです☆彡 
d0326888_1141477.jpg
 
程なくして自然の家の駐車場に到着。ここからちょっと道迷い。。
探すこと ありました、ありました「林間ハイキングコース」
d0326888_11473920.jpg

またまた、勾配がきつい・・・、低山とは言え 甘くありません。
d0326888_11494495.jpg

登り上がると芝生広場がある「かまの里」に到着。先ほどのpartyとまたまた再会。どうやら、先ほどからお互い道に迷ってる。。。次のかま山峠をめざし、坂を登る
d0326888_1204774.jpg

森を抜けると 絶景、ビュー スポット!
北に鉢巻山と吾妻岳の山々、南には広い海に小浜町の街。ここはパラグライダーの飛翔起点だそうだ。ここから鳥って気分だろうな~。(鉢巻山、吾妻岳もこれまた気になったぞゥ!)
d0326888_12231730.jpg

d0326888_12235218.jpg

そこから、1、2分で小高いピークのかま(竈)岳山頂(392m)だ。あずまやがあるが展望はない。山頂からさらに林間ハイキングコースを進むと、初級、中級コースに分かれ中級コースへ進む。
d0326888_1239190.jpg

足元に猿葉神社への標識が。 しかし、猿葉山山頂はいったいどこなのかな??
d0326888_12412310.jpg

まぁ~、まぁ~、ちょっと 休憩でも。(どうやら、やはり ここのようでした。。。)
d0326888_1243217.jpg

ここから一気に下ります。途中、険しい崖っぷちもありました。
d0326888_12444187.jpg

照葉樹林を抜けると猿葉稲荷神社本殿へ下った。
d0326888_12474283.jpg

小浜の街がきれいに見える。
d0326888_12481585.jpg

ここ猿葉稲荷神社は商売繁盛の神様で祈願者の名前が書かれた朱塗りの木の鳥居が幾度となく立っていた。その数 800基とも1000基とも。
d0326888_12547100.jpg

d0326888_12563276.jpg

たくさんの鳥居を潜り、参道を抜けると、今朝デポした駐車場へ無事に到着。
~お疲れ様でした~
d0326888_12594382.jpg


ここでゴールと思いきや・・・いや、いや、我らのコンパスが示した先は

d0326888_1316188.jpg


小浜温泉で汗を流しました。
「 〇ール! ちゃんぽん! 寿司! 海鮮丼! ・・・もう一杯 ビー〇!・・〇も!・・」

おーーーーーーーーい! 今日の山の感想は ・ ・ ・?



今回は、旧小浜鉄道軌道の跡を歩き、釡岳、かま(竈)岳、猿葉山のピークからなる猿葉山を楽しみました。軌道は小浜町まで続いているようで、今日は途中まででしたがいつか行ってみたいと思いました。猿葉山も標高は低いながらも勾配もあり、自然のままの登山道であった。ルートが不明確なところも多かったが地図を見ながら見つけることも面白く楽しかった。大きな山もいいですが、のどかな町並み、海風、峠からの景色などを感じながら、のんびりと、こんな山の楽しみ方もいいものです。
今後も 第2弾、3弾・・・へと続きます♪
[PR]
by yamabito80110 | 2014-01-27 10:28 | ハイキング | Comments(1)

由布岳と別府の町

行ってきました!!由布岳と別府の街に止まる1泊2日の旅。
朝、5時長崎発で諫早、大村とメンバーをピックアップたら、のなさんのスーパードラテクで
八時半頃湯布院到着!!
ちょっと時間があったので、日本で二番めにでかいと言われるオオゴシャの大杉を見学へ。
d0326888_22522213.jpg

胴回りはなんと10数メートル(詳細忘れました。。。すみません)
湯布院のパワースポットに認定決定!!056.gif
そこから由布岳正面登山口へ移動。ガスをかぶった由布岳が待ち構えていました。
d0326888_22495577.jpg

天候良好!!目標由布岳東峰!!れっつらゴー!!
d0326888_2352385.jpg

まずは草原を進み。。。
d0326888_22572968.jpg

そして合野越えを通過し。。。
しばらくいくと登山道がガリガリの凍った道に!!
そそくさとアイゼン装着しザクザクと心地よい感触を楽しみながらマタエを目指す。
d0326888_2331320.jpg

みんな元気元気!!
d0326888_2353824.jpg

樹林帯を抜けると、ピューピューと冷たい風が身にしみます。
マタエに到着し。。。
さー!!東峰へアタック開始。
岩場も凍りついていて難所が続きます。
d0326888_2323225.jpg

15分位で東峰へ到着!!やったー!!
風が強いし、寒いし長居はできなきけど頂上に来たら記念写真だよね!!
d0326888_23315591.jpg

撤退!撤退!!
マタエに帰って来てごはんです。「あー寒かった。。。」
d0326888_2334637.jpg

あー、あったかいものが身にしみます。
d0326888_23344550.jpg

あったかいもの食べたけどさみー!!
はよ帰ろう。。。
d0326888_23362859.jpg

昼飯休憩もそこそこに下山開始。
由布岳の裾に広がる広大な風景と湯布院の町がとても綺麗で不思議な感じ。
帰りに飯盛が城へ寄り道。右の人とてもいいスマイル(笑)
d0326888_23425792.jpg

下山中に由布岳の頂上を皆で振り返る。
皆の心の中は(あそこ寒かったなー。。。)
d0326888_2355757.jpg

小雪が舞う中、草原を元気よく下ります。
あれ、見間違いかな!?もみちゃんがハイジに見えてきた。
d0326888_23571291.jpg

そして下の登山口に到着。お疲れ様でした~。
下山して時計を見ると、まだ2時ぐらい。
何をしよう。。。そうだ!!ボルダリングに行こう!!
という事で大分市内のボルダリングジムへ。
d0326888_004725.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2014-01-25 23:14 | ハイキング | Comments(1)

七高山巡り Part2

d0326888_22182723.jpg

左に本河内高部ダムを見ながら妙相寺道を歩く。
d0326888_22184741.jpg

国道34号線出て、次の豊前坊を目指す。
d0326888_22191796.jpg

番所バス停先の「岩倉大明神」の鳥居が登山口である。
石段が続きの住宅街の細い道を登っていく。
上まで民家が立ち並び、この階段で生活されていると思うと感心します。
d0326888_22194454.jpg

やがて民家が途切れ登山道へと変わっていく。
赤い鳥居で岩の中に祭られた岩倉大明神の前を通ると分岐の案内がでてきた。
「ノーマル」と「プチバリエーション」コースである。
d0326888_22235271.jpg

大きな岩場が現れた。「豊前下虚空蔵堂」お地蔵さんが祭られ、壁には仏像が彫られてあった。辺りがぐるりと高い岩で囲まれ神秘的だった。
d0326888_22241170.jpg

岩場も無事にクリア。
d0326888_22243796.jpg

途中に岩登りの練習場所があるとの事で、ちょっと寄り道を。
他の山岳会がここで練習をされているそうです。
d0326888_2225036.jpg

みんな興味津々 「今度、登ってみたいね~。」
d0326888_2225362.jpg
豊前坊神社へ到着。 あれ飯盛神社??
またの名を飯盛神社とも呼ぶみたい。
d0326888_2226291.jpg

奥に ちゃんと「豊前坊神社」とありました。
d0326888_22271475.jpg

神社から下ると、鉄製の錆びた鳥居で出てくる。
右奥に鉄塔が立つ山が見えた、あそこが英彦山だ。
d0326888_22274996.jpg

石に何か 彫ってある。この階段を上がると、壊れそうな木製の鳥居があった。
英彦山神社である。(写真撮り忘れ)英彦山山頂かな?と思い気や、また下る。
d0326888_22282369.jpg

下った先には「彦山386m」の標識が。13:10
「英彦山」じゃなくて「彦山」だ。下ってからの山頂っておもしろい。
4つめの英彦山には、市街地からも見える大きなテレビ塔があった。
d0326888_22285377.jpg

さらに下ると 展望が素晴らしい岩場がある。
これで疲れも吹き飛びます! 今日はここで昼食休憩。
正面には、これから登る愛宕山が待ってくれているようだ。
d0326888_22292120.jpg

お腹も満たし、残すは3つの愛宕山、風頭山、若宮稲荷神社を目指す。
13:40出発! 下りは、林道への分岐があり、竹薮らしき道も通る。
d0326888_22305168.jpg

住宅街へと抜けたがここの住宅地をどう通ったか?もう忘れた。
正面に愛宕山が近くなった。低山で楽そうな山に見える。
d0326888_22311521.jpg

白木町を下り車道に出たところで、再び住宅街へと進む。
d0326888_22314016.jpg

振り返ると、さきほどの英彦山が見える。
d0326888_22321228.jpg

正面には愛宕山がだんだん近くなってきた。
上に見える白い家まで階段が続き、さらに山頂まで階段とのこと。
d0326888_22323966.jpg

親切にも登山口の取り付きに矢印があった。
ここで、リーダーからオーダーがでた。
「指名メンバーは山頂まで競争!」
『えっ、ダッシュですか?』  「もちろん!」
d0326888_2233867.jpg

勢いよく、階段を駆け上がって行った!
d0326888_22335562.jpg

こちらは、のんび~り ~ルンルン♪~
d0326888_22351381.jpg

コンクリート造りから石段へと変わる。
苔がついた、優しそうに見えるこの石段がきつい!
微妙な勾配に息が上がり、本日、一番の息切れかも・・・。
d0326888_22354352.jpg

山頂に居ました!居ました!ダッシュ組 凄い! nonaさん勝利! 
登山道が二つに分かれて迷ったとか(笑)
ここも愛宕山ではなく愛宕神社でした。ここで5つめ。
d0326888_22361367.jpg

愛宕神社を下ると、長崎医療技術専門校の横道に出た。
ここでちょっと道迷い。住宅地ではいくつもの分岐に出くわします。
矢太桜方面へ細い道を進み、玉木女子高校へ登り、風頭町にでた。
d0326888_22421024.jpg

ほどなくして、6つめの風頭公園に到着。
d0326888_22512978.jpg

龍馬像と一緒に「ハイ ポーズ!」
d0326888_22374768.jpg

最後の「若宮稲荷神社」へ無事に到着。(15:20)
みなさん、長い時間 お疲れ様でした!
所要時間7時間10分(休憩含む)

「七高山巡り」を全く知らなかった私は、江戸時代から伝わるお正月の登山行事として今日まで市民に愛され続けていることに感心しました。この日も、登山姿の方が同じ七高山巡りをされていた。正月明けには、もっとたくさんの方が歩かれるそうだ。
「七高山」との呼び名なので、7つの山を登るイメージだが、山頂に登ったのは、金比羅山、峰火山、英彦山だけであり、秋葉山、豊前坊、愛宕山、風頭山は大権現や神社のことであった。いつもの登山道とは違い、住宅街を通り抜け、車道などを交差しながら、日頃、目にしているあの山、この山、そして耳にはしたことがある神社などをこのような文化に触れながら歩き、名前や場所を知ることができ、おもしろい発見だった。
標高は低い山だけど、登り下りの繰り返しで階段も多く、体力を要する山歩きだったと思う。お正月に家族などで行くのもいいものですね、いつまでも、大切に受け継がれることを願いたいです。

最後に
今回、こうして無事に歩ききることが出来たのは、リーダーのJimnyさんの事前の下見と情報収集のお陰です、ありがとうございました。それでも、いくつか迷うほど、知る人ぞ知るコースだったと思います。
当初は、地図だけでチャレンジしようとしていた私たちは取り付けが分からずに断念していたに違いないです。
同じ道を通れる自信はないですが、来年、是非、行きたいです!

今年も山人にとって 良き一年でありますように ♪

d0326888_2251960.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2014-01-13 22:06 | ハイキング | Comments(3)

七高山巡り Part1

【日程】2014.1.11(土)
【コース】 諏訪神社→金比羅神社→金比羅山→峰火山→秋葉山→豊前坊→英彦山→愛宕山→風頭山→若宮稲荷神社
【メンバー】Jimny、mimimama、あきひろ、よん、momi、のっしー、ひぼ、nona、きょう、なつ、あーちゃん、マリ  計12名
【天気】曇り
【レポート】マリ

集合場所の諏訪神社に山人メンバーが集まってきた。
今日は、山人初の試み「七高山巡り」である。
d0326888_21261672.jpg

新年迎えての初顔合わせの人がほとんど。
「今年もよろしくお願いしま~す」の挨拶ともに会話が弾む。
予定時刻の8時となった。「みんな揃ったかな?」
『いや、まだ来てない人が一人・・・、もう一人 』
「えっ、だれ~??」(確か この ご近所さんのような・・・)
d0326888_2127435.jpg

はーい、全員揃ったところで 一枚。
d0326888_2127391.jpg

初めての七高山巡り出発!(8:10)新鮮な気持ちと長丁場に不安が過ぎる。
まずは諏訪神社へ 無事を祈って安全祈願。
d0326888_2129234.jpg

境内の横から道路の真ん中に大きな楠の木がある巨木ロードへ抜ける。
諏訪神社の御神木である。立山公園方面を目指す。
d0326888_21292525.jpg

長崎中学校の坂を上ると、今日行く健山、峰火山、英彦山が見えてきた。
あの山とあの山、そして あそことあそこ!こりゃ、長いわ。。
d0326888_21333714.jpg

長崎中学校前バス停前を通り、車道を上る。
d0326888_21342326.jpg

ほどなく立山公園が見えてきて公園下の坂を上る。
ここまで来ると、汗かくほど暑くなってきた。
d0326888_21352552.jpg

住宅街へ入って行く。長崎らしい坂、階段、坂・・・の繰り返し。
d0326888_21355012.jpg

今日は山とは違う感覚だね~ちょっと甘くみてる?
おしゃべりも弾みます♪ 
山の話? 植物?  いや 酒の話です!
d0326888_21362969.jpg

金比羅神社の鳥居が現れた。
d0326888_2137328.jpg

金比羅神社へ到着(8:50)手水舎の水は、氷がはっていた。
d0326888_21373855.jpg

境内を抜け、奥へ進むと広場が出てくる。しばしのトイレ休憩。
d0326888_21381031.jpg

整備されている階段を上り、金比羅山頂を目指す。
d0326888_21384682.jpg

間もなく、鳥居が見え、山頂かな?
d0326888_2139355.jpg

一つ目の金比羅山(標高366m) 到着! 9:10
d0326888_2140582.jpg

展望所からは素晴らしい展望、女神大橋、長崎港、稲佐山まで一望できた。
右奥には七高山巡りの一つとして登ることもある岩屋山も見えている。
しかし、遠いな~
d0326888_2140233.jpg

次の健山・峰火山へ向かう。
室生寺方面までは急な下りである、足元には十分に注意しよう!
d0326888_214176.jpg

途中、竹林へと変わっていく。(おっと! かぐや姫??)
d0326888_2225382.jpg

左手に室生寺が現れてきた。
d0326888_2144898.jpg

車道に出て、西山4丁目バス停へ下る。9:40
d0326888_21442613.jpg

西山ダムの堰道を渡り、仏舎利塔方面へ上る。
d0326888_2145317.jpg

ほどなく片渕近隣公園へ到着する。ここでトイレ休憩。
グランドでは、子供たちが野球やラグビーの練習を行っていた。
d0326888_21462752.jpg

グランドを半周して、健山・峰火山の登山口に取り付く。
既に「頂点」の案内があるが・・・?
d0326888_21465530.jpg

野菜畑の横をとおり、ゆるやかな道を上っていく。
こうして見ると 今日の列 長っ! 12人の大所帯です。
d0326888_21472577.jpg

竹林へと変わり、だんだん勾配もきつくなる。
途中に七面山妙光寺への案内プレートもあった。
昔は七面山も七高山巡りの一つだったそうだ。
d0326888_21481937.jpg

傾斜が続き、息もどんどん上がる。
弾んでいた会話もだんだん言葉数が減ってきた・・。 
峰火山手前の健山を目指しているが疑うほどの勾配だった。
d0326888_21485292.jpg

で、到着したのがここ。 えっ、ここが山頂ですか??
確かにポールに「健山」の文字が。
こんなに頑張ったのに展望なし。 健山(標高300m)10:20
d0326888_2231560.jpg

気合を入れ直し、次の峰火山を期待しよう!
d0326888_21492551.jpg

始めはゆるやかな稜線を登り、徐々に急な登りとなる。
d0326888_21495697.jpg

二つめの峰火山到着。(標高426m)10:35
d0326888_21502114.jpg

峰火山のかま跡。寛永15(1938)年に造られている。(1815年改築)
d0326888_2151327.jpg

しばしの休憩。エネルギーを蓄えよう!
d0326888_21512510.jpg

次の秋葉山を目指す。
d0326888_21514741.jpg

分かりやすい案内が。
d0326888_21524150.jpg

足元には、木の根が出ており、危ない、罠に注意せよ!
d0326888_2153449.jpg

「ほら、あの・・山じゃなくて 蔵開きは いつ?」
 これまた 酒の話です!
d0326888_21532748.jpg

秋葉大権現へ到着。11:30
秋葉山とは、ここ秋葉大権現のことみたい。
鳥居直下の階段を下り、次の妙相寺へと向かう。
d0326888_21535024.jpg

この苔むした石積みが 歴史を感じさせて いい感じです。
(進行方向とは逆に下から撮った写真)
d0326888_21541363.jpg

秋葉大権現から下ってくると、石門作りの妙相寺が現れる。
d0326888_21543873.jpg

長崎大水害の慰霊碑が祭られていた。

Part2につづく・・・・
[PR]
by yamabito80110 | 2014-01-13 21:13 | ハイキング | Comments(0)

1/4(土)多良岳

【日   程】 2014.1.4(土)
【登った山】 多良権現、前岳
【メンバー】 よん、たか、renko、Jimny
【天  気】 晴れ
【レポート】 Jimny

正月休みで暇してる人がいるかな?と思ってメーリングリストに流してみると、
掛かった獲物は約3匹。。。
健脚自慢が揃った(?)ので多良岳へ出かけることにしました。

多良権現付近は残雪がシャーベット状になっていて、凍っているところもあり慎重に行動しました。
前岳まで足を伸ばし、六体地蔵さんに新年のご挨拶をして来ました。

金泉寺のテーブルでお昼を食べていたら、小屋晩さんからぜんざいをご馳走になりました。

多良権現へ石段を登る
d0326888_17231110.jpg

多良権現様
d0326888_17231869.jpg

座禅岩にて
d0326888_17232448.jpg

座禅岩にて
d0326888_1723291.jpg

座禅岩にて
d0326888_17233414.jpg

前岳(本多良岳)
d0326888_17234087.jpg

六体地蔵さんへ下る
d0326888_1723452.jpg

六体地蔵さん
d0326888_17235017.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2014-01-06 17:29 | ハイキング | Comments(0)