<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月26日(日) 鷹ノ巣山

【日  程】2014.10.26(日)
【登った山】鷹ノ巣山
【天  気】晴れ
【メンバー】マリ、あきひろ、miko,、あー、なつ、よー
【レポート】よー

秋も深まってきましたね。
今年はどんな紅葉に会えるかな?
さて、今日の目的地は福岡県の鷹ノ巣山。
ビュートと呼ばれる火山地形で、三つの岩峰から成り、山全体が国の天然記念物に指定されている。
登山の危険度、4を一番危険とする場合の3段階。(ひぇー、だいじょうぶかなー。)
不安と期待が渦巻きます。
7:30喜々津を5名で出発。前日、久住に登っていたあきひろさんの待つ、添田町の高住神社へ向かいます。マイちゃんが急な扁桃炎で来れなくなったので、今日のメンバーは6名です。(残念でしたね)
10時過ぎに高住神社駐車場に到着、あきひろさんは辺りを散策中でした。
d0326888_10191496.jpg

高住神社より500m先にある停車場から出発し、林道へと入っていきます。
d0326888_10264691.jpg

林道を少し歩き、すぐに植林の森に入ります。いきなり急登です!
d0326888_10271559.jpg

案内板がありました。今日のコースそのままです。アップダウンの繰り返しが大変そう! 
(帰りは巻き道がありますよー)
d0326888_10293934.jpg

出ました!危険度3の噂の岩場の始まりです!気を引き締めてロープを握り登ります。
d0326888_1031513.jpg

ロープの道が続きます。 ひたすら登る! 登る!
d0326888_10323451.jpg
 
登り始めて20分で、一ノ岳に到着。 快調なスタートです。
d0326888_10332987.jpg

下りも続く、ロープの道です。
d0326888_10383941.jpg

d0326888_1120585.jpg

こんな道、やせ尾根というのかな?恐竜の背中を歩いているようです。
左右に滑り落ちないよう気をつけて進みます。
d0326888_10393338.jpg

小さなピークをいくつも登ったり降りたり・・・(二ノ岳はまだかなー)
おっと! 目の前にたちはだかる大きな岩!据え付けロープだけでは登りにくい。
シュリンゲ3本をつないで安全確保。
d0326888_10452054.jpg

登り上がると 展望が開け、目指す二ノ岳、三ノがすぐそこに!
d0326888_10415852.jpg

ようやく二ノ岳到着。
d0326888_1042275.jpg

またもや手強い岩場の下り、危うく宙吊りに!  用心、用心!
d0326888_10461085.jpg

突如現れた天に向かって続きそうな橋のような岩尾根! その先には三ノ岳が!
d0326888_10465260.jpg

一気に三の岳に続く尾根かと思いきや、登山道は右下に下り、三ノ岳はもう少し先でした。
d0326888_10471774.jpg

いつの間にかお昼もとうに過ぎ、おなかも空いてきたので、登頂前にここでランチタイム。
d0326888_10475792.jpg

登山の前に道の駅で買った地元の人の手作りのお弁当、おいしかったなぁ~♪
d0326888_10484732.jpg

おなかいっぱい、元気回復、いざ三ノ岳へ!
d0326888_10491929.jpg

今日最大の岩場でしょうか。 出だしの一歩がなかなか厳しい! よいしょっと!
d0326888_10495939.jpg
 
ここにもシュリンゲとカラビナでロープを作ってもらいました。
一か所サポートしてもらうことで、何とか登ることができました。
d0326888_11102066.jpg

三ノ岳到着。アスレチックコースを完全走破したような達成感です!
皆さん口々に、以外に面白かったねー!
ここまで昼食を含め3時間、思っていたよりかなり時間がかかりましたが、それだけ中身の濃いワクワクドキドキの道のりだったと思います。
さあ、下山。途中で英彦山の北岳を眺め。
d0326888_1195743.jpg

最大の岩場、今度は下りです!
岩に挟まりそうになりながら、しっかり足場を確保して、そろそろと降りていきます。
d0326888_1110473.jpg

帰りは巻き道で楽チンと思っていたら、油断は禁物!緩やかにアップダウンを繰り返しながら少しずつ下っていきますが、滑りやすかったり、道が紛らわしかったり、倒木が多く大きな木をまたいだり、くぐったりと、アスレチック要素はまだまだ続きました。
倒木が多いのは自然がそのまま残されてる証拠かな。
時折鹿の鳴く声も聞こえましたよ。
ケルンで道を確かめて・・・
d0326888_11114188.jpg

葉も色づき 真っ赤な落ち葉・・
d0326888_11122975.jpg

日に映えると紅葉が一段と綺麗です。
d0326888_11125446.jpg

不思議な木を発見。仲良しの木と命名
d0326888_11131712.jpg

延々と続いた長かった巻き道
d0326888_11133952.jpg

15時に無事に下山して高住神社へ戻り、みんなで散策。
d0326888_11142849.jpg

神社境内の天狗杉。
山人の輪(和)で囲み、無事の下山を感謝し、次は英彦山へとの思いを胸に刻みます!
(この神社に英彦山への登山口があります)
天狗杉の樹齢は850年から900年。6人で手をつないでちょうどの幹周りでした。
d0326888_11161830.jpg

登り始めた時は、あまり時間がかからずに戻って、物足りなかったら、英彦山の北岳まで行けるかなとも話していたのですが、なんのなんの、鷹ノ巣山だけで、十二分に楽しめました。山あり谷あり岩場あり。決してあなどれない冒険心をそそられる魅力あふれる山でした。
登る前は少々不安もありましたが、あきひろさんやマリさんのサポートのおかげで安全に楽しく登ることができました。ありがとうございました。
参加された皆さん。お疲れ様でした。
合言葉は“次は英彦山へ!“ またがんばりましょう!
[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-29 10:42 | ハイキング | Comments(0)

20141018岩登り

長崎市内の岩場で岩登りのトレーニングを行いました。
当初は権現岩で初心者対象の岩トレの予定でしたが、
初心者が集まらなかったので長崎市内の風頭山の岩場に変更しました。
メンバーは、あきひろ、マリ、renko、mimimama、Jimnyの5人。

この岩場のメインルートの2本にトップロープをセットして、それぞれのレベルに応じたルートを登りました。
d0326888_185029.jpg

d0326888_185914.jpg

d0326888_1851719.jpg

d0326888_1852359.jpg

d0326888_1853145.jpg

d0326888_1853888.jpg

日ごろは、アリーナや野岳、牛首岩など限られたところでしか岩登りをしていませんが、
それぞれの岩場には、それぞれの個性や特徴があります。
いろいろなエリアを登ることで本当の力が付くのではないでしょうか。
これからもたくさんの岩場でたくさんのルートに触りたいものです。

この日の翌日に国体のクライミング競技を応援に行きました。
登れないなりに、モチベーションだけはアップしたかな???
[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-19 18:13 | 岩登り | Comments(0)

10/18~10/19 岩屋山夜景キャンプ

【日  程】2014. 10. 18~19
【登った山】岩屋山
【天 気】晴れ
【メンバー】Jimny 、あきひろ、mana、マリ
【レポート】 マリ

朝晩 ずいぶんと寒くなり、いよいよ秋到来!
紅葉が楽しみな時季となりました。
秋と言えば、ススキ、お月様、コスモスなどなど、いろんなものが頭に浮かびますが、今回はちょっと変わった企画です。
長崎市の夜景を眺めよう!と岩屋山夜景テント泊に出かけました。
d0326888_1543635.jpg

今回、集まったのは4人。
途中、買い出しです、飲むこととなれば食材選びに飲み物選びと真剣です。
登山口で荷物を分担し、パンパンに膨らんだザックを背負って出発です。(17:00)
1泊なのに いつも以上の荷物の多さは何なのでしょうか????
d0326888_15114882.jpg

こんな夕方に山に登ることはありません。
いつもの岩屋山に新鮮さ感じながら、ザックの重さが堪えます(笑)
肌寒いほどだったけれど、すぐに汗が噴き出し息が上がります。
ベンチでしばしの休憩タイム。
d0326888_15163169.jpg

足もとにはどんぐりがたくさん落ちて秋を感じます。
だんだん、薄暗くなり、山頂まで明るいうちに着きたい。
重いザックに振られそうになりながらも登りました。
途中、イノシシさんがほじくり返しているような跡がたくさん。
今夜、我らのテントを襲われないだろうか???
d0326888_15324490.jpg

夕暮れの景色がとても美しかった。(小江原方面)
d0326888_15333755.jpg

山頂へ到着!
d0326888_15353662.jpg

長崎市街もきれいな大パノラマです!
d0326888_1536661.jpg

この時間に山頂は誰も居ませんでした。さぁ、さぁ、今日の宿造りです。
だんだんと眼下は夜景になり始め、黄昏れます。
d0326888_15453317.jpg

準備が出来た人から、次々に プシュ! 乾杯!
今夜は寄せ鍋に、タコ刺し、鶏のたたきセットです。
d0326888_1548655.jpg

辺りはすぐに暗くなり、夜景モードへと変わりました。
d0326888_1550926.jpg

凄------------い!の一言。
めっちゃめちゃ、最高です!(写真ではなかなか写りが悪いのが残念・・・)
d0326888_1551382.jpg

贅沢な夜景でお酒も進み、お腹も満たし大満足のメンバー。
時計を見ると まだ19時。こりゃ、早いわ!(笑)
こんな夜景を見ないのは、もったいない と。
「他のメンバーは 今頃 何ばしよっちゃろか~?」と気になった。
ならばと、電話してみることに。(笑)
d0326888_198291.jpg

結果  お仕事中だった方、デート中の方、夢彩都で買い物の方、早朝ゲートボールに行く予定の方?、応答がなかった方・・・とそれぞれでした。(笑)
(お仕事中だった方 ゴメンなさいでした。。。)

心地よい酔いに会話も弾む中、??お月見だんごを作って 一次会終了です。
寒くなったのでテントの中へ移動し二次会です。
d0326888_1621956.jpg

宴は日付が変わる前まで続きました・・・

朝4時、テントの外から足音が聞こえてきた。数名の若い男性陣の声が聞こえ始めた。
こんな 早朝に登山者??? 
すると5時にもまた 別の男性グループの声が聞こえてきた。
岩屋山にも、早朝に登られる方がいるもんだと ちょっとびっくりでした。
何かイベントでもあってたのかな?
6時過ぎにテントから出てみると きれいな太陽が昇ってました!
d0326888_1644566.jpg

d0326888_16454946.jpg

昨日の夜景とは また違った景色に感動でした。
岩屋山 バンザーイ!??
コーヒーをいれて 朝陽を存分に浴びました。
朝食は昨日のお鍋にうどんを入れました。
d0326888_1649214.jpg

7時近くになると ぼちぼちと登山者も山頂へ登って来られました。
想像していた以上の夜景と御来光の展望に大満足のメンバーは、後片付けをして山頂を後にしました。
d0326888_1910398.jpg

d0326888_1654532.jpg

途中、ダンギクを見つけに行きましたが ちょっと 遅かったようで 残念。。

近くの里山で 夜景にご来光にと贅沢な時間を過ごすことができて感動でした!
また このような 変わった企画も楽しみましょう!

8時に過ぎに下山し、今日は国体の山岳部(ボルダリング)へ応援です!
お疲れ様でした(^^♪
[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-19 15:20 | ハイキング | Comments(0)

2014.10.5 初めての多良山行

【日  程】2014. 10. 5 (日)
【登った山】多良 経ヶ岳
【天 気】くもり
【メンバー】Jimny 、mana、よー、マイ
【レポート】 マイ

<本日のコース>
黒木駐車場→舞岳→経ヶ岳→金泉寺→八丁谷→黒木駐車場

報告レポートが遅くなり非常にひじょーに申し訳ないと思いつつ・・・
やっとこさの報告でございます。

本当は背振縦走の計画があったこの日。
降水確率高くなり中止になった背振山行だったのですが、多良行くよー、行ける人だけでもーってことで参加して参りました!

4ヶ月ぶりの山登り、というか山人に入会して初めて(笑)の山登り!!
とてもとても楽しかったです。

みんなで地図読み。現在地確認しながら進みます。
d0326888_1743599.jpg


まずは舞岳へ!途中、どんぐりの赤ちゃん見つけて喜んでたのは私だけでしたw
d0326888_2121447.jpg


途中危険箇所はこうやって安全確保を!との訓練もしながらぐいぐい進みます。
d0326888_2124556.jpg


途中展望の開けたところで休憩したり、お花の山だーとおしゃべりしたり。
d0326888_21454868.jpg


初めての山に(主に私だけ)大興奮しながらいざ山頂へ!プチバリエーションでめちゃ楽しくて楽しくて顔がゆるみっぱなしでした(*´꒳`*)♡

初めての経ヶ山。ノート書いてきました♡
d0326888_21262123.jpg


金泉寺へ向かう途中も安全に、安全に。
歩荷トレのmanaさんも足下確認しっかりと慎重になります。
d0326888_21322886.jpg


多良は本当にお花の山でとってもイイ山!
渓谷がしっかりしてて地図読みも楽しくて、この先には何があるんだろう、この先にいったらどうなってるんだろう、ばかりを考えながらハイクハイク〜。
(例えばこのソーメンの滝。かわいくてとても感動したのですが、この先の源頭がどうなっているんだろう、とか超興味しんしんです!)
d0326888_2135938.jpg


山頂では風も強かったしそそくさと金泉寺へ。
山小屋は冬支度を始めててとってもいい雰囲気!
d0326888_21394045.jpg

おいしいお水で淹れたコーヒーは最高でした!!

地図読み楽しい!山楽しい!もっと行きたい!!!!
と、やはり山はいいなぁ、と感じた一日になりました。

バリエーションをしたいのでもっともっと地図読み、現在位置の確認、しっかり勉強していきたいと思ったいい山行でした!

下山時には今後の山目標も決まり、まずは体力落とさないように今後も行ける山行には参加したい!
またぜひぜひ多良に行かねば!!!!とおもいました♡

みなさま、お疲れ様でした&ありがとうございました!
[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-13 21:46 | ハイキング | Comments(0)

2014.10.11 雲仙牛首岩で岩登り

【日  程】2014. 10.11 (土)
【登った岩】雲仙牛首岩
【天 気】晴れ/曇り
【メンバー】momi、mana、、mimimama、Jimny(L)
【レポート】 Jimny

せっかくの三連休だったが、今回も台風が近づいている。
三連休の初日だけは天候が持ちそうだったので、都合の付くメンバーだけで牛首岩へ。

根子岳縦走にも参加したことのあるmomiも牛首岩はお初。
manaちゃんも、もちろん初めての牛首岩でした。

どこまで登ろうか?と 少し悩みながら取り付いてみましたが、結局3ピッチ登ってしまいました。
manaちゃんは、いきなりの50m懸垂下降でしたが落ち着いて下降しました。

2本目は左手の「松ノ木カンテ」を途中まで登りました。

久しぶりの牛首岩、楽しかったです。

(最初のピッチを登るmana)
d0326888_16572865.jpg

(同じくmomi)
d0326888_16575913.jpg

(テラスにて)
d0326888_16583029.jpg

(2ピッチ目のトラバース前のmana)
d0326888_16584511.jpg

(トラバースを来るmimimama)
d0326888_16585178.jpg

(3ピッチ目を登るmimimama)
d0326888_1659390.jpg

(同じくmomi①)
d0326888_16592175.jpg

(同じくmomi②)
d0326888_16585724.jpg

(懸垂下降mana)
d0326888_16593293.jpg

(懸垂下降momi)
d0326888_1659261.jpg

(松ノ木カンテのフェースを登るmimimama)
d0326888_1659367.jpg

(ギアを回収するmimimama )
d0326888_16594482.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2014-10-12 17:13 | 岩登り | Comments(0)