<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

多良トレーニング山行

【日  程】2014. 9. 28 (日)
【登った山】多良 経ヶ岳・笹岳
【天 気】晴れ
【メンバー】Jimny 、mimimama、マリ、renko
【レポート】 renko

多良へトレーニングへ行って来ました。
来週の祖母傾縦走へ向けての参加3名。
基礎体力アップへ向けての参加 1名。

今日は、黒木~つげ尾~経ヶ岳~中山越~金泉寺~西野越~黒木のコースです。

つげ尾の登り。。。
本日2回目の私は覚悟しての参加!

朝からの気温もひんやりと冷たく、冬も間近だなぁと感じながら、黒木の林道を歩き始めます。
d0326888_222340.jpg


つげ尾の登り 半分くらい登ってきました。。。
ちょっと一息入れて、休憩

mama のはちまき 気合い入ってます(笑)
d0326888_23345514.jpg


また、しばらく急登を登っていくと、頭上に光がぴかー
と早くここまで登っておいでと呼んでます♪

つげ尾 到着~♪
ちょっぴり長めの休憩
シャリバテ防止に行動食を口にして、経ヶ岳へ向かいます。

経ヶ岳山頂手前の急な岩場を足元を確認しながら、登って行くと

岩場を登り上がった所に、黄色い元気な雰囲気のキリン草が咲いてました♪
d0326888_2243649.jpg

キリン草に頑張ったね!と声をかけられ、山頂へ~♪

経ヶ岳山頂には、数人、登山者の方がいらっしゃいました。
山頂ノートにマリちゃんがカキカキφ(..)
d0326888_2244344.jpg

マリちゃん ドーナツ食べながら記念撮影です(笑)

お天気も良くて、山頂からぐるりと一望できる景色は、さわやかブルーでした♪(^^)
d0326888_2252080.jpg

d0326888_2253770.jpg


山頂からの景色を楽しんだ後、次へ進みます!

しばらく下りだ~♪
と気を緩めては、いけません(笑)
登りも得意ではないですが、下りが苦手なのです(/_;)/

Jimny さんからバランスが良くないと指摘され、課題がたくさん(>_<)

暫く歩くと中山越を通過~♪
ん!?前回歩いた時は、中山越までも、まだかまだかと思いながら歩いた記憶が。。。
今回は、早く感じました。

でも、また登りです!

暫く歩いて、笹岳到着
ここで、しばし休憩

Jimny さんが 「 笹岳の山頂まで登ってみる? 」 と笹岳の山頂まで行く事に

始めは、岩場を登って行こうと取りつきの所に立ってみましたが、結構な絶壁

一人ヘルメット必要な人がいるので、普通に行こうともうひとつの取りつきへ
d0326888_2261017.jpg


とは言っても、こちらもかなりの急傾斜で足元と持ち手をしっかり確認しながら、登り上がります。
d0326888_2263862.jpg


やっと登り上がったとほっとするのも束の間

目眩がしそうな急傾斜が続いてます。ひぇー(>_<)
d0326888_2271431.jpg


山頂到着~♪展望はありませんが、マリちゃんは、気になっていたらしく嬉しそうです♪♪
d0326888_2281856.jpg


同じ道を戻り、金泉寺目指します!
d0326888_2220082.jpg


ここからの道も大きな岩がゴロンゴロンで、気がぬけず緊張感を持ちながら進みます。

岩ゴロ道を抜け、最後の急登にアクセル全開するも、なかなか馬力がでません。
前回は、エンストだったな。。。

登り上がって下に金泉寺が見えた~!\(^o^)/

一気に気持ちがリラックスモードに♪

テーブルに就いて、昼食です☆
d0326888_22203915.jpg


それぞれ水を水筒へ補給して下山にかかります

金泉寺 横に ピンクの小さな花が咲いてました!
かわいいなぁ♪♪
d0326888_222041100.jpg


ひとときの癒しをもらって、通過~♪

西野越の所で、五家原岳に行くか協議会が(笑)
スルーして黒木へ下山に決定!
ほっ(笑)

水場で喉を潤します♪
d0326888_2222123.jpg


林道へ出ました!やった!
d0326888_22223673.jpg


木々が陽射し陽に透けてきらきらして、きれいだなぁ♪♪
d0326888_22231310.jpg


多良の地形が頭に入るように、多良をゴリゴリ歩いて、体力・技術共にステップアップ目指します!

トレーニング山行ご一緒させて頂きありがとうございました!(*^-^*)




【この度の御嶽山噴火で亡くなられた方々の御冥福をお祈り致します】
[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-30 21:56 | ハイキング | Comments(0)

2014.09.26 ひぼちゃんを送ろう会

県内での異動が決まった「ひぼちゃん」を送る会を開催しました。
会場は長崎市内万屋町にある「旬彩ながや」さんと言うお店・・・
ちょっとおしゃれな感じのお店で、料理も美味しかったです。

山人メンバー14名(二次会から1名参加)で、にぎやかに食べて飲みました。
ひぼちゃんはこれから、なかなか山行には参加できなくなりそうですが、
会員登録は継続してくれるそうで、うれしい限りです。

たまには休みを取って我が家(Jimny宅)に泊り込みで来て山に行きましょうね。
そのときはママの部屋ではなく、パパのお部屋にどうぞお泊まりくださいませ。。。

d0326888_2301044.jpg

d0326888_2302151.jpg

d0326888_2302880.jpg

d0326888_2303413.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-27 23:01 | Comments(1)

9/13,14,15 槍穂縦走(北アルプス)3日目

【日  程】  2014.9.13~15
【登った山】 槍穂縦走(北アルプス) 
【天 気】   晴れ
【メンバー】 あきひろ(L)、のっしー(SB)、川
【レポート】 のっしー

さぁ最終日(3日目)の始まりです。

<本日のコース>
 北穂高小屋(3100m)→涸沢岳(3110m)→穂高岳山荘(2996m)→奥穂高岳(3190m)→紀美子平(2920m)→上高地(1500m)

食糧が少し多めに残ってたのと、朝の出発が早かったのとで、朝食は自炊にしました。
朝4時半頃起き…というか、1時くらいから周りのいびきで眠れず、4時くらいにはみんな起き出して朝食に並ぶんです。「眠らせてくれー」と思いながらしぶしぶ起きました(^^;)
外はまだ真っ暗。でも自炊の人たちは外のテラスで朝食の準備をしてます。顔を洗ってザックの準備をして、朝食の準備をする頃には空はだいぶ明るくなってました♪
d0326888_11173836.jpg


朝ご飯はカレーを食べましたよ♪ ちょっと胃には重たかったけど美味しかったです(*^^*)

さぁ出発です。
5時40分くらいに小屋を出発し、まず北穂高岳(北峰)へ。。
といっても、数十メートルで山頂です。(笑)
d0326888_1157553.jpg


そのまま涸沢岳へ。
いきなり険しい岩稜帯に突入です。
d0326888_1214822.jpg


d0326888_12689.jpg


大キレットから続くこの岩稜帯は様々な姿を見せてくれて、歩いててホントに飽きません。

歩いてみると、この稜線上で事故が多い理由が分かります。
足を滑らすと100m、200m滑落する場所が至る所にあるんです。

そんな危険な岩場ですが、景色もまたすばらしい♪
なんだか別の世界にいるようで、「すげー、すげー!」って言いながら、ずっと歩いていました。
ふと、12,3年前にこの稜線を歩きながら、同じように「すげー、すげー!」と言いながら歩いていた自分を思い出しました。
あの時は一人でしたが、今回はこの素晴らしさを共有できる仲間がいます。ホントに感謝です♪
d0326888_1223462.jpg


d0326888_1282258.jpg


d0326888_1291592.jpg


振り返ると槍が。。
d0326888_12164917.jpg


これから進む稜線も岩だらけ。。
人間が米粒みたいに岩場に張り付いてます。
d0326888_12175092.jpg


下の方に涸沢が見えてきました。
テン場がカラフルで、人も多そうですね。
d0326888_12253372.jpg


これから涸沢岳へ登っていきます。
ここから先は更に険しく、「ここプチバリエーションコースやろぉ」、「すげー」を連呼しながらみんな登ってました♪
d0326888_1232593.jpg


d0326888_12401654.jpg


d0326888_12422874.jpg


d0326888_12511420.jpg


d0326888_12514342.jpg


涸沢岳(3110m)へ到着です♪
d0326888_1254537.jpg


眼下に穂高岳山荘へ見えてきました。
下って行きます。
d0326888_12545064.jpg


穂高岳山荘へ到着です。
穂高岳山荘は、白出(しらだし)のコル(2,996m)に大正14年に建てられた歴史ある小屋だそうです。
設備も立派で、大勢の登山客が利用しています。
d0326888_12565430.jpg


ここから奥穂高岳へ登って行きます。
d0326888_1341941.jpg

d0326888_1345944.jpg


奥穂高岳(3190m)へ到着です♪
d0326888_1354591.jpg


振り返ると昨日、今日と歩いてきた稜線が。
d0326888_1311177.jpg


ジャンダルム! いつか行こう♪
d0326888_13115760.jpg


前穂の稜線♪
d0326888_13132336.jpg


さぁ、いよいよ下山です。
眼下に岳沢小屋が見えます♪
あそこまで飛んでいけたらいいのになぁ。。
d0326888_1317451.jpg


ここ吊尾根でも滑落事故が多いんですよねぇ。
気を付けねば。。
d0326888_13201688.jpg


紀美子平へ到着です♪
多くの登山客が昼食を取っています。
d0326888_13233330.jpg


ここからは、岩場の急な下りがしばらく続きます。
渋滞が心配でしたが、思ったよりスムーズに流れていました。
d0326888_1330113.jpg

d0326888_13303950.jpg


岳沢小屋に到着です!
ここで昼食(牛丼とカレー)を取りました♪
d0326888_1334146.jpg


ここからラストスパート!
一気に上高地へ!!
d0326888_13361282.jpg

任務完了です♪
d0326888_1336343.jpg


3日間を振り返ると…ホント楽しかった♪
山の景色は刻々と変わって飽きさせず、多くの方と山の時間を共有でき、仲間とお酒を酌み交わし、天気にも仲間にも恵まれてあっという間に過ぎてしまいました。
特に大キレットから奥穂までの稜線歩きは楽しかった♪
次々に現れる岩場に興奮しながら、ずっと歩いていたいなぁと思わせてくれるこの稜線が一番好きかもです♪

途中すれ違ったソロの登山者が自分たちを見て、「一緒に歩く仲間がいていいですねぇ」と言ってました。
体力、技術的にも優れた仲間と一緒に歩けるとすごく安心感があって、より一層山を楽しめる気がします。
ホント素晴らしい山行でした♪
[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-20 14:59 | 縦走 | Comments(0)

9/13,14,15 槍穂縦走(北アルプス)2日目

【日  程】  2014.9.13~15
【登った山】 槍穂縦走(北アルプス) 
【天 気】   晴れ
【メンバー】 あきひろ(L)、のっしー(SB)、川
【レポート】 あきひろ

二日目は、5時に起床
朝、槍の山頂から御来光を眺めようかと思いましたが人が多い事から山荘のテラスで
明るくなるのを見てからのんびり朝食を頂きました。
暗いうちは、0℃近かったですが、太陽が出てくると温度があがるのが分かる位暖かくなり
太陽の凄さを実感。
d0326888_21222078.jpg

<本日のコース>
 槍ヶ岳山荘→大喰岳(3101m)→中岳(3084m)→南岳(3033m)→大キレット→北穂高小屋

出発前には、槍に登る人が長蛇の列、往復2時間程掛かるそうです。
山荘を槍をバックに記念撮影をして、大喰岳(おおばみだけ)に向けて6:50に出発!!
今日の核心は、大キレット。北穂高小屋の生ビールのご褒美に向けてLet's GO~
d0326888_17343968.jpg

槍ヶ岳山荘のテン場を通過~  夜は、寒かったことでしょう。
d0326888_17442097.jpg

大喰岳が見えてきました。ここから見ると随分近い感じ
d0326888_1737250.jpg

22分歩いて今回3000m超のピーク二つ目、大喰岳到着
後ろを見ると昨日宿泊した槍ヶ岳山荘と槍がいい感じに見えます
d0326888_17361044.jpg

少し休憩して出発
d0326888_17363971.jpg

中岳の登り、なかなか手ごたえありそう。山頂には人が見えました。
d0326888_17372783.jpg

中岳到着、3000m超のピーク三つ目
d0326888_17384057.jpg

d0326888_22213845.jpg

d0326888_2222595.jpg
d0326888_22224112.jpg

今回、4つ目のピーク 南岳
d0326888_22232577.jpg

下に南岳小屋が見えてきました。今日の昼飯の場所です
d0326888_22354061.jpg

腹ごしらえをして本日の核心、大キレットに向かいます。
初めてなんでどれくらいのレベルなのかワクワク想像が膨らみます。
d0326888_22251028.jpg

獅子鼻から、大キレットの全貌を眺める。どこから降りるんだろう
標高差は、南岳側が286m、北穂側が352mらしい
d0326888_2227273.jpg

下りのルートに取り付いて、大キレットスタート
d0326888_22283730.jpg

いきなりの急勾配もなく徐々に高度を下げていきます
d0326888_22303853.jpg

少し進むと鎖の急勾配が出てきた
d0326888_22275521.jpg

長谷川ピークにて小休止。絶景で気持ちがいい
d0326888_22375892.jpg

鎖場を慎重に進んでいきます。難所の飛騨なきは、どこから何処までなのかよくわからなかった。
d0326888_22393113.jpg

d0326888_22403530.jpg
d0326888_22411838.jpg
d0326888_22421785.jpg

d0326888_22424268.jpg

登り詰めて、北穂高小屋に13:00到着。今日はここに宿泊なので、一番に生ビールで乾杯
ビールの味は、今までで一番最高に美味しかったです。
北穂高小屋・北穂高岳からの絶景をご覧ください。
d0326888_22432967.jpg
d0326888_22442243.jpg
d0326888_22451821.jpg
d0326888_2247440.jpg
d0326888_22483134.jpg
d0326888_2249490.jpg
d0326888_22525855.jpg
d0326888_22532374.jpg

北穂高小屋は、山頂から6m登れば、北穂高岳(3106m)でよくこんな所に小屋を建てたなと
思うくらいよい場所にあります。あと食事が美味しい。
3日目は、上高地までの長丁場なんで夜明けと共に出発するため、早めに就寝
おやすみなさい・・・・

3日目につづく。
[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-20 14:58 | 縦走 | Comments(0)

9/13,14,15 槍穂縦走(北アルプス)1日目

【日  程】  2014.9.13~15
【登った山】 槍穂縦走(北アルプス) 
【天 気】   晴れ
【メンバー】 あきひろ(L)、のっしー(SB)、川
【レポート】 川
【コース】上高地バスターミナル→河童橋→明神→徳沢→横尾→一ノ俣→槍沢ロッジ→
 ババ平→水俣乗越分岐→天狗原分岐→グリーンバンド→槍ヶ岳山荘


9月の連休を利用して山人男3人北アルプスへ。。。。今回の山行目的は
『北穂高小屋でおいしい生ビールを飲もう』ではなく・・・・・・・真剣に
『北アルプス岩稜の槍穂縦走を経験し雄大な山を感じる』です!
それではレポート開始!!

9月12日の夜から長崎を出発し飛行機、夜行バス等を利用し上高地バスターミナル
へ到着。多くの登山者で賑わいます。正直人の多さにビックリ!!
d0326888_12481842.jpg
少し歩いて北アルプスの山々を眺めながら朝食をとります。
d0326888_12485779.jpg
腹ごしらえを終えいよいよ入山です。
d0326888_12554125.jpg
途中、綺麗な沢沿いの登山道を進んでいきます。
d0326888_12542002.jpg
横尾に到着!一息つきます。ここまでは平坦な道のりで息もそう上がっていません。
d0326888_12530466.jpg
本日の工程は標高1500mからスタートし3000m付近まで登り上がります。
高低差1500mはなかなかハードです。。。。。。!!
d0326888_12570700.jpg
d0326888_12592044.jpg
見えました!槍の穂先が!!テンション上がらない訳がない!!!
d0326888_13021489.jpg
最高の景色にシャッターが止まりません。
d0326888_13045111.jpg
d0326888_13053306.jpg
しばらくして槍ヶ岳山荘へ到着。目の前には堂々と鋭利な形でそびえ立つ槍ヶ岳の雄姿!
山荘に荷物をデポして山頂を目指します。
d0326888_13061933.jpg
d0326888_13074775.jpg

d0326888_13102511.jpg

d0326888_13093517.jpg

山頂でパチリ!みんな良い顔してますね♪
d0326888_12470255.jpg

山頂からの絶景・・・
d0326888_13143985.jpg

d0326888_13120349.jpg

山荘に戻り・・・・1日目の山行終了。。。。。2日目・・3日目へ続く・・・・

『初めてのアルプスを体験しての感想』
先ず初めに言いたいことは、仲間に恵まれ、天気に恵まれ無事達成することが出来ました。
そして行く前から情報提供して下さったjimnyさんをはじめ山人の仲間たち・・・・・
ありがとうございました。貴重な体験をこの3日間の山行でギューッとさせて頂きました。
自分が1番印象に残ったのは穂高エリアでの鎖場と梯子の数々!岩稜の山域と事前に聞いて
はいたが実際に行ってみると訳が違う。ガレた斜面とほぼ垂直の岩場の連続は生きた心地が
しなかったです。しかしそれ以上にアルプスで得るものは色々あると思います。
何が1番良かったかって?1番がいっぱい有りすぎてうまく言えません。チャンスがあれば
アルプスで自分の1番探してみて下さい♪おしまい。。。。

[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-20 14:57 | 縦走 | Comments(0)

9/14,15 九重山行

【日  程】2014.9.14~15
【登った山】九重 立中山・久住山 
【天 気】9/14晴れ 9/15曇り
【メンバー】Jimny(L)、mana、miko、renko、あーちゃん、セイコー、ひぼ、マリ
【レポート】マリ

9月の3連休、我が山人では、男性3人が北アルプス槍穂縦走へ12日から出発した。
一方、これに負けずと女性を中心とするメンバーで九重へと向かった。
女性6名に 男性、(おっさん?)2名 の計8名です。
坊がヅルテント泊をしたい気持ちは山々でしたが か弱い女性ばかり(^。^)y-.
なので、今日は法華院温泉のバンガロを予約しました。
長崎を7時前に出発し、高速で九重ICまで走り、仙酔峡を通り、長者原を通過した。だんだん登山者の姿も多くなり、牧ノ戸へ向かう車道には長蛇の列の路駐にびっくりした。
私達は沢水登山口から登る予定で竹田方面へと向かった。1台を下山口の南口へデポして、「レジネイトクラブくじゅう」付近から出発です。
みんなで共同装備や食材を分担して、さぁー 出~発!
今日は青空、もう秋風なのか? 風が気持ちい~い
d0326888_12581022.jpg

舗装道をしばらく歩くと、登山口を発見。沢を渡り、一気に登山道へと変わった。
d0326888_1363950.jpg

桜の木がたくさん植えられた森へと変わっていく。
足元の階段は、伐採された桜の丸太で作られていた。
しばらくすると、杉林へと変わり、「法華院」「鉾立峠」への案内がしっかりとあった。
d0326888_13315722.jpg

今回は初めて大きなザックを背負っての山行の人が多い。10~12㎏程の荷物を背負って歩く。
d0326888_1348189.jpg

なだらかな登山道もだんだん勾配がでてきた。今日は、トップをみんなで交代しながら歩く
d0326888_13561193.jpg

鍋割峠へと向かう鍋割坂は名の通り、息が上がった。
d0326888_1359672.jpg

頑張って歩くこと、鍋割峠へ到着し、ここで小休憩とした。コケ岩が涼しく感じさせてくれる。
d0326888_1405046.jpg

佐渡窪へとでた、ここは湿原地で木道を歩く。雨の日は歩けないのか?迂回路もあった。
d0326888_147820.jpg

d0326888_1494668.jpg

辺りはすすきが伸び、紫のアザミが元気よく咲いていた。
生い茂った草をかき分けて進んで行くが、アザミのトゲがチクチクと痛い
d0326888_1414407.jpg

d0326888_14174926.jpg

白口岳を横目に進むこと、登山道の足元が石へと変わった。
d0326888_14194388.jpg

だんだんスピードが落ちてきた。シャリバテかな?? 
昼食休憩までもうちょっとです、ガンバ!
d0326888_14204726.jpg

頑張って歩き 鉾立峠へ到着!
d0326888_14242928.jpg

その頃、北アルプスメンバーから北穂到着の連絡が入った。
LINEで互いの画像を送り、仲間の無事を確認しみんなで喜んだ♪
d0326888_14281422.jpg

ここで昼食休憩とした。それぞれに好きな物を美味しそうに頬張って。
そうです、山では頑張った自分へのご褒美のようなもの!
d0326888_14391039.jpg

お腹を満たし さぁー、立中山へ ピストンです。
ピストンならば!と 下の写真 よーく 見てください。
誰かさん ザックを草むらに 隠してます(笑)
d0326888_14383770.jpg

d0326888_1444765.jpg

大船山を大きく見ながら 立中山へと進む。
d0326888_14445268.jpg

20分程度で立中山へ到着!大船山をバックに一枚!
d0326888_14455447.jpg

くじゅう連山の山々を眺め、先程の鉾立峠へ下山です。
d0326888_14473676.jpg

もう ここまでくると 頭には 「ビール」 の2文字しか ありません。。(ーー゛)
急げ! 急げ! 法華院へ GO!
d0326888_1451238.jpg

法華院までは下りです。
初めて法華院、坊がヅルへ行くメンバーもテーション上がります!
d0326888_1454273.jpg

d0326888_14544685.jpg

今日は、女性メンバー揃い、山人グルメシェフがご馳走を作って下さるようで夕食がとても楽しみ。
ザックはそのために膨らんでいるのです!
歩くこと、見えてきました 法華院のテント場!
d0326888_1458897.jpg

ついに見えました 坊がヅルと平治岳! 着いた~~ぁ!
やっぱ いいね~ この景色  最高! くじゅ~う♪
d0326888_15058.jpg

d0326888_155188.jpg

じゃー、みなさん、受付してきますので、待っててくださいね~!
d0326888_1561815.jpg

バンガロを予約してたけど、ログハウスを覗いてみると・・
良さそうなお部屋じゃないですか~ >゜))彡
どうせなら!と、ちょっと奮発してログへ変更しました。
受付してベンチへ戻ると・・・・
この お二人  早っ!!
d0326888_1594583.jpg

法華院温泉のすぐ横で便利な場所でした。2階建のかわいいログハウス。
d0326888_1519468.jpg

d0326888_15183553.jpg

荷物を下し、食事担当の皆さんは下準備です。
今回、私はらくさせて頂き、サポート側でした。
メニュー献立、買出し、作ることまで全て8・9期のメンバーのみなさんにお任せしました。
食材がとてもおしゃれで今までの献立ではなかったメニューのようでとても楽しみ☆彡
野菜などをみんなで切って準備です、「海鮮トマト鍋」だとか・・・。
d0326888_15201152.jpg

みなさんが準備して下さってる間に、私とひぼちゃんは失礼して先に温泉に行かせてもらうことに・・・・そんなログハウスでは トマトがない! トマトはどこ??。。誰が担いだ??と大騒ぎ!
「確か・・今日はトマト鍋だよね ?? 大丈夫かな??(笑)」と 温泉へ向かった。。
温泉も気持ちよく、最高です!
さぁー、北穂のテラスに負けずと 法華のテラスで乾杯!
d0326888_17423215.jpg

遠くの坊がヅルにもカラフルなテントがたくさん見えます。
手前の法華院温泉のテント場にもテントが並び、それぞれに楽しまれてました。
そして、偶然にも、パラさんに会いました。お嫁さん連れて、初めて坊がヅルでテント泊に来られたそうです。パラさんとは、山で何度か偶然に会うけれど、まさか くじゅうでも会うなんて、嬉しいですね!
d0326888_932812.jpg

みんなも順番に温泉に入り、料理を作ります。美味しそうな香りが辺りに広がりま~す。
クラッカーピザ!おつまみが良く 酒がいけますね!
d0326888_15312815.jpg

manaシェフもビールで一杯!今回の献立、食材選び、調理まで考えてくださいました。
d0326888_15341593.jpg

海鮮トマト鍋 海鮮、セロリ、キャベツなど野菜たっぷりのイタリア風です。
セロリとバジル風味が効いてとても美味しかったです!
d0326888_1533479.jpg

食べる方も気合入れてエプロンして待ってます(笑)
d0326888_155037.jpg

d0326888_15445693.jpg

トマト鍋の最後にパスタも入りました。
余った食材を活かし、更にボンゴレパスタも出来上がりました!
食べることに夢中でカメラ撮り忘れました(>_<) ゴメンナサイ!!
美味しかったです!!(#^.^#)
食べ終わった頃に時計を見るとまだ18時。。夜は 長いね~
デザートにパンケーキも!! 贅沢な山ご飯でした☆彡
d0326888_15491883.jpg

日も沈み、暗くなってきた頃に、ログハウスにお客さまが見えました。
Jimnyさんの昔からの山仲間だそうで、3名の方がお見えになりました。
偶然も偶然だそうで、それぞれが九重に来られて法華院の入口でバッタリ会ったそうです。
不思議な感じですが 世間で狭いなぁ~と感じます。
それぞれに自己紹介をしました。
d0326888_1643757.jpg

d0326888_1681572.jpg

山人(娘?)きれいどころ揃っての楽しい宴も21時まで続きました~。
期待していた星空は見えなったけれど、法華院の夜はテントの灯りが遅くまで灯されていた。
私達のログハウスも22時過ぎに消灯へ。
部屋の明かりを消したその時 また 大騒動! 部屋に入ってた虫が暴れだしたのだ!!
おやすみなさ~いzzzz

2日目
朝、5時に目が覚めた。外を見ると ガスって雲り模様です。
朝の法華院を散策しました。6時頃にみんな 起きて朝食の準備に取り掛かりました。
昨夜のスープにご飯とチーズ、ウィンナーを入れてトマトリゾット。
チーズ濃厚で美味しかったです!
d0326888_1619717.jpg

d0326888_1619489.jpg

朝食を済ませて 準備をして 7時50分 出発!
法華院山荘の裏へと進み、堤防横の急坂を登ります。
d0326888_16224370.jpg

ガスって景色は良くなかったけど、坊がヅルと法華院が眼下に見えた、
さようなら また、来るね~
d0326888_16233080.jpg

だんだん、登りが急になってきた。
ここで 祖母傾へエントリーしているメンバーは練習の為にスピードを上げて先を行くことに。
重いザックが堪えます、汗を吹きだしながら 歩くこと 北千里ヶ浜へ到着
d0326888_16302898.jpg

みんな揃って 久住山へ向かう
d0326888_16315482.jpg

だんだんと登りになってくる。曇でガスって この先 視界も悪くなりそうだ
d0326888_16364592.jpg
d0326888_16375744.jpg

展望はなかったけれど 山頂で一枚!
d0326888_16465349.jpg

今日はもう下山するだけ。視界も悪く 雨も降りそうなので、早めに昼食にすることに。
d0326888_16482634.jpg

ベトナム料理の「フォー」をご馳走になった。冷えた体が温まる。
d0326888_16493290.jpg

高菜チャーハン(日本風)、カレーピラフ(インド風)も。美味しかった!
d0326888_16505992.jpg

満腹になった、ここからは稲星別れへ向かい南口へ下山する。
とその時、一瞬だけ 雲が切れ、天狗や中岳が見えた!
また 今度 おいでね!と言われているようにも見えた。
d0326888_16542434.jpg

急な坂を足元に注意しながら下山です。
d0326888_16553670.jpg

竹田市を眼下にみながら進みますが 今日は ちょっと見にくい。
本当なら、熊本県 阿蘇方面 阿蘇山、根子岳を正面に見ながら下れるとのこと。
本ルートは久住へ登る最も古いコースとのことで、昔はメインルートだったようですが現在はあまり利用する人もいないようで、トップで行った私は、生い茂った草とクモの巣との戦いでした(>_<)
途中から九重らしい黒土に変わりました。
d0326888_1723273.jpg

滑り易い粘土質の足元に何度も滑りそうになり 尻餅だけは避けたい黒土だった。
ずいぶん下ること、視界もだんだん良くなり竹田市が見えた。
d0326888_175238.jpg

2時間以上、ひたすら下り続けた。九十九折に下る下山道、次から次へと森の景色が変わる。
d0326888_1765437.jpg

緑がきれいな森の中で森林浴を楽しんだ。
d0326888_1774243.jpg

無事に南登山口へ下山しました!
d0326888_17101229.jpg

そばの草原では乗馬を楽しんでいた。カッコいい! 九重らしい風景でした!
d0326888_17114527.jpg

下山後はレジネイトクラブくじゅうの温泉で疲れを癒しました~♪

で、やっぱ、くじゅうと言えば これでしょ!! と、ガンジーファームに立ち寄って!
d0326888_17125282.jpg


今回の山行は 山でのグルメ旅でした!
今回は献立から買出し、調理までみなさんにお任せして、この私はお任せ気分で楽しませてもらいました。いろんな国のバリエーションに富んだ献立で、全てがとても美味しかったです!食材も残すことなく、一日目と二日目を上手に有効に考えられており、安く、軽く、美味しく、無駄なく工夫されていたと感心いたしました。
また、山行では、みんなが順番でトップを経験しpartyとしてのペース配分などを考えながら歩くこともいい機会であったと思いました。
これからの山行への課題などもそれぞれに気付いた点も多かったと思います。
それぞれが役割を分担し、みんなで一つの山行を無事に終えたのは楽しく嬉しいものです。
これからも、みんなで楽しい山行が計画できたらと思います。
食料担当を中心に頑張ってくださったmanaさんをはじめ、ほかの皆さんにも心より感謝します。
美味しかったです!またお願いします!
セイコーシェルパ 次は軽量化でお願いします!

そして今回は素敵な出会いもありましたね、Jimnyさんのずっと昔からの山のご友人にも偶然に会いました、それも一人ではなく、当時のメンバー3人がたまたま同じ場所で会うというのは、共通の趣味を通じての素晴らしい出会いだなと感心させられました。これも何かのご縁だと思います。今後に続きますことを願いながらも、また、私もどこかでご一緒できたらと思います、楽しい時間でした、ありがとうございました。

2日間、楽しかったです、ありがとうございました。
お疲れさまでした♪

で、トマトは??
[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-17 07:16 | テント泊、小屋泊 | Comments(3)

9/7 雲仙ハイク

【日  程】2014.9.7(日)
【登った山】雲仙
【天 気】雨&晴れ
【メンバー】mimimama、よー、renko、あーちゃん、セイコー、マリ
【レポート】マリ

久しぶりの晴れ予報に期待して6人は雲仙へ出発!
しかし、雲仙に近づくに連れて、ワイパーを動かすことに また 雨??
池ノ原園地に到着し準備して出発!
d0326888_1057541.jpg

今日は山人入って初めて雲仙に登るセイコーさん、来週の九重に向けてトレーニングの人、山が久しぶりの人と・・それぞれです。
池の原園地からの急な坂をゆっくりと登ります。
d0326888_1132461.jpg

雨がだんだん大粒になり雨具を着るかどうか迷いましたが、この時期の雨具は暑くて着るほうが蒸れて濡れてしまいそう。ここは着らずに進むことに。30分ほどで仁田峠へ到着した。
ガスにかかった仁田峠の駐車場は観光客がぼちぼち。
空の奥には青空も見え、晴れてくれる事を期待してあざみ谷を目指す。
d0326888_11124945.jpg

雨でしっとりとした登山道も緑がきれいです。
ソバナやアザミが展望のない私達を元気付けてくれました。
だんだん息も上がること もみじ茶屋でしばしの休憩し、新道へと向かった。
d0326888_1119816.jpg

新道では所々 足元からスーッと涼しい風が気持ちいい~
風穴に到着し 初めてのセイコーさん 自然クーラーに感動!
d0326888_11353134.jpg

d0326888_11523298.jpg

立岩の峰へと進むも、これまた急な段々に息が上がりま~す。。
ガスってた視界もスカッと切れた。真近で見た平成新山に セイコーさん 驚き!!
d0326888_115455100.jpg

普賢岳へと進みます。
ススキがお顔をだしてました~ もう秋なんだなぁ~・・・ 
d0326888_1157095.jpg
 
道中はガスがかかったり、切れたりと山は本当に変わりやすい。
d0326888_1231089.jpg

頑張って歩くこと 普賢岳へ到着!
平成新山とのショットはどうにか撮れた、ラッキー!
d0326888_1243953.jpg

ここで昼食休憩とし、今日は登山者も多く賑わっていた。
食後には コーヒーを入れて ひと時を楽しんだ♪
d0326888_1275813.jpg

満腹になった重たい体に気合いをいれて下山開始。
d0326888_12961.jpg

d0326888_1294390.jpg

もみじ茶屋への分岐へ戻った。さぁー どうする??
(しぶしぶ??)妙見へと進む・・・。
思いも外・・急な登りにヒィー、ヒィーと息を上げ 会話もない。。
d0326888_12155986.jpg

ふり返ると 先ほどまで居た 普賢岳が もう あんなにも 遠くに見えた。
d0326888_12174968.jpg

期待した妙見からの下りの展望はガスで見えなかった。
けれど、シモツケソウの鮮やかなピンクがとても可愛く和ませてくれた。
d0326888_12234622.jpg

仁田峠でまた雨が降ってきた。さぁ~池の原園地まで もうひと頑張り!
雨で滑りそうな下りを注意しながら歩き 池の原園地へと無事に下山した。
d0326888_12204174.jpg

もう 秋もすぐ そこまで・・次は 紅葉の雲仙におじゃまするのかな~♪

皆さん、お疲れ様でした~!
[PR]
by yamabito80110 | 2014-09-08 11:36 | ハイキング | Comments(0)