人気ブログランキング |

2019.01.13(日)多良山系・地図コンパス山行

[日 程] 2019.01.13(日)
[山 域] 多良山系
[コース] 黒木→小河内谷右俣林道→五家原岳登山道→黒木
[天 候] 曇り
[メンバー] ひろ、ハセ、アコ、jimny
[レポート] jimny

登山の基本ともいえる「地図とコンパス」。最近は便利なアプリの普及でスマホさえあれば地図とコンパスがなくても山歩きが楽しめる時代になりました。そんな便利なアプリをもっと使いこなすためにも、読図とコンパスの使い方をマスターしておくことは有意義です。そして何より登山にはアクシデントがつきものだと言う事を忘れてはいけないと思います。今日は雨は降らないだろうからと雨具を持ってこないで突然の雨にあったり、明るいうちに下山するからとヘッドランプを持ってこなくて、道に迷って下山できなくなり明かりもなく山の中で真っ暗な不安な夜を過ごす事になったり、そんな万一のために備えることが登山装備の考え方です。同じように考えれば、スマートフォンも万能ではありません。電池が切れたり、水没して使えなくなったり、谷沿いではGPS電波が弱いこともあります。アナログの紙の地図とコンパスにはそんなトラブルはありません。何より地形の概念を広い範囲で理解することがし易いです。

今日は、リーダーのJimnyが前もって地図上にトレースするラインを書き、7つのポイントを決めたものを用意して当日現地でメンバーに地図を渡しました。地図上の次のポイントまでをトップを交代しながら進み、ポイントに着いたらトップが「ここだと思います」と宣言し、合っていたら次のメンバーにトップを交代すると言うルールです。スマホのアプリや時計の高度計などは使用禁止です。コースは一般車両が入れない林道を使いました。林道の方が登山道よりも実際の尾根や谷などの地形を見通せるので、現在地の特定がしやすいからです。今回は地図コンパスの入門編だったのでわかりやすいコースを設定しました。全員良く理解できたようですが、地図コンパスはロープワークなどと同じで、何度も繰り返し行って習慣にすることが大事です。理解できたことと、次もできるかどうかは別なのです。

地図コンパス山行は、後2回実施する予定ですが、2回目は中級編として一般登山道ではないコース(易し目)、3回目の卒業試験はロープを使用する可能性がある上級コースを設定しようと思っています。夏の沢登りシーズンに備えて、地図コンパスをしっかり身に付けましょう。

↓ まずは現在地を地図上で確認
d0326888_09141857.jpg
↓ 特徴のあるポイントでは地図上で現在地を確認
d0326888_09143141.jpg
↓ コース上にあったきれいな滝
d0326888_09143857.jpg
↓ 五家原岳への登山道分岐で昼食(今日はここまで)
d0326888_09144893.jpg
↓ 下山コースは五家原岳登山道
d0326888_09145611.jpg
↓ フィックスロープにシュリンゲ&カラビナで安全確保してトラバースする練習中
d0326888_09150683.jpg
↓ 砂防ダムまで下りてきました
d0326888_09151914.jpg
↓ 駐車場に戻ってきました
d0326888_09153702.jpg
↓ 多良山系の盟主「経ケ岳」が雲のベールをまとっていました
d0326888_09154913.jpg



トレッキンググローブ レディース メンズ UV ケア メッシュ VAXPOT(バックスポット) トレッキンググローブ VA-8405【クライミング トレイル グローブ 手袋 富士登山】【トレッキングポール トレッキングシューズ ザック リュック 登山用 と一緒に】[TP005]

by yamabito80110 | 2019-01-14 09:25 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)

このブログは長崎の登山クラブ「山人」の山行記録です。HPはプロフィールにリンク貼ってます。


by yamabito