カテゴリ:ハイキング( 163 )

2019.01.06 長崎七高山巡り

[日 程] 2019.01.06(日)
[山 域] 長崎市内の山
[コース]諏訪神社→金毘羅山→烽火山→秋葉神社→豊前坊→彦山→愛宕山→風頭→若宮神社
[天 候] 晴れ/曇り
[メンバー] かんこ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

最近の二年間はしていなかった「七高山巡り」に行きました。若い会員は正月の実家帰省や家族サービスなどで参加できないことが多く、このところは行っていませんでしたが、1月~2月の間は都合で山へ行けなくなりそうな〇〇さんのこともあり久しぶりに歩くことにしました。
諏訪神社には遅めの8:30集合としたので、ほとんどのパーティーは出発した後みたいで、私たちは今日の最終便と言った感じ。長崎在住と思われる外人さんたちのグループと前後して歩くことになりました。昨日が七高山巡りの登山者が多かったとの話も聞きました。総歩行距離15km、累積標高差1200mとログにある通り堪えるはずです。このコースを無事歩ければ、今年もなんとか山を楽しめる体力はあるのかな?と言うバロメーターにはなりそうです。
↓ 諏訪神社をスタート
d0326888_09104676.jpg
d0326888_09105416.jpg
↓ 金毘羅神社
d0326888_09110029.jpg
↓ ドンク岩
d0326888_09124526.jpg
↓ 金毘羅山展望所
d0326888_09492372.jpg

↓ 西山ダム
d0326888_09110770.jpg
↓ 烽火山
d0326888_09111203.jpg
↓ 妙相寺
d0326888_09111840.jpg
↓ ダム公園で昼食
d0326888_09112412.jpg
↓ 豊前坊へ向かう
d0326888_09132950.jpg
↓ 豊前坊の岩
d0326888_09134446.jpg
↓ 岩の横を登る
d0326888_09135320.jpg
↓ 神社へ
d0326888_09141180.jpg
↓ 彦山の展望岩から長崎港を見る
d0326888_09142385.jpg
↓ 愛宕神社
d0326888_09144402.jpg
↓ 風頭の竜馬像の前で
d0326888_09114147.jpg
↓ 最終目的地の若宮神社にて・・・お疲れさまでした
d0326888_09494739.jpg

今年もなんとか歩きとおすことが出来ました。今日が七高山巡りのピークではなかったとは言え、私たちの前後には登山者の長い列が続いていました。さすがに長崎の登山者の恒例行事だけのことはあります。久しぶりに会った顔、地元の山でいつもお会いする顔、山人のOBさん、いろいろな人たちとの出会い・再会がありました。みんな今年の山への目標を抱いて長崎の山巡りをしているんだろうなあ、と、自分自身の今年の山登りが安全で楽しいものにありますようにと思いながら帰りの電車に揺られた私でした。 

[PR]
by yamabito80110 | 2019-01-07 09:38 | ハイキング | Comments(0)

2018.12.24 由布岳~飯盛ケ城

[日 程] 2018.12.24(日)
[山 域] 由布岳
[コース]正面登山口→合野越→マタエ→東峰→合野越→飯盛ケ城→正面登山口
[天 候] 晴れ
[メンバー] かんこ、よしこ、るっちん、mimimama、jimny
[レポート] jimny

大分県湯布院の「由布岳」に行きました。雪を期待していきましたが、残念ながら積雪はありませんでした。朝は冷え込んだみたいですが、登ってきたお日様に照らされて山頂付近の霧氷は少しだけしか残っていませんでした。風が強かったので西峰はパスして、飯盛ケ城へ・・・。樹木がなく見晴らしは最高です。下山後は湯布院の町で温泉にでもと思い車で向かいましたが、スゴイ観光客(ほとんど外国人)で車は身動き取れなくなってしまいました。悪戦苦闘して何とか脱出することが出来ました。こりゃあイカンと言うことで九重町役場の敷地にあるお風呂に行ってみると、半年ほど前に閉館になっていました。(トホホ)。気を取り直して、近くの壁湯に車を走らせて、ナビで探した「山光園」と言う日帰り入浴OKのお宿のお風呂に浸かってきました。いい湯でした。

↓ さあ、登るぞ~!
d0326888_12250999.jpg
d0326888_12254784.jpg

d0326888_12265110.jpg
↓ マタエに到着(風が強い)
d0326888_12272697.jpg
↓ 東峰山頂
d0326888_12274780.jpg
↓ お鉢には霧氷が残っていた
d0326888_12305490.jpg
↓ マタエに戻る
d0326888_12280449.jpg
↓ ちょっとだけ鎖場体験
d0326888_12282558.jpg
↓ 湯布院の街を見下ろす
d0326888_12284345.jpg
↓ 飯盛ケ城へ向かう
d0326888_12290055.jpg
↓ あと少しで到着
d0326888_12291436.jpg
↓ 由布岳をバックに
d0326888_12292821.jpg
d0326888_12301573.jpg
↓ 名残惜しい由布岳
d0326888_12302969.jpg
↓ お世話になった「山光園」さん
d0326888_12303924.jpg
温泉で温まった後は、高速の「玖珠SA」に立ち寄って夕食をいただきました。だんご汁派が2名、カレー派(とり天カレーとカツカレー)が2名、とり天どんぶり派が1名。だんご汁派2名は、自宅での晩酌を考慮してのだんご汁選択ではないかともっぱらの噂でありました(ヒソヒソ)。ヒソヒソ話のついでに「放射冷却」を学術的に考察する緊急会議が開かれましたが、その経緯の真実についてはシークレットとなっております。どうしても知りたい方は、緊急会議の議長を務めた「カンコ姉さん」にお聞きください。ではでは・・・・

[PR]
by yamabito80110 | 2018-12-25 12:46 | ハイキング | Comments(0)

2018.12.09 雲仙岳

[日 程] 2018.12.09(日)
[山 域] 雲仙岳
[コース]仁田峠→あざみ谷→紅葉茶屋→普賢岳→紅葉茶屋→妙見神社→仁田峠
[天 候] 曇り
[メンバー] かんこ、よしこ、しげ、一般1名、jimny
[レポート] jimny

天気予報から雲仙に霧氷が付くかも?と思い、予定していた虚空像山から急遽雲仙に変更。
結果オーライでした (⌒-⌒)ニコニコ...

今シーズン一番の冷え込みの中、5人のメンバーで雲仙へ・・・・。今日はアイゼン初卸しのメンバーもいて、それもひとつの楽しみでしたが、幸か不幸かアイゼンを使う場面はなし。でも、霧氷はバッチリでした。紅葉茶屋から普賢岳へ向かう道には最初はかわいらしい霧氷がお出迎えしてくれて、登るにつれてだんだん厚化粧の霧氷さんが登場してくれました。それほど風もなく、足元も大した凍結もなく今日は最高の霧氷ハイキング日和でした。

↓ 仁田峠から普賢岳を見る
d0326888_18280046.jpg
↓ あざみ谷
d0326888_18304002.jpg
↓ 霧氷が付いてる!
d0326888_18305499.jpg
d0326888_18310285.jpg
d0326888_18311282.jpg
↓ 普賢岳近く
d0326888_18311952.jpg
d0326888_18312648.jpg
↓ 普賢岳山頂
d0326888_18313352.jpg
d0326888_18314006.jpg
↓ 霧氷沢へ向かう
d0326888_18314703.jpg
↓ 霧氷沢にて
d0326888_18315651.jpg
↓ 紅葉茶屋から国見別れへ向かう
d0326888_18320451.jpg
d0326888_18321436.jpg
d0326888_18322147.jpg
↓ 妙見岳
d0326888_18322819.jpg
↓ 妙見神社近く
d0326888_18323502.jpg

下山後は「雲仙よか湯」で汗を流して帰路に着きました。にぎやかなお嬢さん二人と無口なおじさん二人、セクハラ発言が得意なJimnyの5人で笑いが絶えない一日でした。お疲れさまでした。また行きましょう!!


[PR]
by yamabito80110 | 2018-12-09 18:41 | ハイキング | Comments(0)

2018.12.01 九重・黒岩山~大崩の辻~泉水山

[日 程] 2018.12.01(土)
[山 域] 九重・黒岩山~大崩の辻~泉水山
[コース]牧ノ戸峠→黒岩山→大崩の辻→上泉水山→下泉水山→長者原
[天 候] 晴れ/薄曇り
[メンバー] かんこ、ひろ、一般2名、jimny
[レポート] jimny

九重連山の展望を楽しめる黒岩、泉水の稜線を歩いてきました。会員3名と一般2名の合計5名での山行となりました。前日の天気予報ではかなり冷え込みそうとの事だったので軽アイゼンも準備して出かけましたが、歩いてるうちにポカポカ陽気となってアイゼンどころか半袖になりたいくらいでした。今日の九重は長者原も車が少なく、少し拍子抜けみたいな静かな九重でした。今日は、普段あまり立ち寄ることもない「大崩の辻」と言うピークに行ってきました。

↓ 長者原からバスで牧ノ戸へ移動
d0326888_21375068.jpg
↓ 牧ノ戸峠
d0326888_21373617.jpg
↓ 黒岩山を目指します
d0326888_21391303.jpg
d0326888_21392878.jpg
d0326888_21393775.jpg
↓ 黒岩山
d0326888_21394273.jpg
↓ 振り返れば猟師山・合頭山
d0326888_21395908.jpg
↓ 大崩の辻(新しい標識がありました)
d0326888_21400767.jpg
↓ もうひとつのピーク
d0326888_09433143.jpg

↓ 上泉水山
d0326888_21404213.jpg
↓ ススキの中を行く
d0326888_21405208.jpg
↓ アセビの木が多い
d0326888_21410220.jpg
↓ 下泉水山を過ぎて長者原へ
d0326888_21411627.jpg
↓ 戻ってきました
d0326888_21412936.jpg
下山後は「花山酔」で汗を流して長崎へ・・・・

[PR]
by yamabito80110 | 2018-12-01 21:48 | ハイキング | Comments(0)

2018.10.28 九重・黒岳

[日 程] 2018.10.28(日)
[山 域] 九重・黒岳
[コース]男池→ソババッケ→風穴→天狗岩(往復)
[天 候] 晴れ
[メンバー] よしこ、かんこ、mmimimama、jimny
[レポート] jimny

今年は紅葉が早そうです。
九重の黒岳へ出かけました。男池の駐車場は満車かな?と心配して来てみるとまだ余裕がありました。最近は牧ノ戸峠や長者原からのコースに人気が集中しているようで、思いのほか静かな山歩きが楽しめて良かったです。標高の高いところではやはり紅葉はそろそろピークを過ぎそうな感じでしたが、ソババッケあたりはちょうど見頃でした。

↓ 男池の駐車場を出発
d0326888_20580832.jpg
d0326888_20580901.jpg
d0326888_20580988.jpg
d0326888_20580972.jpg
↓ ソババッケあたりの紅葉
d0326888_20580975.jpg
d0326888_20581042.jpg
d0326888_20581064.jpg
d0326888_20581066.jpg
d0326888_20581196.jpg
↓ 風穴から天狗を目指す
d0326888_20581058.jpg
↓ 登りの途中から見た大船山方面
d0326888_21010897.jpg
↓ 天狗にて(後方は大船山)
d0326888_21010840.jpg
↓ 下りはより慎重に・・・
d0326888_21010876.jpg
↓ ソババッケに戻ってきました
d0326888_21010913.jpg
↓ ソババッケから平次岳の斜面を見る
d0326888_21010912.jpg
↓ 男池の近くのケヤキの大木
d0326888_21010964.jpg
↓ 無事に戻ってきました
d0326888_21010997.jpg
↓ 山里の湯に浸かって長崎へ
d0326888_07140003.jpg
川登SAで晩御飯を食べました。jimny&mimimamaはかき揚げうどん、かんこは蜂の屋特製カレー、よしこは念願の和風チャンポンでした。山では紅葉で満腹、お腹も満腹の一日でした。。。

[PR]
by yamabito80110 | 2018-10-29 21:10 | ハイキング | Comments(2)

2018.10.14 多良・経ケ岳から舞岳尾根へ

[日 程] 2018.10.14(日)
[山 域] 多良山系「経ケ岳」
[コース]黒木→ツゲ尾→経ケ岳→南尾根→舞岳→黒木
[天 候] 晴れ
[メンバー] しげ、かんこ、mmimimama、jimny
[レポート] jimny

多良・経ケ岳へ登りました。素晴らしい青空でした。黒木の駐車場はそれほど混雑していなくて、みなさんそろそろ紅葉を目当てに遠出しているのかな・・・・そんなことを思いながら私たちは経ケ岳を目指して黒木をスタートしました。 この時期はこれと言った花もなくて(と言うかぁ~花のことはわかりませんが・・)花音痴の4人は、黙々と山頂を目指すのでありました。 

↓黒木から見上げる「経ケ岳」
d0326888_16382172.jpg
↓経ケ岳への最後の登り
d0326888_16384273.jpg
↓経ケ岳山頂
d0326888_16390252.jpg
↓お昼ご飯に集中するお二人さん
d0326888_16392546.jpg
↓南尾根を下ります
d0326888_16393310.jpg
↓今日は「舞岳」方面へのルートで下ります
d0326888_16394045.jpg
↓舞岳山頂
d0326888_16395036.jpg
↓経ケ岳を振り返る
d0326888_16395745.jpg
↓多良岳方面を見る
d0326888_16400384.jpg
↓最後の展望岩で休憩
d0326888_16400914.jpg
d0326888_16401546.jpg
↓下山しました
d0326888_16402192.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2018-10-14 16:47 | ハイキング | Comments(0)

2018.09.17 矢岳~絹笠山周回(雲仙の山)

[日 程] 2018.09.17(月・祭日)
[山 域] 雲仙
[天 候] 晴れ
[コース] 温泉街駐車場→地獄めぐり→矢岳(展望台)→矢岳(三角点)→車道(宝原園地分岐)→白雲の池→絹笠山→原生沼→温泉街駐車場
[メンバー] かおる、るっちん、よしこ、かんこ、jimny
[レポート] jimny
※ログはこちら

雲仙温泉街を取り囲むようにそびえている矢岳と絹笠山を周回してきました。リーダーのjimnyも矢岳は初めてだったので、全員で地図とコンパスを使ってトップを交代しながら歩くことにしました。矢岳への道は、ネットに上がっているコースとはかなりずれていて、実際には矢岳山頂の東側を巻くように登っています。途中にある表示板のコースは実際の道と合っているようでした。また、矢岳の山頂標識が立っている場所は、三角点のある国土地理院の地図上の地点ではなく、三角点のある矢岳はもう少し南に進んだ場所にありました。展望の良い場所に矢岳の標識を立てたのかな??
ともあれ、地図とコンパスの良い勉強になりました。

↓ 地図とコンパスで確認中です
d0326888_19274533.jpg
↓ 雲仙地獄を抜けて・・・・
d0326888_19283490.jpg
↓ 矢岳を目指します
d0326888_19290282.jpg
↓ フムフム、なんかちょっと違うかも・・・?
d0326888_19292675.jpg
↓ 足元には「ヤマジノホトトギス」が
d0326888_19295635.jpg
↓ 矢岳は右です
d0326888_19302320.jpg
↓ 矢岳の山頂標柱があるポイント
d0326888_19310195.jpg
↓ 三角点のある「矢岳」
d0326888_19313363.jpg
↓ 南へ下ります
d0326888_19315748.jpg
↓ 車道に出る手前の東屋で昼食休憩
d0326888_19322742.jpg
↓ 車道を歩きます
d0326888_19330499.jpg
↓ 白雲の池
d0326888_19332585.jpg
↓ 絹笠山へ向かいます
d0326888_19334742.jpg
↓ 絹笠山の展望台から雲仙温泉街を見る
d0326888_19345313.jpg
↓ ヤマボウシの実がたくさん
d0326888_19350230.jpg
 ↓ 原生沼の近くに降りて来ました
d0326888_19350896.jpg
下山後は100円温泉で汗を流しました。お疲れさまでした。

[PR]
by yamabito80110 | 2018-09-17 19:40 | ハイキング | Comments(0)

2018/8/5(日)作礼山~樫原湿原~観音滝

[日 程] 2018.08.05(日)
[山 域] 佐賀県
[天 候] 晴れ
[コース] 作礼山ハイキング→樫原湿原散策→観音滝見物
[メンバー] かおる、mimimama、jimny
[レポート] jimny

今日は登山ではなく、散策みたいな散歩みたいな観光ドライブみたいな・・・そんな感じです

メインは、この時期佐賀県七山村の樫原湿原に咲く「サギソウ」です。
でもそれだけではちょっともったいないので、作礼山を散策して樫原湿原のちかくにある「観音滝」を見ようと言う企画を上げてみました。

かれこれ10年以上振りの作礼山でしたが、駐車場に着いてみると車は1台だけ。当時はにぎやかだったキャンプ場は2年ほど前に閉鎖されたのだとか。ロケーションの良いキャンプ場だったのに寂しい限りです。今日は日傘にショルダーバックのスタイルで池の周りを散策して作礼山頂上へ、その後権現様まで足を伸ばしました。

駐車場に戻り、樫原湿原にナビをセットして車を出しました。しばらくするとナビが案内する道は工事中で通行止め。たぶん少し前の大雨の影響だと思われます。かなり迂回して樫原湿原駐車場にやっと到着。車は10台ほど停まっていました。強い日差しの下、駐車場から少し歩くと樫原湿原です。

お目当ての「サギソウ」はちょうどいいタイミングだったようです。花の様子は下の方に画像をアップしておきます。

さて、最後の目的地「観音滝」は、思いのほかの迫力で圧倒されました。
しばらく雨が降っていないにも関わらずすごい水量でした。
九州北部では屈指の迫力ではないでしょうか。動画(音が出ます、注意)を上げておきます。

この日も暑い一日でしたが、ちょっとだけ涼しい気持ちになりました。

d0326888_10555546.jpg
d0326888_10540538.jpg
d0326888_10541735.jpg
d0326888_10561834.jpg
d0326888_10565176.jpg

d0326888_10593866.jpg

d0326888_10575164.jpg

d0326888_10571685.jpg
d0326888_10581647.jpg
d0326888_10582312.jpg
d0326888_10583048.jpg
d0326888_10583761.jpg
d0326888_10584663.jpg
d0326888_10585638.jpg
d0326888_10590318.jpg
d0326888_10591406.jpg
d0326888_11001890.jpg
d0326888_11002513.jpg
d0326888_11003174.jpg
観音滝の動画(音が出ます。注意)

[PR]
by yamabito80110 | 2018-08-06 11:04 | ハイキング | Comments(0)

2018/7/22(日)多良山系オオキツネノカミソリ

[日 程] 2018.07.22(日)
[山 域] 多良山系
[天 候] 晴れ
[コース] 黒木→西野越→金泉寺(ソーメン)→中山越→黒木
[メンバー] かんこ、ひろ(お試し)、mimimama、jimny
[レポート] jimny
※ログ(ひろ・みーかん)

今日初参加の「ひろ君」を迎えて、多良の名花「オオキツネノカミソリ」を愛でる山行を行いました。毎年この時期は大勢の登山者でごった返すのですが、思ったほどの混雑ではありませんでした。登山者のピークは恐らく次の週末なのでしょう。
今年は花の株数は例年よりかなり少ないようです。一番の群生地もいつもの年とすると半分程度でしょうか。
それでも毎年きれいな姿を見せてくれる花たちに(ありがとう・・・)と言葉を掛けてきましたよ。。。

↓ 金泉寺に向けて出発です
d0326888_19030833.jpg
↓ 水場
d0326888_19031880.jpg

d0326888_19032417.jpg
↓ 花の群生地に到着
d0326888_19033057.jpg
↓ 今年もきれいに咲きました
d0326888_19033724.jpg

d0326888_19034224.jpg

d0326888_19034710.jpg
↓ 金泉寺
d0326888_19040671.jpg
↓ 今日はソーメン
d0326888_19035370.jpg
↓ 笹岳のコルへ
d0326888_19042591.jpg

d0326888_19043269.jpg
↓ 途中の岩の上から見た経ケ岳
d0326888_19043873.jpg
↓ 中山越から黒木方面へ
d0326888_19044319.jpg

d0326888_19044989.jpg

d0326888_19045495.jpg

d0326888_19050014.jpg
↓ 黒木の駐車場から見る経ケ岳
d0326888_19050777.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2018-07-22 19:10 | ハイキング | Comments(0)

2018.06.27(水)雲仙・九千部岳→唐比ハス園散策

[日 程] 2018.06.27(水)
[山 域] 雲仙・九千部岳
[天 候] 曇り
[コース] 田代原→九千部岳→自然歩道→田代原
[メンバー] るっちん、かんこ、ミキ、jimny
[レポート] jimny

平日山行をどこにしようか悩みましたが、るっちんとミキさんが登ったことがなかった「九千部岳」に行くことにしました。前夜はちょっとした嵐のような天候で、翌朝もどんよりとした空に結構な風も吹いていましたが、予定通り行ってみることに・・・・。もしも現地が雨だったら、適当にドライブして散策でもしましょう・・・。

登山口の田代原に到着しても天候は変わらず。
急に降られた時のための準備と心構えをして出発しました。

【本日のテーマ】
①地図とコンパスの復習
②こんなときどうする? よしこさんが捻挫したら・・・ ※置いていく(?_?)
③岩場の歩き方・・・先生はわざと難しいコースを選択。 ※ほんとは間違ったんじゃないの(?_?)
④ブヨ対策について・・・先日の経ケ岳でブヨに噛まれたミキさんのお岩さん顔を見たい人は本人へ連絡を ※いつもの顔とあんまり変わらんような気もしたけど・・・(^_-)-☆

↓ 田代原トレイルセンターを出発
d0326888_17055044.jpg
d0326888_17055978.jpg
d0326888_17060641.jpg
↓ 強風にも負けずに山頂へ到着
d0326888_17061215.jpg
d0326888_17061844.jpg
↓ この三叉路を左へ
d0326888_17062610.jpg
d0326888_17063238.jpg
d0326888_17063911.jpg
↓ 途中の東屋で一休み
d0326888_17065121.jpg
↓ 戻ってきました
d0326888_17065773.jpg
↓ 帰路、唐比のハス園に立ち寄りました
d0326888_17070661.jpg
d0326888_17071238.jpg
d0326888_17072066.jpg
d0326888_17072993.jpg
お疲れさまでした。
強風の九千部岳も楽しかったけど、下山後のオマケに立ち寄った唐比ハス園にみなさん大喜びでした。

[PR]
by yamabito80110 | 2018-06-27 17:25 | ハイキング | Comments(0)