このブログは長崎の登山クラブ「山人」の山行記録です。HPはプロフィールにリンク貼ってます。


by yamabito

カテゴリ:未分類( 9 )

2017/11/26 五家原岳

[日程] 2017.11.26(日)
[山域] 五家原岳
[コース] 黒木→横峰越→五家原岳→中岳→西野越→
金泉寺→黒木
[天候] 曇り
[メンバー] mimimama、まる
[レポート] まる

登山口に着く頃には小雨も上がり、空も明るくなってきたので、登山決行し、五家原岳に登ってきました。
予定していた大もみの木コースは今回変更して、登りやすいコースに変更して登りました。

落ち葉や濡れて滑りやすくなった石に足元を注意しながら、mimimamaにリードしていただいて、ゆっくりのんびり歩きました。
d0326888_21305957.jpg
途中の気持ちの良い道

d0326888_21325482.jpg
途中で少し休憩

さすが多良の山、山頂付近の登りはじわじわと体力を奪われました。思った以上に汗をかきました。
五家原岳の山頂の展望所から見た雲がかかった経ケ岳がとてもきれいでした。
d0326888_21363596.jpg

d0326888_21375843.jpg

雨にはどうにか降られず下山しました。お天気の山も良いですが、今回のようなお天気の山も静けさが引き立ち
良いものだなぁと感じました。ゆっくりのんびり歩いて山を満喫しました。

by yamabito80110 | 2017-11-28 21:13 | Comments(0)
【日付】2017.4.29
【場所】大村市野岳湖バンガロー
【天候】 晴れ
【メンバー】jimny、minimama、あきひろ、しげ、はし、カワ、まる、かおる
【レポート】かおる

本日は晴天。
野岳湖バンガローにて、総会を行いました。
d0326888_21464739.jpg
真面目な話も早々に切り上げ、BBQスタート!

d0326888_22123701.jpg

たくさんの肉たち↓
d0326888_22132036.jpg

ママ特製の肉料理↓

d0326888_22141000.jpg



カワ若奥様の野菜炒め↓

d0326888_22145413.jpg

炊飯取締役↓
d0326888_22155253.jpg

ステーキ切るシェフ

d0326888_22163887.jpg

お腹いっぱい食べました。
d0326888_22172834.jpg

その後はみんなで、今年の山の目標発表会

年齢も環境も考え方も違う人たちが
山という共通目的で集まって
話をするのは

家族や友人や職場などで話すのとは
また違った刺激的な話でした。

d0326888_22195370.jpg



次回は、やきそばと焼きおにぎりリベンジを誓います。
d0326888_22202124.jpg










by yamabito80110 | 2017-04-29 21:32 | Comments(0)

活動の記録 nagasaki 山人


【2017年】

4月のレポート  4/1虚空蔵山  4/2英彦山(福岡県)  4/9多良経ケ岳  4/16鳥屋山(福岡県)
3月のレポート  3/12雲仙九千部岳  3/16多良マンサク  3/25岩屋山
2月のレポート  2/12多良経ケ岳  2/19多良郡岳  2/27黒髪山
1月のレポート  1/2多良岳  1/15多良岳  1/29多良金泉寺

by yamabito80110 | 2017-04-02 09:05 | Comments(0)
【日  程】 2016.01.23(土)
【登った山】 雲仙
【コ ー ス】 池ノ原園地→仁田峠→紅葉茶屋→雲仙岳→霧氷沢→国見分れ→(国見岳)→仁田峠→池ノ原園地
【天  気】 曇りのち雪
【メンバー】 Jimny(L)、なつ、Guobin、レモン、ミホ、はし、まさと、たか
【レポート】 たか

十年に一度の寒気が長崎に来るとのことで、雲仙に霧氷を見に行ってきました。(本当は由布岳の予定だったが、雪道運転は慣れておらず止むを得ず変更‥)
多くの人が雪の中の登山は初めてであるため、リーダーから少し説明を受けました。
みんな真面目な顔をしていましたが、ワクワクが溢れてましたね。

さて、9:00いざ出発!
雪がフカフカで歩きやすい
d0326888_21211840.jpg


紅葉茶屋を目指します。
気温は確実に氷点下ですが風はなく、皆談笑しながら雪道を進みます。
d0326888_21284130.jpg


やはり冬の山もまた芸術
d0326888_222541.jpg

ツララの子どももありました
d0326888_2244787.jpg


木の枝の雪も少しずつ存在感が出てきました。
d0326888_2273861.jpg


11:30頃山頂。ガスで展望はないが、冬の白さを満喫
みんなTシャツ着てるはずなのに脱いでくれなかった…
d0326888_229790.jpg


霧氷沢へ
d0326888_22222954.jpg

d0326888_2223811.jpg


真っ白な世界にみんな興奮
d0326888_22253067.jpg


下りはアイゼンを装着しました
初アイゼン装着にはしゃぐ約2名
d0326888_22274589.jpg


紅葉茶屋でお昼を食べ、国見分れへ。
ここから男4名は国見岳をハントしてから下山しました
d0326888_2230103.jpg

d0326888_22324623.jpg

d0326888_2233856.jpg

d0326888_223451.jpg

d0326888_2236272.jpg


今シーズン初の雪山でした。
風があまりなかったのですごく歩きやすく、寒さを感じることもありませんでした。
青空は見えなかったけど、モノトーンの美しさを思い切り感じれるのも冬の醍醐味ですね。
いい休日を過ごせました。お疲れさまでした。
by yamabito80110 | 2016-01-26 21:18 | Comments(0)

2015.10.10-11 三嶺~剣山縦走

【日程】2015年10月10日~11日
【山域】四国
【コース】1日目:名頃~ダケモミの丘~三嶺ヒュッテ(宿泊)
     2日目:三嶺ヒュッテ~三嶺~カヤハゲ~韮生越~
         高ノ瀬~丸石~次郎笈~剣山~大剣神社~見ノ越
【天候】曇り時々晴れ
【メンバー】Jimny(L)、mimimama、レモン、たか
【レポート】たか

「四国随一と言われる天空の縦走路を歩こう」とのことで3連休を利用して徳島県に行ってきました。
10月9日23時50分別府発のフェリーに乗り込み翌早朝四国入り。登山口へ向かいます。
見ノ越に車をデポし、バスで名頃へ移動します。
d0326888_16231785.jpg


12:00名頃登山口から出発!
d0326888_16405011.jpg

1日目は三嶺ヒュッテまで4.5km、3.5時間の行程。高度900mを登るMな人向きのコース(笑)
そんな中でも、九州とは違う植生の森に刺激と癒しを受けながら徐々に高度を上げていきます。
d0326888_17182912.jpg

13:00を過ぎた頃から明日の縦走路が顔を出し始めました。
d0326888_17231496.jpg

その後もヒーヒー登ります。たまにご褒美。
d0326888_17484040.jpg

d0326888_1752275.jpg


登りも終盤。今日一番の試練を前に、縦走路がドーーーンとお目見え!奥には次郎笈、剣山も見えます。
d0326888_1754577.jpg

この紅葉の森の上に本日の宿が待っている。さぁ、ラスト!
d0326888_17582689.jpg

d0326888_1759319.jpg

15:30 三嶺ヒュッテ到着 イェーイ!!
d0326888_1815378.jpg

ヒュッテ内は綺麗で広々。避難小屋とは思えないクオリティでした。1階はいっぱいだったので、2階へ。2階は貸し切り状態。
さっさと寝る支度を整えて、汗を拭い、少し散策。
奥に三嶺
d0326888_18235342.jpg

ヒュッテと剣山
d0326888_18102093.jpg


ヒュッテに戻り、ご飯を食べ、酒を飲み…私は18:00頃には寝ていたらしいです。


5:30 みんな起床
ノソノソ、モグモグ…
d0326888_1813282.jpg

6:30 ヒュッテをあとに、17kmの旅路の始まりです。
d0326888_18154719.jpg

さらば三嶺ヒュッテ
d0326888_21415675.jpg

6:45 三嶺 山頂
d0326888_2144281.jpg

三嶺から韮生越へ。一気に200m下ります。高度感に加え、風も強く吹き付けており慎重に歩きます
d0326888_221734.jpg

d0326888_2231684.jpg

韮生越のピークが見えてきた
d0326888_22115325.jpg

絶景ポイントにてパシャリ
d0326888_22134751.jpg

韮生越はこの先。この坂は強敵でした。
d0326888_22191481.jpg

振り返ると、三嶺。おっきい
d0326888_22245020.jpg

韮生越での休憩もそこそこに次は白髪山避難小屋を目指します。
正面のピークが白髪山分岐
d0326888_22322666.jpg

d0326888_22361822.jpg

白髪山分岐。水場の表示は消されていたので、ここの水確保は期待しないほうがよさそう
d0326888_2242134.jpg

白髪山避難小屋。山中の小屋はどれも綺麗
d0326888_22462172.jpg

そして景色が最高!三嶺がズドーン
d0326888_22484467.jpg

1732mのピークを踏み、高ノ瀬を目指します。
d0326888_22544445.jpg

振り返るといつでも軌跡が一望できる
d0326888_22565450.jpg

進行方向では次郎笈、剣山が少しずつ近くなるのを実感。
d0326888_2305096.jpg

d0326888_234859.jpg

イロトリドリノ世界
d0326888_2364758.jpg

10:50 高ノ瀬
d0326888_2384960.jpg

丸石への道中、四国の山の深さを知る。
d0326888_23111237.jpg

丸石避難小屋。風情あり
d0326888_2314542.jpg

丸石へ
d0326888_23163216.jpg

丸石。mimimamaとレモンさんの食欲に脱帽
d0326888_23185238.jpg

もう次郎笈はすぐそこに。
d0326888_23221943.jpg

芸術的に色づく次郎笈に元気をもらう
d0326888_23281412.jpg

d0326888_23291593.jpg

今日の核心。次郎笈の急登。ここに来て荷が一段と重く感じられる
d0326888_23314270.jpg

13:50 次郎笈 山頂
d0326888_23334812.jpg

休憩を挟み、また食べる
d0326888_2335769.jpg

これが本当に最後!剣山に向かう
d0326888_23381883.jpg

15:10 剣山山頂へ
d0326888_2340147.jpg

見ノ越まで歩いて下りました
d0326888_23424769.jpg



《完》
チーン
d0326888_22334950.jpg

by yamabito80110 | 2015-10-14 16:23 | Comments(0)
県内での異動が決まった「ひぼちゃん」を送る会を開催しました。
会場は長崎市内万屋町にある「旬彩ながや」さんと言うお店・・・
ちょっとおしゃれな感じのお店で、料理も美味しかったです。

山人メンバー14名(二次会から1名参加)で、にぎやかに食べて飲みました。
ひぼちゃんはこれから、なかなか山行には参加できなくなりそうですが、
会員登録は継続してくれるそうで、うれしい限りです。

たまには休みを取って我が家(Jimny宅)に泊り込みで来て山に行きましょうね。
そのときはママの部屋ではなく、パパのお部屋にどうぞお泊まりくださいませ。。。

d0326888_2301044.jpg

d0326888_2302151.jpg

d0326888_2302880.jpg

d0326888_2303413.jpg

by yamabito80110 | 2014-09-27 23:01 | Comments(1)

山人に初参加して

【日程】2014.6.21(土)〜6.22(日)
【訓練した場所・沢】野岳湖バンガロー→小河内谷左俣(多良山系)
【メンバー】Jimny、mimimama、のっしー、あきひろ、マリ、たか、ゆかり、川、マイ
【天気】雨→曇り
【レポート】マイ

今回、お試しながら初めて「山人」の活動に福岡から参加させていただきました!
日曜日の搬出訓練への参加がメインだったのですが、前日から長崎入り。雨じゃなければ山か沢に行けたのですが天候により中止・・・泣 お天気には勝てません。

初参加ということでとても緊張していたのですが、訓練前夜からみなさまにあたたかく歓迎いただき楽しい時間を過ごすことができました。

d0326888_21583892.jpg

特大の長崎皿うどん!
めちゃ大きくて、めちゃ美味しかったです!

んでもて、とっても美味しいお刺身まで!
d0326888_21595439.jpg

包丁さばきに感動。すごーい。

搬出訓練当日、前夜のにぎわいから一転、真剣な場面に気が引き締まりました。
まずはバンガロー内にて屋内でできる訓練を。
d0326888_2224915.jpg


実際に移動しての実地訓練。
ザックとストックを使って、負担を減らしてのけが人搬出はとても有効だと思いました。
d0326888_2272236.jpg


山行中に想定できる事故はどういったものがあるのか?
安全に登るための知識や技術がいかに大事なことかとても考えさせられました。

これまで、自分の好きなように山登りをしていただけだったのでとても勉強になりました。

何より衝撃的だったのは、雨で気温も上がらず、にも関わらず果敢にじゃぶじゃぶと沢登りをされるみなさんのパワフルさ!
d0326888_22102053.jpg

少しでもついていけるよう、これから精進しようと思います(笑)

とても有意義な一日でした。
ありがとうございました!!
by yamabito80110 | 2014-06-25 22:15 | Comments(2)
【日程】2013.08.18(日)
【メンバー】
   ◆アリーナ清掃:しんたろ、マリ、Jimny
   ◆岩屋山:マリ、renko、Jimny
【天気】晴れ
【レポート】Jimny

いつもお世話になっている県立体育館アリーナの人口壁の清掃活動があると言うことで、
山人メンバーを代表して、しんたろ、マリ、Jimnyの3人が参加させていただきました。
総勢15人ほどが参加していたようです。

ウォールがある県立体育館のボルダー壁周りの清掃に始まり、中庭の清掃、用具入れ内の清掃を行い、最後にウォールにある5本のラインに5人のクライマーが登り、ボルトの緩みのチェック、スリングとカラビナの磨耗具合、反転防止のカラビナのゴムのチェックなどを行いました。
その際、ホ-ルドに付いたチョークを取り除きました。

d0326888_1621545.jpg

d0326888_1622289.jpg

d0326888_16221169.jpg


清掃活動終了後、renkoちゃんを誘って、マリ、Jimnyの3人で岩屋山へ登りました。
やはり山の上は涼しくて、気持ちの良い風が吹いていました。

九重あたりから引っ越してきたと思われるヒゴダイもきれいに咲いていましたよ。

d0326888_16242234.jpg

d0326888_1624325.jpg

d0326888_16243983.jpg

by yamabito80110 | 2013-08-18 16:28 | Comments(1)
【山行日】2013.06.15.16
【登った山】祖母山
【コース】尾平~宮原~小屋(泊)~祖母山頂~天狗の別れ~尾平
【メンバー】あきひろ、マリ、よん、ひぼ、しんたろ
【天 気】雨→曇り時々晴れ
【レポート】しんたろ

祖母山に初めて登る人だけで計画して1泊2日の祖母山の旅に出かけました。
しかし、朝から大雨。。。テンション↓↓ でもせっかく計画したんだから、とりあえず尾平まで行ってみよう!!
尾平についてみると小雨に!!テンション↑↑
さー登ろう!!

DSC03368



















かっぱ着込んで出発!!雨なんかに負けないぞ!!
でも登山口にこんな看板が。。。
DSC03370



















え~っ!!九州にくまいるの?!
雲の隙間から祖母山の稜線がみえた。アルペンムード満点。
DSC03372



















しばらくいくと川上渓谷を渡る橋に到着。みんなで渡ると揺れる揺れる・゜・(ノД`)・゜・
ん?ん!!くま出たっ!!
DSC03374



















いえいえ、マリさんでした。笑
増水した沢もなんのその!!みんな元気元気!!
でも滑りやすいよ。気お付けて!!とみんなで声を掛け合います。
DSC03380



















雨だから誰も来ないとおもったゲロ。DSC03384静かにしてゲロ。




















林道をしばらく歩き、増水した沢をわたり、てくてく1時間弱で2合目に到着。
ここからが本番。みんなガンバ。ガンバ。DSC03388




















あきひろ隊長のペースはとてもいい感じ。みんな余裕でどんどん登る。
ん?でもだんだんと急登になってきた。ぬかるみあり、滑りやすいぞ気をつけろ。
しっかり足場を確認して1、2!1、2!
木の芽が雨に濡れて気持ちよさそうだ。
DSC03389



















ほかの葉っぱもキラキラ見える。DSC03400こんなの見たら力が湧いてくるね!!




















そんな山の綺麗なところに心が踊る。
でも急登がきついよ。。。宮原はまだか。。。
DSC03409



















やたー!!宮原到着。ここから尾根歩き。心も体も軽くなる。
さー!!小屋で酒と焼肉が待ってるぞ!!ガンバガンバ!!
DSC03422



















DSC03441



















前の瀬、馬の背も無事通過。難所をクリアしてホッと一息。
あ、ドウダンツツジが咲いているよ。小さくてかわいいね。
DSC03421



















あ!!オオヤマレンゲも咲いている!!
DSC03450



















よく見るとあっちにもこっちにも。満開だね。
DSC03453



















いつの間にか雨も止んだ。看板発見!!なんだかいっぱいあるぞ。小屋はどっちだ?
DSC03455



















やったやった小屋に到着!!みんなびしょ濡れでも泥だらけでも嬉しそう。
DSC03460



















小屋の中はこんな感じ。みんなで「何だか家みたいだね笑」

DSC03500



















さー、ご飯の準備。今夜は焼肉ですよ!!やった~!!DSC03463




















ご飯もたけました。でも水加減がむずかしい。もう少し入れていいんじゃない?と、試行錯誤。
DSC03462



















それにしても落ち着く小屋ですねー。。。こたつもある。本もある。
DSC03466 (1)



















小屋番さんと、広島から来た祖母傾縦走のお兄さん、それから横浜からきた100名山ハンターの
おじさんも交えて、山の話で盛り上がった。
その中で、明日みんなでご来光を見に行くことになった。
貼れることを願って就寝。お願い。山の神様。
DSC03492



















晴れた晴れた!!雲と空が赤く焼けて、空の青と交じり合う。
コントラストがキレイ。。。みんな時間を忘れて眺める。あ~、来てよかったね。
さ、小屋に帰って朝ごはんだ。そして2日目の始まりだ!!
DSC03499



















DSC03503



















準備万端!!笑顔でパチリ!!天気ってイイね。
小屋番さん、くつろぎの時間をありがとうございました。また来ます。
本日二日目の頂上。雲の上から眺める景色は最高!!良かったね。
1371429468256



















あきひろ隊長もパチリ!祖母山登頂オメデトー!!
DSC03507



















さー。今日も長丁場。頑張って行きましょう!!
でも出だしから難所が待っていた。慎重に慎重に。。。
みんな危なげなく岩場を通過。クライミングの練習の成果かな。
DSC03521



















まだまだ続く。
DSC03530



















岩場通過。一安心。さー、天狗岩目指して進もう!!
標準タイムでは1時間程と書いてあったが、2時間程かかった。ちょっとおかしいかも。
地図上では頂上直下の岩場の稜線上を天狗に向かってまっすぐ進むように書いてあったが、
左に巻くように整備されている。ルートが変わったのかな。
天狗の別れから岩屋小屋を通過して、急な下りが続く。下りは膝にくるね。
黙々と下る。ひたすら下る。ずんずん下る。ん?沢の音が聞こえてきた。ということはゴールもすぐソコかな?
DSC03555



















その前に、大休止。河の水は冷たくてきもちいい。は~生き返る~。クタクタになったこの感じも悪い感じはしない。むしろ心地よい。心も体もリフレッシュされたね。
DSC03564



















もうゴールはすぐそこだ!!ということで記念にパチリ!!みんな元気いっぱい!!DSC03565




















昨日は見えなかった稜線がみえた。あそこを歩いたんだなーと思うと、
心の中ですぐそこに行ける。山歩きって楽しいね。
DSC03569



















さ~、帰りも長い運転が待っている。気お付けて帰ろう。
帰りに南阿蘇でお風呂に入って、アイスクリームを食べた。
山のあとはお風呂は何倍も気持ちよくて、アイスクリームは何倍も美味しく感じた。
みんなで登れてよかったね。あ~楽しかった。


~あとがき~
今回は、Jimnyさん、mimimamaさん抜きの山行となり計画から実行までみんなで役割分担して山行に臨んだ。
自分自身、パーティーでの計画に携わったことは初めてで、スケジューリングを一からみんなでやることは
難しい面もあるが、楽しかった。一部タイムスケジュールについてJimnyさんよりアドバイスを頂いたと通り
出発を早めて正解であった。パーティーでの行動は標準タイムの1.5倍かかっていたことを振り返ると、
最初のスケジュールでは何か問題が発生したときに対処できる時間的な余裕がなかった。
体力は自分が一番心配だったが、なんとか終わりまで歩くことができた。
メンバーの体力は問題なく、最後まで余裕をもって行動できていたように感じた。

今回、各担当をしてくれた皆さん、ありがとうございました。
皆さんと山で過ごしたことで、山を大好きな気持ちがひしひしと伝わってきました。
山での楽しさを何倍にも感じました。
また計画してどこかに行きましょう。次は祖母傾縦走だ!!

by yamabito80110 | 2013-06-17 20:04 | Comments(0)