<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11/15(土)背振山系・金山へ

【日  程】2014.11.15(土)
【登った山】金山・背振山系
【天  気】晴れ
【メンバー】Jimny、mimimama、 (お試し会員)レモンさん、guobinさん (計4名)
【レポート】Jimny

福岡へ行く用事があったので、急遽メンバーに声をかけたところ、お試しさん2名から参加表明がありました。
現地集合現地解散と言う形で、一旦多久西SAで合流して登山口へと向かいました。
下山地の山中地蔵さんへ車をデポして三瀬峠へと向かいます。
久しぶりの快晴で、心も足取りも軽やかです。。。

(出発準備)
d0326888_12281833.jpg

(三瀬峠登山口にはこんな立て看板がありました)
d0326888_1228339.jpg

(頭上の紅葉を楽しみながら・・・・)
d0326888_12284360.jpg

(城の山を通過)
d0326888_12285646.jpg

(展望岩から望む金山)
d0326888_1229410.jpg
d0326888_12291320.jpg

(アゴザカ峠)
d0326888_1229201.jpg

(山中地蔵分岐)
d0326888_12292650.jpg

(番所跡を過ぎて・・・)
d0326888_12293445.jpg

(金山山頂です)
d0326888_12294152.jpg

(ポカポカ陽気の山頂でランチタイム)
d0326888_12294896.jpg

d0326888_12295445.jpg

d0326888_123017.jpg
d0326888_1230634.jpg

山中地蔵へ下山しました
d0326888_1230122.jpg

久しぶりにお天気に恵まれました。
お為しさんは晴れ男・晴れ女・・・かな?

車が複数台となったので、下山地を別のところにすることが出来ました。
山中地蔵に下山して、デポしてあった車で三瀬峠に戻って解散しました。

そろそろ低い山の紅葉も終わりを迎えているようです。
九州の山でも標高のあるところでは霧氷が付いたとか・・・
いよいよ、山は冬支度ですね。
[PR]
by yamabito80110 | 2014-11-17 12:48 | ハイキング | Comments(0)

11月9日(日)黒髪山

【日  程】2014.11.09(日)
【登った山】黒髪山
【天  気】小雨→晴れ
【メンバー】Jimny、mimimama、マリ、セイコー、よー、なつ、
     (お試し会員)レモンさん、guobinさん、ヨネさん    (計9名)
【レポート】なつ


お試し会員の3名とも一緒に黒髪山に行きました。
d0326888_22565687.jpg

登山口では、銀杏と紅葉が私達を歓迎してくれているようです。
とても綺麗に色づいていますね。
d0326888_2373131.jpg

しばらく沢の水音を聞きながら、歩きます。心穏やかに癒されました。
d0326888_238013.jpg

d0326888_2381847.jpg

途中少し寄り道です。洞窟に何体もの仏像がありました。
d0326888_2384717.jpg

d0326888_239897.jpg

仏像にお別れをして、また歩きだします。
別れ道では、みんなで地図を確認しながら行きます。勉強になりました。
二股からは鬼ノ岩屋へ向かいます。
d0326888_23101525.jpg

脚立のかかった岩を乗り越え、ごろごろ石の道、木の根の階段を歩きます。
なかなかの登りでした。
d0326888_23104724.jpg

せっかくなので鬼ノ岩屋をくぐって、まだまだ登ります。
d0326888_23111576.jpg

後の平の看板で一息。
d0326888_23114710.jpg

さあ、また頑張って行きますよ。
d0326888_231218100.jpg

来ました、鎖場です。
d0326888_23424425.jpg

前日は雨が降っていたため、滑りやすく慎重に行きます。
d0326888_2343349.jpg

d0326888_23432423.jpg

登りきると山頂に到着です。辺りは真っ白で景色は見れませんでした。残念。
登ってきた鎖場の岩を下り、今度は見返峠へと向かいます。
またもや鎖場です。
d0326888_23442459.jpg

ステップや梯子が設置されていたり、岩自体にも足場が見つけやすい所でしたが
ドキドキしながら下りました。
d0326888_2344588.jpg

d0326888_23451497.jpg

白山神社にも立ち寄りました。
d0326888_23455524.jpg

青螺山との分岐点にてお昼ご飯です。
d0326888_23592945.jpg

ごろごろ石に気をつけながら緩やかな斜面を下っていく。
最初の沢が見えて来ました。
d0326888_23473968.jpg

途中、滝を見ながら下山して、みんなで今日の山行を振り返りました。
d0326888_23553754.jpg

今度は、ぜひ天気がいい日にまた来たいです。
[PR]
by yamabito80110 | 2014-11-11 22:53 | ハイキング | Comments(0)

11月1日 多良岳散策

【日  程】  2014.11.01(土)
【登った山】  多良岳
【天  気】  曇りのち小雨
【メンバー】  マリ、あきひろ、レンコ、ジムニー、Mimimama、レモン
【レポート】  あきひろ

3連休が雨予報でしたので、小雨予報の土曜日に急遽、多良岳散策に行ってきました
今回、お試し会員のレモンさんが初参加となり大村インター傍のデイリーで待ち合わせですが
時間になっても現れないので電話すると近くの別のデイリーで待たれたとの事で無事合流し
黒木駐車場に向かいます。

初めて顔を合わせるときは、どんな人かな?と想像してお互いにドキドキしますね

本日は、多良岳の紅葉を期待しつつ多良岳散策ということで
 黒木→西野越→金泉寺→多良権現→座禅岩+六体地蔵+時間があれば大モミの予定

朝は、雨も降ってなくこのまま天気は持ちそうな感じですが、天気予報は12時から15時
が1mm/hの小雨予報。今日の予定ルートを確認して黒木駐車場からレモンさんに
色々質問攻めです。ご結婚は?ニックネームの由来は?いろいろお話しながら八丁谷到着。
d0326888_0262127.jpg

マリさんを先頭に進みます。11月だというのに寒くない
d0326888_055018.jpg

ところどころ紅葉が見られ足元には、黄色く色づいた落ち葉が綺麗です
なぜか、赤い落ち葉が少なく黄色い落ち葉が多かった
d0326888_0295067.jpg

金泉寺を通過し多良岳山頂に向かいます。鳥居左下には、一本下駄の役の行者像
d0326888_0312512.jpg

少し進んで『十六羅漢』、金泉寺は、昔、女人禁制だったらしくこの羅漢像にて
女人禁制が解かれたそうです。
d0326888_0321644.jpg

続いて、大杉の切り株。結構な大きさです。落雷により切り倒されたとの事
雄大な姿をを是非見たかったです
d0326888_033347.jpg

道沿いに、ものすごく紅葉した赤い綺麗な木がありました
d0326888_0343939.jpg

多良嶽神社上の宮手前の階段。良い感じのお地蔵さん
階段の向きが崩落しそうにバラバラになっていて不思議な感じ
d0326888_0354157.jpg

多良権現到着。初めて多良に来たレモンさんはお祈りをしてました。
何をお願いしてたんでしょう?
d0326888_0363529.jpg

少し休憩して、社の裏手の急な下りを慎重に下ります。今日は地面が濡れてて滑りやすい
d0326888_039418.jpg

座禅岩とジムニーさん。また天気の良い絶景のときにのんびり来たいなと思いました
d0326888_040835.jpg

d0326888_0404393.jpg

鬼の岩屋から下道に下りますが、こちらもなかなかの下りでロープが設置されてるので
補助に使用して下ります
d0326888_0413259.jpg

一本だけ黄金に光った ひめしゃらの木とマリさん
d0326888_042323.jpg

六体地蔵菩薩到着。六体のお地蔵さんを探してお祈りしました
多良町の重要文化財で六道を救済するお地蔵さんとして安置されているとの事
d0326888_0572030.jpg

福耳とやさしそうな表情が見てて癒されます
d0326888_0433150.jpg

金泉寺到着。今日はお寺で何かやってて普段空いていない本堂が開いてます
d0326888_0303661.jpg

あがってお祈りしても良いということでお祈りさせて頂き写真とっても良いとの事
でしたので千手観音像の写真を撮らせて頂きました
d0326888_0562274.jpg

金泉寺でゆっくり食事をして、大モミは、また次回の機会にして下山しました
d0326888_0465430.jpg

小雨の多良岳、いつも見ている感じから少し違って幻想的な雰囲気でした
赤い沢ガニ君や、すこし気持ち悪い紫のミミズ達もいつもより多く見かけた。
前岳方面には久しぶりに来たので凄く新鮮味もあり多良岳の良さを再認識。

初参加のレモンさんも頑張ったみたいでお疲れさまでした。
これから一緒にいろんな山に行けるのを楽しみにておきます。
[PR]
by yamabito80110 | 2014-11-02 23:43 | ハイキング | Comments(0)