平谷沢左俣沢登り

【日時】2013.8.2

【場所】奥平谷左俣

【メンバー】ママ、マリ、かめ、あきひろ、ひぼ、しんたろ


会山行で涼を求め沢登りに行きました。どんな物語があるのやら。。。

入渓場所には2~3台ほどの駐車スペースがあるが、上部から落石があるようなので壁際からは話していたほうがよい。駐車場からすぐ沢に入れるのでとてもいい場所だ!!
しばらくゴーロが続きます。
d0326888_0181275.jpg

ん?滝が見えてきた!!
d0326888_01952.jpg

F1到着!!小ぶりだけどもthe滝!!と思わせる容姿。なかなか美形。。。
d0326888_0221670.jpg

あきひろさんはしゃいでます。ヽ(*´∀`)ノ
d0326888_0224454.jpg

水量が少ないので右からまいてトップロープでみんなでシャワークライミング。
滝の落口がどうもホールドが乏しく悪いらしくみんな苦労していた。
登る前にまりさんピース
d0326888_0262415.jpg

そのあとは砂防堤が二つあり最初は右まいてお次は左巻き。
二つ目にはフィックスロープが張ってあったが強度は怪しいので何人もブラさがらないように
注意。
d0326888_0291771.jpg

いくつかの小滝があったりして泳ぐもよしへっつってもよし。こんなのが沢楽しいとこだよね。
d0326888_0303866.jpg

大滝到着!!記念にパチリ。
d0326888_0331233.jpg

大滝の左岸をまいてトップロープで滝を登ることにした。巻きも落石に注意。
d0326888_102883.jpg
大滝は右側を登る。しかし支点が取れるところは滝上部の左側しかなくどうすればよいか
悩む。ママさんのアドバイスで滝落口までアンカーロープをのばしたき上部でビレー操作することにした。
沢登りはその状況下でいかにして安全に楽しむか。状況判断が問われる。
あ!!ひぼちゃん気持ちよさそう!!
d0326888_0433078.jpg

大滝でシャワークライミングを楽しんだら、いくつかの滝を越えいくつかの岩を越え、
d0326888_04516.jpg

最後はドカン?!くぐる必要はないのだけれどもくぐるなら今でしょ!!
d0326888_046447.jpg

土管をくぐったあとは林道にあがり昼食を取った。
帰りは沢沿いの古い登山道を通り下山した。
d0326888_0503269.jpg

勿論平谷温泉に入り綺麗さっぱりして長崎へ帰りました。
暑いこの時期、やっぱり沢ですね。


 
[PR]
# by yamabito80110 | 2013-08-09 01:01 | 沢登り | Comments(0)

8/3・平谷沢沢登り

【日程】2013.08.03
【山域】多良山系
【登った谷】平谷沢左俣
【メンバー】しんたろ、あきひろ、かめ、ひぼ、マリ、mimimama
【天気】晴れ

多良山系の平谷沢左俣へ沢登りに行きました。「F1」にて
d0326888_1652722.jpg


同じく「F1」
d0326888_1654110.jpg


大滝
d0326888_1654888.jpg


大滝を登る「マリちゃん」
d0326888_165554.jpg


「しんたろ」と「ひぼちゃん」
d0326888_166341.jpg


そろそろ終わりです
d0326888_166955.jpg


最後の滝
d0326888_1661630.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2013-08-05 16:11 | 沢登り | Comments(3)

8/3・多良へ

【日程】2013.08.03
【山域】多良岳
【コース】黒木→西野越→金泉寺→多良権現→金泉寺(昼食)→西野越→黒木
【メンバー】よん、renko、川、Jimny
【天気】晴れ
【レポート】Jimny

もう盛りを過ぎたかもしれないオオキツネノカミソリに会いに多良へ出かけました。
別働隊は今日は平谷沢の沢登りです。
私たちハイキング隊は、黒木から金泉寺を目指しました。
d0326888_22195736.jpg


西野越下の群生地は少し見頃を過ぎていましたが、それでもきれいに咲いていました。
今年は花の数が少ないようです。
d0326888_222640100.jpg

d0326888_22265388.jpg


金泉寺には大勢の登山者がくつろいでいました。
d0326888_2227811.jpg


私たちはそのまま多良権現まで足を伸ばしました。
d0326888_22274245.jpg


途中、ホトトギスの花が足元に・・・
d0326888_22281569.jpg


金泉寺に戻り、ベンチで昼食を食べて黒木へと下山しました。

黒木から振り返った経ケ岳の雄姿
d0326888_22284778.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2013-08-03 22:30 | ハイキング | Comments(5)

7/28(日)雲仙へ

涼しい雲仙へ・・・

【日程】2013.07.28
【山域】雲仙岳
【コース】第二吹越→稜線→国見岳→新道→普賢岳→紅葉茶屋→国見別れ→第二吹越
【メンバー】ひぼ、よん、マリ、Jimny
【天気】曇り
【レポート】Jimny

最初の集合場所へ向かう時、ちょっと胸騒ぎが・・・
「スイマセン、少し遅れそうです・・・」と、いつもの連絡がHちゃんから今日はない。
おかしい?と思いながら集合場所についてみると、なんとHちゃんはすでに待っていた。
(Hちゃんなんて書いても他にはHで始まる人はいないのでバレバレではあるのだが)

その後、マリちゃんを拾い、よんちゃんを拾い、4人でオオキツネノカミソリで賑わっているであろう
多良山系を横目に、雲の中の雲仙へと車を走らせました。

今日は第二吹越から登るのです。
真っ白なガスの中の登山口には車は1台もなかったが、後から数台の車がやってきた。
外は風が強く気温も低くて半袖シャツでは寒いくらいだ。

ザックの中に2Lのペットポトルを5本忍ばせたHちゃん(何を隠そうひぼちゃんです)が先頭を行く。

このコースは稜線に登り上がるまで急登が続く。
ゆっくりペースで登っていく。

稜線に出て左に折れ国見別れへ。そして岩場を越えて国見岳山頂。
山頂にある温度計は16℃を指していた。

新道から普賢岳を目指す。
夏の時期は風穴の冷気が何よりのご馳走だ。
ヤマアジサイの紫色が鮮やかだ。

普賢岳から紅葉茶屋へ下り、国見別れへと登り返す。
アザミ谷の方へ下ると仁田峠から妙見岳に登り返すのがきつそうなので、こっちのコースにしました。
たぶん正解かな・・?

暑い夏の山歩きは涼しい雲仙に限ります。
下山後はいつもの百円風呂で汗を流しました。

d0326888_2249947.jpg


d0326888_22495744.jpg


d0326888_22494565.jpg


d0326888_22501094.jpg


d0326888_22502113.jpg


d0326888_2250336.jpg


d0326888_22504297.jpg


d0326888_2251061.jpg


d0326888_22512032.jpg


d0326888_22513013.jpg


d0326888_22522594.jpg


d0326888_2252372.jpg


d0326888_22524626.jpg


d0326888_22525464.jpg


d0326888_2253675.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2013-07-28 22:57 | ハイキング | Comments(3)

7/20(土)多良シベ沢沢登り

多良のシベ沢に行きました。
メンバーは、ひぼちゃん、たかちゃん、mimimama、Jimny、それにこの日が沢デビューの「きょうちゃん」の5人。
最近1週間雨が降っていないので水はかなり少なめでした。

F1、F2,F3,F4と越えて行き、無事に遡行終了点の水場に到着。
水場のオオキツネノカミソリはちょうど見ごろ。

沢装備を解いて金泉寺まで足を伸ばしましたが、西野越の手前の群生地は花はまだ2~3部咲き。
それに今年は数自体が少ない感じがしました。

d0326888_1546040.jpg

d0326888_15462528.jpg
d0326888_15461829.jpg

[PR]
# by yamabito80110 | 2013-07-21 15:47 | 沢登り | Comments(0)