<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20150927 権現岩岩トレ&稲佐山までちょっとハイク

【日 程】2015年9月27日(日)
【山 域】長崎市内 権現岩
【コース】皿焼バス停~権現岩・岩トレ~稲佐山公園~権現岩~皿焼バス停
【天 候】晴れ
【メンバー】ハシ、かおる、マサト、かよみ、mimimama、Jimny
【レポート】Jimny

長崎市内稲佐山の中腹にある岩場「権現岩」で岩トレを行いました。
ママとJimny以外は全員今期入会(現在お試し含む)の4名。
当然岩登りの経験はく、装備なども持っていません。
この日は、クライミングの練習ではなく、縦走中の岩場の通過などのための訓練を想定していたのでちょうど良かったです。
正面フェースにトップロープをセットして、登山靴でのクライムアップとクライムダウンを練習したり、高度感に慣れるためのロワーダウンも経験してもらいました。
このような訓練をした事があるかどうかで、少し難易度が高い登山コースにも自信を持ってチャンレンジできる可能性が上がってきます。
それと、このような訓練を通じて山に登る時に何が危険なのか?を察知する力を高めたり、落石を起こさない歩き方を意識するようになる事も期待できます。
私たち「山人」の岩トレは、岩登りのための岩トレではなく、山登りのための岩トレが基本です。
全会員が、少なくとも1年に1回以上は岩トレに参加することを目標にしたいと思います。
もちろんいろいろな山に登ろうと思うのなら、もっと頻繁に岩トレをやっておく必要があります。
そういう意味では、「楽しかった」だけではない感想を次回の岩トレの際には聞きたいものです。(笑い)

岩トレ準備中
d0326888_14283120.jpg
装備の着け方・使い方から
d0326888_14291454.jpg

(登山靴)トップロープで登ります
d0326888_14295693.jpg

「かよみさん」の登り
d0326888_14300814.jpg

ピースする「かおるちゃん」
d0326888_14301491.jpg

「ハシ君」が登ります
d0326888_14301807.jpg

「マサト君」も登ります
d0326888_14302254.jpg

展望岩から長崎市内を一望
d0326888_14303471.jpg

稲佐山まで足を伸ばしました
d0326888_14303962.jpg
ダンギクの花が咲いていました
d0326888_14304203.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2015-09-28 14:38 | 岩登り | Comments(0)

20150912 九重周回

【日 程】2015年9月12日(土)
【山 域】九重
【コース】牧ノ戸峠~沓掛山~星生山~久住別れ~久住山~御池~中岳~天狗ケ城~久住別れ~牧ノ戸峠
【天 候】晴れ
【メンバー】なつ、レモン、mimimama、Jimny
【レポート】レモン


曇り空のお天気が不安な中、久住登山口の牧ノ戸に到着。
今回は九重を知り尽くしたジムニーパパとmimimama、九重デビューのなっちゃん、九重に魅了されたレモンの四人で九重の王道を登る事に。
d0326888_20092228.jpg
所々に咲く花達を愛で、カメラに収めながら、先ずは沓掛山を目指しゆっくり登っていきます。
時々、後ろを振り返ると遠くに、根子岳や由布岳も見えます。
d0326888_20100191.jpg
目指すお山は?、★星生山★
んー、ステキな名前?
西千里ヶ浜ルートで登ります。
d0326888_20110622.jpg

昔は麓からなだらか?に見える稜線伝いに道があったらしいのですが、今は通行止めとの事。
絶景がひろがってたんでしょうね。
(稜線伝いの絶景は次の日、阿蘇にて満喫する事になろうとは、、)

岩ゴロゴロの急斜面、苦手かも??と思いつつも、頂上がしっかり見えているので、ワクワク感が先!
到着してみると、九重のお山が、ここにもあそこにも!
d0326888_20115927.jpg
東側に広がる溶岩がゴツゴツした星生崎。
次はその先の久住山を目指します。

星生山から尾根づたいに歩き、避難小屋へ、隣にはバイオトイレがあります。 使用料は100円なり?
ここから久住山迄は20分くらい。
d0326888_20124981.jpg

中岳、九重連山の最高峰の山なり?
d0326888_20135963.jpg
中岳から天狗ケ城へ
あっという間に頂上へ?
下り、眼下に広がる御池の美しいこと!
急斜面なので気をつけながら、シャッターを押します。
d0326888_20160428.jpg


下山後は泉水キャンプ場へ
露天風呂付きのキャンプ場!
身体の疲れも癒されたテント泊でした!
d0326888_20171424.jpg

三度目の九重山行でしたが、益々虜になった感があります。

九重の魅力、それは非日常を満喫できる景色、空間ではないでしょうか。
山々に抱かれると、下界の景色も喧騒も遮断され、異空間に連れてかれたようです。
静かにじっくり五感を刺激、癒してくれました。

さぁ今日からまた日常です。
九重で栄養補給してきたぞ〜笑
心地よい疲れともに、日常の人間生活 笑、頑張りま〜す!

初レポートのレモンでした。



[PR]
by yamabito80110 | 2015-09-14 20:22 | ハイキング | Comments(2)

2015年9月6日 黒髪山

【日程】2015年9月6日(日)
【山域】黒髪山
    竜門ダム駐車場~黒髪山天童岩~白山神社~雌岩~見返峠~青螺山
    ~青牧峠~竜門ダム駐車場

【天候】 曇りのち雨
【メンバー】あきひろ、Goubin、よね、はし、よー、美穂
【レポート】あきひろ

英彦山へ行く予定が、朝から天候不調!!
天気予報を確認すると到着時間くらいから曇り予報となっている為、
決行判断するが、長崎出発時間から雷雨/大雨注意報が発令され外に出ると豪雨/雷が鳴ってる

流石に天候が、回復するか不安になり中止判断しました
せっかくなんで、マクドナルドで一時間程、おしゃべりして解散しようとすると
雨も止んで曇り模様に・・・

せっかく集まったので近場の山に行こうという話になり、急遽 黒髪山に行先変更しました
佐世保のはしさんに連絡し竜神駐車場に9:45分集合にて調整し諫早を出発。

雨上がりの黒髪山は、幻想的な雰囲気で沢が若干、増水気味でした。
場所によっては登山道にも水が流れていました。
山頂からの景色は、真っ白でまさに時間の止まった『時の部屋』でした
黒髪山を後にして、青螺山まで足を延ばし、14時くらいから雨が降ってきたので、
カッパに着替え久しぶりの雨の中の登山を楽しみました

登山後は、ぬるぬるのお湯の『有明の湯』で汗を流しました。
黒髪山は、長崎市内からもアクセスが良く大好きな山の一つです

d0326888_2250146.jpg

d0326888_22504646.jpg

d0326888_22505893.jpg
d0326888_225184.jpg
d0326888_22511989.jpg
d0326888_22513342.jpg
d0326888_22514515.jpg

雨の中の登山、お疲れ様でした
雨の登山も出発までは、あまり気が乗りませんが、出てしまえば雨の時にしか見れない
景色が広がっているのでお勧めですよ
[PR]
by yamabito80110 | 2015-09-12 22:52 | ハイキング | Comments(0)

雲仙岳へ

【日程】2015年9月5日(土)
【山域】池之原園地~仁田峠~アザミ谷~紅葉茶屋~普賢岳~紅葉茶屋~国見岳~妙見岳~仁田峠~池之原園地
【天候】 曇り
【メンバー】あきひろ、なつ、レモン、カワ、mimimama、Jimny
【レポート】Jimny

雲仙岳に登りました。
今日は手抜きをして仁田峠から登ろうと目論んで車で向かうと・・・・
な、な、なんと
仁田峠循環道路は台風?大雨?の被害を受けて通行止め。。
池之原園地からのスタートとなりました。
楽をしようなんて考えると良い事はありません。反省。
この日1日歩いてみて、確かに登山道が荒れていました。
石が落ちていたり、土砂が流れた跡があったり、
吹越トンネルから稜線への登山道は通行止めになっていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日は総勢6名の参加となり、地図とコンパスの使い方を勉強しながらの
賑やかな山行となりました。

明日も福岡の英彦山へリーダーとして登る「あきひろクン」
このところ、山に復活してきた「なつちゃん」
だんな様も山登りも両方大事にしている「レモン様」・・・(と聞いています)
プライベートで忙しくなりそうな「カワちゃん」
そして、いつも仲良し「mimimamaとJimny」・・・(何か?)
以上のメンバーでした。

仁田峠からのラクラク登山を考えていたので、池之原江園地からの周回コースは
ちょっと気分的にもきつかったです。
d0326888_22553915.jpg


d0326888_22560431.jpg
d0326888_22563073.jpg
d0326888_22564427.jpg
d0326888_22565707.jpg
d0326888_22570510.jpg
d0326888_22572225.jpg
d0326888_22573000.jpg
d0326888_22574093.jpg
d0326888_22581837.jpg



[PR]
by yamabito80110 | 2015-09-05 23:12 | ハイキング | Comments(0)