<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

20150208雲仙岳

【日程】2015年2月8日(日)
【山域】雲仙岳
【コース】池之原園地→仁田峠→あざみ谷→紅葉茶屋→普賢岳→紅葉茶屋→国見別れ→(あきひろ、たか、マリ)→国見岳→国見別れ→妙見神社→仁田峠→池之原園地
 *Jimny、mimimamaは国見岳はパスしました
【天候】晴れ
【メンバー】あきひろ、マリ、mimimama、Jimny、たか(L) 計5名
【レポート】Jimny

牛首岩でのマルチピッチの練習の予定でしたが、寒かったのと風も強かったので、雲仙岳でのスノーハイクに変更しました。
この日は仁田峠循環道は通行止めでした。
池之原園地から登りはじめましたが、途中やまびとOB会員(1期)のユミちゃんとの懐かしい再会もありました。
あきひろ、たか、Jimnyの3人は12本爪アイゼンの歩行訓練を兼ねての山行となりました。

(池之原園地を出発)
d0326888_9543098.jpg

(仁田峠駐車場は地吹雪状態)
d0326888_955250.jpg

(水がめの水は凍っていました)
d0326888_9545447.jpg

(あざみ谷へ)
d0326888_9551924.jpg

(紅葉茶屋から普賢岳へ)
d0326888_9552815.jpg

d0326888_9553452.jpg

d0326888_9554056.jpg

(普賢岳山頂)
d0326888_9554876.jpg

(おしゃれなマリちゃんの前髪)
d0326888_955541.jpg

(霧氷沢)
d0326888_956163.jpg

d0326888_956792.jpg

(国見岳)
d0326888_9561384.jpg

d0326888_9563327.jpg

(平成新山を望む)
d0326888_9564587.jpg

d0326888_957141.jpg

(国見岳からの下り)
d0326888_957176.jpg

d0326888_9572828.jpg

(おいしいの?)
d0326888_9573756.jpg

(妙見神社に到着)
d0326888_954428.jpg


*まだ2月上旬なので、雪山を楽しむ機会は後何回かはありそうです。 せっかく揃えた装備なので、今シーズンにチャンスがあれば冬季しか登れない雲仙の裏ルートあたりにでも行きたいね・・・なんて話も出ました。今シーズン中に装備の慣らしを終えて、来シーズンは1段階ステップアップした冬山に入りたいものです。
[PR]
by yamabito80110 | 2015-02-09 10:23 | 雪山・スノーハイク | Comments(0)

2015.02.01 権現岩トレ

【日程】2015年2月1日(日)
【訓練場所】権現岩
【天候】晴れ
【メンバー】jimny,mimimama,あきひろ,ゆかり,miko,mana,よー,Goubin,たか 計8名
【レポート】たか

2015年初岩は権現岩での基礎トレーニング。
経験者・初心者それぞれ目標を持ちこの日を迎えました。
晴天に恵まれたものの、日陰は結構寒く、岩肌はキンキンに冷えていました。

9:00に集合し、岩場まで30分ほど山道を歩きます。
基本を学び、その後実践します。基本を反復練習し、体に覚えさせることがいざというときに役に立ちます。

レクチャー①岩場登りには欠かせない「三点支持」
三点で支持して一肢だけを自由にして次の手がかり・足場へと移動することで岩場を安全に登ることが出来ます。一般道でも三点支持を必要とする危険個所があるルートは少なからずあります。
三点のうち特に足場は重要です。足場が不安定のまま登ると事故を起こす場合があります。
jimnyさんの指導のもと、皆やってみました!
d0326888_0281326.jpg



レクチャー②命を守る「自己ビレイ」
急傾斜の岩場での滑落は、骨折や打撲等の大事故につながる危険性が高いので、そのような危険個所において自分自身を固定された支点に確保する場合があります。自己ビレイをスムーズにとれるようシュリンゲの掛け方、使用方法を学びました。
木を使う場合はどんなのが適しているか、どこで取るのがいいか確認しながら練習します。
d0326888_0545989.jpg




そしていざ岩肌へ

まずはjimnyさん・あきひろさんに教わりながら支点作りの見学をしました。
2人の息ピッタリ!!
d0326888_21115916.jpg


登山靴で左岩を行くあきひろさん、お見事!
d0326888_21164411.jpg

自分はフォローでした。岩の冷たいこと!!!
d0326888_2122888.jpg


お隣では岩デビューのよーさんはザック背負って登っていました。
荷物があると一層難しくなりますね。
d0326888_21265286.jpg


Goubinさんの懸垂下降。初懸垂はどうでしたか?
d0326888_21345162.jpg


mamaの安定感。さすがです。
d0326888_21364521.jpg


本日の女性陣
皆さんキマってます!
d0326888_21402620.jpg



お昼ご飯を食べ、午後は二手に分かれてトレーニングを行いました。
あきひろさん、たか、ゆかりは20mに挑むことに…

まずは支点を作り、懸垂下降。
d0326888_221137100.jpg

d0326888_22185863.jpg


いざ、登攀!!
d0326888_22234140.jpg

d0326888_22235782.jpg


ゆかりが発見した祠。立岩神社のご神体とのことです。
d0326888_22363015.jpg


皆無事に訓練を終え、反省会の後解散となりました。
d0326888_22371211.jpg



〜訓練を終えて〜
 
久々の岩トレ。岩トレと言いながら自分の目的は登ることにはなく、基礎の確認と支点作りの方法、リーダーであるjimnyさんやmama、あきひろさんの観察に重きを置いて参加しました。
参加者を見渡しても、「もう甘えて良い立場ではなく、背負っていく意識を持たねば。」と感じ一層気が引き締まりました。

 反省会の中で大事な話がありましたので皆さんに紹介しておきます。

 初めての人・数回経験した人・ブランクのある人・ベテランと様々なレベルの参加者のなかで、皆に共通して必ず必要な技術は何か。
それは、「危険予知」「危険回避」です。

こんな記事がありました。
「どんな危険要因があるのか気付き(現状把握)、それがどの程度危険なものなのか判断し(本質追求)、回避するにはどうすべきかを考えて(対策樹立)、行動を起こす(目的設定)ことで事故を防ぐことができます。」
日常生活と違い、ちょっとしたミスでも事故になる可能性があるのが山であるという事を肝に銘じる必要があります。
今後の山行をより安全に楽しむため、この経験を活かし、参加できなかった方に伝達していきましょう。


皆さん、おつかれさまでした。
[PR]
by yamabito80110 | 2015-02-03 00:59 | 岩登り | Comments(0)