このブログは長崎の登山クラブ「山人」の山行記録です。HPはプロフィールにリンク貼ってます。


by yamabito

カテゴリ:研修・訓練・トレ( 11 )

[日 程] 2019.03.02(土)
[山 域] 多良山系
[コース] 非公開
[天 候] 曇り
[メンバー] ひろ、アコ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

地図とコンパス実習山行の3回目。今日で今シーズンの地図コンパス山行(ヤブコギ)は最後です。今回のコースは夏の沢登りに向けての予行練習的なものでもありました。山登り(特に沢登り)は、地図とコンパスが必須ですが、もうひとつ大事なのはルートファインディング。山歩きの際にも登山道を塞ぐ倒木があったりしたときは、どのように迂回していくかを考えますよね。沢登りには登山道(道)はないので、自分で自分が登れるルートを判断する事が求められます。自分の力量で確実に安全に登れるルートを判断する力。休憩するときでも、落石の危険がないか?滑落する心配はないか?などを確認して休憩する位置を決めます。必要ならセルフビレイ(自己確保)も確実に。急な斜面やマルチピッチクライミングの時のテラスでの休憩の時に忘れがちなのがザックにもセルフビレイ(落ちて行かないように)を取ってあげること。一般登山道でも、必要なら普通にそんな安全対策が取れることは大事ですよね。

↓出発です
d0326888_09575002.jpg
↓八丁谷を行く
d0326888_09575658.jpg
↓地図とコンパスで確認
d0326888_09580160.jpg
↓谷は荒れていました
d0326888_09580850.jpg
↓落石が心配されるので右の尾根にエスケープ
d0326888_09581542.jpg
↓昔はこれほど荒れてなかった・・・
d0326888_09582071.jpg
↓稜線に登り上がると「マンサク」の花が咲いていた
d0326888_09582442.jpg
↓中山越から登山道で黒木へ下る
d0326888_09582840.jpg
↓初心者のルートファインディングの練習に適したコースだと思います
d0326888_09583923.jpg
↓大滝(水量が少ない)
d0326888_09584381.jpg
d0326888_09584609.jpg
d0326888_09585094.jpg
d0326888_09585414.jpg
d0326888_09585838.jpg
無事、下山しました


by yamabito80110 | 2019-03-03 10:10 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
[日 程] 2019.02.17(日)
[山 域] 多良山系
[コース] 非公開
[天 候] 晴れ
[メンバー] ひろ、アコ、jimny
[レポート] jimny

今日は地図コンパス山行の2回目。前回の山行で地図とコンパスの使い方はある程度理解できたようなので、今回はルートファインデイングの訓練を兼ねて、登山道を離れて多良の山を歩いてきました。ところがどっこい!最初に取り付いた沢沿いのコースは滝の高巻きに手こずって断念。安全確保に確信が持てない状況だったので尾根コースに変更としました。この尾根コースも落石と枯れ木に注意しながらの急登に次ぐ急登で息も絶え絶え・・・・。なんとか登山道まで登り上がり金泉寺へ向かいました。金泉寺で遅めの昼食をとって西野越から下山しました。お疲れさまでした。

d0326888_17163520.jpg
↓ 装備を準備
d0326888_17170161.jpg
↓ オニューのザック
d0326888_17171418.jpg
↓ ではでは、イザイザ・・・・
d0326888_17172750.jpg
↓ 展望の良い岩の上
d0326888_17173558.jpg
d0326888_17174497.jpg
↓ 岩壁に突き当る(こりゃあ、登れんバイ)
d0326888_17175162.jpg
↓ 金泉寺へ
d0326888_17180552.jpg
↓ ツララが出来ていた
d0326888_17181328.jpg
↓ 金泉寺の山小屋
d0326888_17182189.jpg
↓ 霜柱
d0326888_17182903.jpg
↓ 今年も芽を出した「オオキツネノカミソリ」
d0326888_17183608.jpg



[ HIGH SIERRA ] COLTS30 ハイシェラ コルツ30 (品番:907471070 / 907475300) アウトドア バックパック デイパック (日本正規代理店品)

by yamabito80110 | 2019-02-17 17:24 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
[日 程] 2019.01.13(日)
[山 域] 多良山系
[コース] 黒木→小河内谷右俣林道→五家原岳登山道→黒木
[天 候] 曇り
[メンバー] ひろ、ハセ、アコ、jimny
[レポート] jimny

登山の基本ともいえる「地図とコンパス」。最近は便利なアプリの普及でスマホさえあれば地図とコンパスがなくても山歩きが楽しめる時代になりました。そんな便利なアプリをもっと使いこなすためにも、読図とコンパスの使い方をマスターしておくことは有意義です。そして何より登山にはアクシデントがつきものだと言う事を忘れてはいけないと思います。今日は雨は降らないだろうからと雨具を持ってこないで突然の雨にあったり、明るいうちに下山するからとヘッドランプを持ってこなくて、道に迷って下山できなくなり明かりもなく山の中で真っ暗な不安な夜を過ごす事になったり、そんな万一のために備えることが登山装備の考え方です。同じように考えれば、スマートフォンも万能ではありません。電池が切れたり、水没して使えなくなったり、谷沿いではGPS電波が弱いこともあります。アナログの紙の地図とコンパスにはそんなトラブルはありません。何より地形の概念を広い範囲で理解することがし易いです。

今日は、リーダーのJimnyが前もって地図上にトレースするラインを書き、7つのポイントを決めたものを用意して当日現地でメンバーに地図を渡しました。地図上の次のポイントまでをトップを交代しながら進み、ポイントに着いたらトップが「ここだと思います」と宣言し、合っていたら次のメンバーにトップを交代すると言うルールです。スマホのアプリや時計の高度計などは使用禁止です。コースは一般車両が入れない林道を使いました。林道の方が登山道よりも実際の尾根や谷などの地形を見通せるので、現在地の特定がしやすいからです。今回は地図コンパスの入門編だったのでわかりやすいコースを設定しました。全員良く理解できたようですが、地図コンパスはロープワークなどと同じで、何度も繰り返し行って習慣にすることが大事です。理解できたことと、次もできるかどうかは別なのです。

地図コンパス山行は、後2回実施する予定ですが、2回目は中級編として一般登山道ではないコース(易し目)、3回目の卒業試験はロープを使用する可能性がある上級コースを設定しようと思っています。夏の沢登りシーズンに備えて、地図コンパスをしっかり身に付けましょう。

↓ まずは現在地を地図上で確認
d0326888_09141857.jpg
↓ 特徴のあるポイントでは地図上で現在地を確認
d0326888_09143141.jpg
↓ コース上にあったきれいな滝
d0326888_09143857.jpg
↓ 五家原岳への登山道分岐で昼食(今日はここまで)
d0326888_09144893.jpg
↓ 下山コースは五家原岳登山道
d0326888_09145611.jpg
↓ フィックスロープにシュリンゲ&カラビナで安全確保してトラバースする練習中
d0326888_09150683.jpg
↓ 砂防ダムまで下りてきました
d0326888_09151914.jpg
↓ 駐車場に戻ってきました
d0326888_09153702.jpg
↓ 多良山系の盟主「経ケ岳」が雲のベールをまとっていました
d0326888_09154913.jpg



トレッキンググローブ レディース メンズ UV ケア メッシュ VAXPOT(バックスポット) トレッキンググローブ VA-8405【クライミング トレイル グローブ 手袋 富士登山】【トレッキングポール トレッキングシューズ ザック リュック 登山用 と一緒に】[TP005]

by yamabito80110 | 2019-01-14 09:25 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
【日  程】 2016.03.06(日)
【登った山】 多良岳・黒木岳・一の宮岳
【コ ー ス】  多良岳横断林道金泉寺登山口→金泉寺→多良権現→本多良岳→黒木岳→一宮岳→六体地蔵→金泉寺→登山口
【天  気】 曇り
【メンバー】 なつ、ゴービン、レモン、ミホ、まさと、かおる、mimimama、jimny(L)
【レポート】 jimny

地図とコンパスの実習山行を行いました。
地図とコンパスを使えることは登山者にとって必要不可欠なスキルとも言えます。
GPSが使えるスマホや高度計が付いた時計など、便利なものが増えてきましたが、
私の持論は「アナログに勝るデジタルなし」です。
特に自然の中で楽しむ登山は危険がたくさん潜んでいます。
もっとも多い遭難事故は道迷いによるものとか。
道迷いをすると言うことは現在地がわからなくなると言うことです。
スマホのGPSが使えれば現在地はわかりますよね。
でもGPSが届きにくい谷筋とかバッテリーが切れたとかスマホが水没して使えないとか、
いろいろアクシデントはあるものです。
そんなときでも紙の地図とコンパスがあって、それを使いこなせる知識があれば道迷いしたりする危険はグッと減ることになります。見通しの良い場所で目印になる地点がわかっている場合は現在地を割り出すこともできます。
何より言えることは、地図とコンパスの事を理解していれば、スマホのGPSアプリをより深く便利に利用することにも繋がることでしょう。
前置きが長くなりました。。。。

今日はお手軽に金泉寺への最短ルートからのスタートです。
登山口で地図とコンパスの使い方のおさらいをしました。
d0326888_9504523.jpg

足元にはオオキツネノカミソリが芽を出していました
d0326888_9505427.jpg

多良権現への石段を登ります
d0326888_951037.jpg

鎖場
d0326888_951665.jpg

マンサクが咲いていました
d0326888_9511237.jpg

権現様
d0326888_9511715.jpg

急な下り
d0326888_9512330.jpg

はしごが架かっている岩場
d0326888_9512920.jpg

現在地を確認
d0326888_9513637.jpg

本多良岳が前方に見える
d0326888_9514266.jpg

座禅岩にて
d0326888_9514880.jpg

黒木岳
d0326888_9515981.jpg

一宮岳
d0326888_952534.jpg

六体地蔵方面へ
d0326888_9521036.jpg

六体地蔵さんの前で
d0326888_9521589.jpg

金泉寺に戻ってきました
d0326888_9522047.jpg

今日のザックの中身は?
d0326888_9522665.jpg

登山口に下りました
d0326888_9523149.jpg

下山後のミーティング
d0326888_9523663.jpg

by yamabito80110 | 2016-03-07 07:14 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
【日  程】 2016.01.10(日)
【登った山】 多良山系(二合半岳、鳥甲岳)
【コ ー ス】 黒木→二合半岳→摩利支天宮→鳥甲岳→大名杉→萱瀬
【天  気】 晴れ
【メンバー】 あきひろ、はし、たか(L)
【レポート】 たか


冬恒例の地図コンパス藪こぎ山行を実施しました。
今回はルート設定から装備まで自分たちで計画をしました。
登山口で準備中にもミーティングチックに約束事を決めたり、二合半岳の山容を見ながら地図と現物の比較・検証をしたりと、コミニュケーションを十分に行いました。

「経験のあるなしに関わらず、感じたことを声に出してみんなに伝える」

山中でもみんながそれぞれで現在地・目的地について考えました。疑問点はみんなで共有し、みんなで答えを出します。自分が藪こぎでトップを行ったことがないのでこのような方法を取りましたが、コンパス初心者マークのはしさんにも良い刺激になったと思います。

普段の山行より忙しかったので、あまり写真が撮れていませんが報告までに載せておきます。

二合半岳 見えにくいですが右から3本目の尾根に取り付きます
d0326888_20504490.jpg


9:30 取り付きは肝心。入念に確認します
d0326888_20533169.jpg


開けた場所、五家原岳が見えます。
d0326888_2054538.jpg


開けた場所では地図とコンパスを
d0326888_2131620.jpg


急登の連続。落石させぬよう注意しながら、落石を警戒しながら進みます
d0326888_21264533.jpg


11:35 二合半岳 
d0326888_21404057.jpg


今日は経ヶ岳が綺麗に見えました。
d0326888_2143149.jpg


鳥甲岳・摩利支天宮分岐 はしさんが速い速い!
d0326888_21445190.jpg

摩利支天宮に挨拶を済ませ、鳥甲岳へ。展望は山頂手前にて楽しめます
d0326888_21482264.jpg

鳥甲岳山頂にて
d0326888_21531543.jpg


ここから西に下り、大名杉を目指します。
下りはより慎重に
d0326888_21591221.jpg


途中、素晴らしい展望を見るのにピッタリなベンチ(岩)を発見!もちろんあきひろさんは座禅くみます
d0326888_2222944.jpg


大名杉。大村出身ながらその存在を最近まで知りませんでした。
立派でした。この辺りの空気はなぜか綺麗に思えました。
d0326888_223059.jpg


地図コンパス山行 無事完了!!
d0326888_2245195.jpg


今回は本当にいいトレーニングになりました。山人のコンセプトに沿った訓練になったと思います。
今後も自主性と責任感、もちろん協調性を持って山行を企画したいと思います。
お疲れ様でした。
by yamabito80110 | 2016-01-11 21:57 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
【日 程】2015年11月15日(日)
【山 域】多良山系
【コース】黒木~金泉寺~西岳~中山越~黒木
【天 候】晴れ
【メンバー】なつ、レモン、ハシ、かおる、mimimama、Jimny
【レポート】レモン

今回の山行テーマは、一般ハイキングでのアクシデントの想定、対処、その為の知識、装備です。
出発前のミーティングでは、リーダーから考えられるアクシデントを質問されました。
道迷い、滑落、転倒、体調不良、天候の急変、自然災害などの答があり、対処方法の意見を出し合いました。

今日の山行は一人一人がリーダーになったつもりで、あるいはソロで登るつもりで取組んで下さい。
との内容でした。
その後黒木駐車場を出発。
アクシデントがありそうな場所では立ち止まり、質問や意見を出しあいました。

アクシデントで一番多い道迷い。
道迷いに対する対処方法は、何と言っても地図読みコンパス使いの理解を深める事が一番です。

目印となる箇所や地形を見回し、地図上の現在地を確認。
何度も立ち止まります.

いつもと違い(?)、みんなの表情も真剣でした。

それでも道に迷った時は、、、まずは元の場所に戻ること。それもできない場合は上に登る!
下ると谷や沢、滝に向かってしまうおそれがあり危険な為。
上に向かって歩いて稜線に登り上がれば道(踏み跡)が見つかる可能性があります。

ビバークについて
怪我や道迷い、日没、天候の急変などで行動できなくなってしまった場合、ビバークをしなければならなくなります。ビバークとは、『山の中での野宿』。
上着、ダウン、レインスーツなど、手持ちの服を着て、座った状態で木等に寄り掛かり、レジャーシート等を被り一夜を過ごします。
怪我人がいる場合は怪我の程度、箇所によるので、状況に応じます。

土砂崩れについて
多良岳は崩れてきそうな箇所が沢山あります。
下山途中で土砂崩れが道を塞いでいた場合の回避方法等その場その場で意見を出し合いながら進みました。

皆がリーダーのつもりで!を実行する為に、トップや二番手を交代しました。
見える景色、意識、集中力、体力もぜんぜん違います。
今までリーダー、サブリーダーに支えられて、山行を楽しんでいた事がよく分かりました。

その他、いつも各人が装備として持ち歩いているシュリンゲとカラビナはどんな場面で使うのか?
また、リーダー装備の細引きの使い方なども実際の場面を想定して訓練しました。

以上がアクシデントについて学んだことです。

金泉寺で昼食をとり、中山越を経由して黒木に戻りました。

今回の山行では
アクシデントに遭遇しない為に、準備、知識、心構え等が必要な事を実感しました。
またアクシデントに遭遇した時、、今回知り得た知識を生かせるよう、冷静に対処する事が大切です。
パニックにならないかしら?、、冷静に冷静に。

最後に少し緊張?していたメンバー達と自撮り棒で写真撮影で盛り上がりました。

真面目にやる時はやる!
笑う時は大いに笑う!
そんな山人メンバーでした。

西野越手前
d0326888_13535175.jpg

金泉寺の広場
d0326888_13535821.jpg

お堂を過ぎて・・・
d0326888_1354456.jpg

西岳を経由して
d0326888_13541085.jpg

笹岳のコルへ
d0326888_13541652.jpg

中山越
d0326888_1354215.jpg

ウナギレ沢を下る
d0326888_13542664.jpg

沢を渡って・・・
d0326888_13543136.jpg

林道へ出ました
d0326888_13543759.jpg

うまく撮れたかな?(自撮り棒で撮影)
d0326888_13544223.jpg

by yamabito80110 | 2015-11-17 14:05 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
【日  程】2015.01.25(日)
【登った山】多良山系
【コ ー ス】黒木→(つげ尾)経ケ岳→金泉寺→五家原岳→黒木
【天  気】晴れ
【メンバー】Jimny(L)、mimimama、momi、mana、Guobin、マリ 計6名
【レポート】マリ

3月に計画予定の多良縦走に向けて第1回訓練に参加しました。
今年で3回目となる多良縦走。
昨年は郡岳から経ヶ岳、鳥甲岳を見事に1dayで達成した“最強健脚3兄弟”が最高記録を残してくれましたが、今年は初めて参加するメンバーもいるので、無理なく金泉寺1泊で実施予定です。
本番まで全ルートを3回に分けて歩くことになり、今日はその第1回となりました。
集合場所の黒木に集まったのは6名。
本番は山小屋泊装備を背負っての行程になるため、3回のトレーニングには歩荷、ルート確認、歩くペースなど、それぞれ自分に合わせた課題を持って取り組むこととなりました。
今日はシュラフなど装備をパッキングして参加する人、本日のコースを歩くことが目的の人、ルートやタイムを意識している人と目的をそれぞれ持って出発です!(8:25)
ザックの重みを感じながら、今日の行程はなかなかハードになりそうだと予測しながら、つげ尾コースへと進んだ。
d0326888_2237576.jpg

今日は、歩くペースも、休憩もそれぞれ自分のペースに合わせて行います。
しかし、安全確認の為に経ヶ岳、金泉寺、五家原岳のポイントでは、みんなが揃うまで待つことをルールとしています。
私は歩き始めて10分程度で早くも汗が出てきたので衣服調整タイムとした。
今日の私のザックは40Lに11㎏パッキングです。
d0326888_2319033.jpg

久しぶりの歩荷に自信がなく、ちょっと少なめとした。
衣服調整している間に、いつの間にか最後尾となって、みんなを追いかける。
だんだんつげ尾の勾配がきつくなってきた。
気温は低いが今日は風がない。だんだん汗が噴き出してきた。
それぞれ休むタイムミングも違うので追い抜いたり、越されたり。
順番を前後しながら進む。
d0326888_2319297.jpg

見上げるも、ガレ場続きである。
d0326888_23195060.jpg

今日は登山者もちらほらと、多良の常連さんpartyとも前後しながら、ヒィー、ヒィー言いながら、一段、一段と高度を稼いだ。
本番はここを通らないので安心だが、何度来ても、厳しいつげ尾コースです。
汗びっしょりになって、やっとの思いで登り上がった「つげ尾」分岐到着。(9:36)
上がった息を落ち着かせながら経ヶ岳へと進む。
経ヶ岳直下の岩場付近には少し雪が残っていた、滑らないように足に力が入る。
経ヶ岳に到着!(9:55)
d0326888_22443189.jpg

向かい側に今から向かう五家原岳が見えている。
経ヶ岳からは本番で歩くコースの山々が見えた。
次々にメンバーが到着し、常連さんメンバーも会話が弾み、賑やかな山頂でした。
さぁ、さぁ、今日は先が長いざんす! 行きましょう!
d0326888_2246285.jpg

下りがめちゃ早いmimimamaが先頭を行きます。
今日はザックも大きく、重いので岩場も注意して!
d0326888_2245095.jpg

中山越を通過し、適当にそれぞれ休憩しながら、前後、離れたりくっついたり。
無事に金泉寺へ到着!(11:34)
d0326888_22471340.jpg

ここで昼食休憩。
休めば体が冷えて寒い寒い、温かいものが美味しい。
ゆっくり休憩したいが冷えて寒い、準備して次の五家原へと進むことにした。
金泉寺出発!(12:00)
最初はフラットで気持ちがいい山道だが、しばらくして中岳への登りは急だ~。
また、ヒィー、ヒィーと言いながら登ること中岳へ到着!(12:41)
d0326888_22514076.jpg

いよいよ、五家原へ向かいます。
今日は想像以上に暑く、水分も取った。これが3月となればどれほどだろう??
昨年の3月の大縦走は郡岳から雪道だった、3月で雪も珍しかった。
金泉寺で水は補給出来るので安心だが、衣服調整もしなければと考えながら歩いた。
近くにテレビ局の電波塔が見えてきた。さぁー、五家原もすぐそこだ! 
途中で懐かしき空き缶を発見! ゴミとは言え 和みます。 
d0326888_22521087.jpg

五家原 到着!(13:10)
d0326888_22525151.jpg

多良山系が一望だ~、先ほどの経ヶ岳も見え、歩いてきたことを目で確かめる。
しばらく休憩した。 天気が良くて気持ちぃ~。
五家原を後に横峯越へと向かう。
もう、ここからは下りのみだぁ~

「じゃ~ぁ、当日は、その大きなザックに 共同装備のガスと鍋と、細引きと・・それと食材を詰めてもらって・・・頼りにしてまっせ!」
『えッ 何か?』
d0326888_22531755.jpg

「いや、何でもありません・・前に進んでください!」
下りも所々、滑りそうな危険な箇所があった。
d0326888_22551015.jpg

横峯分岐まで来た。(14:00)
この先は今後のトレーニングで歩くことを確認して黒木方面へ。
d0326888_22553862.jpg

林道へ出て、しばらく工事中の林道を迂回しながら歩く。
d0326888_22563775.jpg

何度か渡渉しながら、無事に黒木へ下山した。(15:15)
d0326888_2256323.jpg

蠟梅(ろうばい)の花が咲いており、辺りはいい香りでした。
d0326888_2257611.jpg

d0326888_22574055.jpg


今日は久しぶりの縦走トレーニングだったので、ザックも自分なりに調整し、控えめに11㎏に設定して参加した。マイペースで歩く事になっていたので、つげ尾コースでは歩けるスピードで歩いたが、今日は11㎏のザックだったので歩けたスピードだったが、本番は共同装備や食材も加わり13~14㎏になろうであろうザックでは無理である。
本番でバテないように、登山道の変化に合わせてスピードを出す所、息が上がらない程度に歩く所など、メリハリをつけて歩きたいと思っている。
休憩ポイントなども頭に入れておきたいので、今後のトレーニングでは、ルート確認と自分の保てるスピードを重視しながら歩きたいと思っています。
今日は、6時間50分の山行でしたが予定より早く、全体的にもペースも乱れずに歩くことが出来ました。それぞれが課題を持って参加し、何かに気づいてまた次の課題を見つることも出来て良かったです。
山の空気を存分に吸い、森の中を存分に楽しく歩くことが出来て、また一週間のエネルギーを蓄えました。
    ~ やっぱり 山っていいなぁ ~ て思う山行でした。  



バックパックの中身 見せちゃいます!
以前から 「重い 何が入ってるの??」って言われている私のザック。
『夢と希望です!』  なんちゃって( *´艸`)
自分では、みんなと変わらないようなんですが・・・
今回のトレーニングに詰め込んだ装備です。
今回は右のオレンジのザックで行きました。(35+10L、1450g)
本番は左のグレーで行く予定です。(60L、2500g)
d0326888_2331219.jpg


d0326888_22591999.jpg

①ダウン250g②レインウエア(上下)570g③フリース240g④アンダーウエア(ウール)200g⑤下着90g⑥スパッツ200g⑦替え靴下90g⑧防水グローブ⑨ザックレインカバー 130g⑩替えグローブ(インナー2枚)190g⑪手ぬぐい2枚70g⑫帽子⑬ネックウォーマー⑭ガス(プリムス153ウルトラバーナー)セット⑮水筒(魔法瓶350ml、水600ml、ナルゲン0.5L、サーモス900ml)⑯シュラフ(寝袋)750g⑰マット(120㎝)540g⑱⑲レジャーシート⑳行動食、シェラカップ類㉑ストック㉒軽アイゼン600g㉓シュリンゲ2本㉔カラビナ2本㉓+㉔300g㉕コンパス、ホイッスル㉖地図㉗シャーペン㉘ファーストエイドキットセット(テーピングなど)360g㉙ヘッドライト、予備電池3本130g㉚膝サポート㉛鈴㉜携帯トイレ㉝エマージョンシート㉞デジカメ㉟充電器230g㊱トイレットペーパー、ゴミ袋㊲化粧水、乳液、日焼け止め

【衣類関係】
d0326888_235439.jpg


【装備関係】
d0326888_2372126.jpg


【バーナー関係】
d0326888_238106.jpg

①シェラカップ40g②コッフェル食器(大小セット)170g③ガースバーナーシート④プリムスガス250未開封で380g(お湯を沸かす目安:110缶約12L、250缶約26L)
⑤コッフェル(大小セット)360g⑥ライター⑦ガスヘッド(プリムス153ウルトラバーナー)150g⑧カトラリー

【行動食関係】
d0326888_23552164.jpg

全部は多いので食べる量を小分けして持って行きます。
d0326888_23595297.jpg

今回のトレーニングでは、前夜にガス装備、食料、行動食、飲料水を抜いて約8㎏でした、当日の朝に飲料水、食料、行動食や小物(財布、携帯など)を入れて11㎏でした。
日頃の日帰り山行ではあまり気にしていないザックの重量ですが、縦走や長丁場の山行では、後悔する苦い思い出もある。
ついつい「もう一つぐらいあったほうが」の発想から積み重なる荷物。
あって便利なのは当然ながら、持って行けば安心、でも無くては不安で気になって仕方なく、そこの葛藤が行く前のパッキングです。
そこの判断が山行を決定づけることに繋がってくるんでしょうが、慣れないうちはついつい多めに持って行ってしまいます。
そして使わないことが続くと要らないものだと思い、だんだん省略するようになり、慣れの軽思考でいざと言う時に「いつもなら持っていたのに・・・」のパターンですかね(笑)
今回、いい機会と思って自分の装備を一つ一つ計量してみました。
軽量化を重視し過ぎるのも良くないと思いますが行く場所、目的、自分の体力に合わせて、最低限の無理なく無駄なく、適合したパッキングが出来るようになりたいと思います。
by yamabito80110 | 2015-01-25 22:51 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
【山行日】2013.05.11(土)
【登った沢】多良山系平谷沢左俣
【メンバー】かめ、たか、ゆかり、nona、Jimny
【天 気】曇りのち晴れ
【レポート】Jimny

今シーズン沢デビューする3人と、かめちゃん、Jimnyの5人で平谷沢に入りました。
沢登りの楽しみと危険、沢登りの装備とその使い方、安全確保、入渓前にじっくりとお勉強しました。

そしていよいよ水の中へ・・・・・
この日は水は少ない上にちょっと肌寒い。
それでも泳いだり浸かったり、、、ワシは付いて行けませんです。

いきなり泳ぐ「ゆかりちゃん」
P5110004



















大滝の前で
P5110022



















もう一枚
P5110023

























大滝を左から巻きます
P5110025



















小滝を登る「たかちゃん」
P5110027

























水と遊ぶ「ゆかりちゃん」
P5110030



















最後の滝
P5110035



















土管をくぐると終了です
P5110042



















下山時に見かけた「キンラン」
P5110043


by yamabito80110 | 2013-05-11 20:24 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
山行日:2013.04.13(土)
場 所:長崎市内稲佐山「権現岩」
メンバー:ひぼ、マリ、たか、きょう、Jimny
天 候:晴れ
レポート:Jimny

今月末の大崩山山行に向けて岩トレを行いました。
大崩山には岩場やハシゴ、ロープなどの難所があるのでその為の訓練です。
この日は、長崎カルチャー山の会のパーティーも岩トレに来ていました。

私たちは、最初に簡単にロープワークを行い、その後三日月フェースを登山靴で登りました。
下降は懸垂下降とクライムダウンを行いました。

お昼の後はザックを担いでの登りと下りの練習。
その後右のフェースを登って終了としました。

登攀準備中の「きょうちゃん」
DSC00327

よくできました!
DSC00336

マリ先輩が登ります
DSC00341

ひぼ大先輩も登ります
DSC00347

ひぼちゃんの懸垂下降
DSC00357

「たかちゃん」リード!
DSC00361
by yamabito80110 | 2013-04-13 18:35 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)
山行日:2012.07.07(土)
山域:多良山系
メンバー:あきひろ、ひぼ、マリ、たま、mimimama、Jimny
天候:曇りのち晴れ

9月に黒部源流赤木沢への遠征が決まり、メンバーもほぼ確定しました。
そのメンバーの中で、この日都合が付いた人でボッカトレをやる事になりました。

黒木からウナギレ沢沿いの登山道で、中山越へ。
この日は雨の後と言うことで、水量が多く渡渉するところでは
思い切って登山靴のまま水の中を渡ったりしました。

水に濡れることを躊躇して怪我でもしたら大変なので・・・・

中山越で休憩して金泉寺へ。
金泉寺は登山者は少なくて静かでした。

下山は西野越経由で黒木へのコースでした。

いつもより重いザックでの山歩きでしたが、全員無事歩きとおすことが出来て、
まずは第一関門突破と言ったところです。


八丁谷で打ち合わせ


登山道は水が多かった


ウナギレ沢大滝


笹岳のコル付近


ヤマアジサイ


金泉寺にて


山人Tシャツ! どやっ!


歩きとおして満足。。

by yamabito80110 | 2012-07-08 23:09 | 研修・訓練・トレ | Comments(0)