カテゴリ:ハイキング( 159 )

2018.10.28 九重・黒岳

[日 程] 2018.10.28(日)
[山 域] 九重・黒岳
[コース]男池→ソババッケ→風穴→天狗岩(往復)
[天 候] 晴れ
[メンバー] よしこ、かんこ、mmimimama、jimny
[レポート] jimny

今年は紅葉が早そうです。
九重の黒岳へ出かけました。男池の駐車場は満車かな?と心配して来てみるとまだ余裕がありました。最近は牧ノ戸峠や長者原からのコースに人気が集中しているようで、思いのほか静かな山歩きが楽しめて良かったです。標高の高いところではやはり紅葉はそろそろピークを過ぎそうな感じでしたが、ソババッケあたりはちょうど見頃でした。

↓ 男池の駐車場を出発
d0326888_20580832.jpg
d0326888_20580901.jpg
d0326888_20580988.jpg
d0326888_20580972.jpg
↓ ソババッケあたりの紅葉
d0326888_20580975.jpg
d0326888_20581042.jpg
d0326888_20581064.jpg
d0326888_20581066.jpg
d0326888_20581196.jpg
↓ 風穴から天狗を目指す
d0326888_20581058.jpg
↓ 登りの途中から見た大船山方面
d0326888_21010897.jpg
↓ 天狗にて(後方は大船山)
d0326888_21010840.jpg
↓ 下りはより慎重に・・・
d0326888_21010876.jpg
↓ ソババッケに戻ってきました
d0326888_21010913.jpg
↓ ソババッケから平次岳の斜面を見る
d0326888_21010912.jpg
↓ 男池の近くのケヤキの大木
d0326888_21010964.jpg
↓ 無事に戻ってきました
d0326888_21010997.jpg
↓ 山里の湯に浸かって長崎へ
d0326888_07140003.jpg
川登SAで晩御飯を食べました。jimny&mimimamaはかき揚げうどん、かんこは蜂の屋特製カレー、よしこは念願の和風チャンポンでした。山では紅葉で満腹、お腹も満腹の一日でした。。。

[PR]
by yamabito80110 | 2018-10-29 21:10 | ハイキング | Comments(1)

2018.10.14 多良・経ケ岳から舞岳尾根へ

[日 程] 2018.10.14(日)
[山 域] 多良山系「経ケ岳」
[コース]黒木→ツゲ尾→経ケ岳→南尾根→舞岳→黒木
[天 候] 晴れ
[メンバー] しげ、かんこ、mmimimama、jimny
[レポート] jimny

多良・経ケ岳へ登りました。素晴らしい青空でした。黒木の駐車場はそれほど混雑していなくて、みなさんそろそろ紅葉を目当てに遠出しているのかな・・・・そんなことを思いながら私たちは経ケ岳を目指して黒木をスタートしました。 この時期はこれと言った花もなくて(と言うかぁ~花のことはわかりませんが・・)花音痴の4人は、黙々と山頂を目指すのでありました。 

↓黒木から見上げる「経ケ岳」
d0326888_16382172.jpg
↓経ケ岳への最後の登り
d0326888_16384273.jpg
↓経ケ岳山頂
d0326888_16390252.jpg
↓お昼ご飯に集中するお二人さん
d0326888_16392546.jpg
↓南尾根を下ります
d0326888_16393310.jpg
↓今日は「舞岳」方面へのルートで下ります
d0326888_16394045.jpg
↓舞岳山頂
d0326888_16395036.jpg
↓経ケ岳を振り返る
d0326888_16395745.jpg
↓多良岳方面を見る
d0326888_16400384.jpg
↓最後の展望岩で休憩
d0326888_16400914.jpg
d0326888_16401546.jpg
↓下山しました
d0326888_16402192.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2018-10-14 16:47 | ハイキング | Comments(0)

2018.09.17 矢岳~絹笠山周回(雲仙の山)

[日 程] 2018.09.17(月・祭日)
[山 域] 雲仙
[天 候] 晴れ
[コース] 温泉街駐車場→地獄めぐり→矢岳(展望台)→矢岳(三角点)→車道(宝原園地分岐)→白雲の池→絹笠山→原生沼→温泉街駐車場
[メンバー] かおる、るっちん、よしこ、かんこ、jimny
[レポート] jimny
※ログはこちら

雲仙温泉街を取り囲むようにそびえている矢岳と絹笠山を周回してきました。リーダーのjimnyも矢岳は初めてだったので、全員で地図とコンパスを使ってトップを交代しながら歩くことにしました。矢岳への道は、ネットに上がっているコースとはかなりずれていて、実際には矢岳山頂の東側を巻くように登っています。途中にある表示板のコースは実際の道と合っているようでした。また、矢岳の山頂標識が立っている場所は、三角点のある国土地理院の地図上の地点ではなく、三角点のある矢岳はもう少し南に進んだ場所にありました。展望の良い場所に矢岳の標識を立てたのかな??
ともあれ、地図とコンパスの良い勉強になりました。

↓ 地図とコンパスで確認中です
d0326888_19274533.jpg
↓ 雲仙地獄を抜けて・・・・
d0326888_19283490.jpg
↓ 矢岳を目指します
d0326888_19290282.jpg
↓ フムフム、なんかちょっと違うかも・・・?
d0326888_19292675.jpg
↓ 足元には「ヤマジノホトトギス」が
d0326888_19295635.jpg
↓ 矢岳は右です
d0326888_19302320.jpg
↓ 矢岳の山頂標柱があるポイント
d0326888_19310195.jpg
↓ 三角点のある「矢岳」
d0326888_19313363.jpg
↓ 南へ下ります
d0326888_19315748.jpg
↓ 車道に出る手前の東屋で昼食休憩
d0326888_19322742.jpg
↓ 車道を歩きます
d0326888_19330499.jpg
↓ 白雲の池
d0326888_19332585.jpg
↓ 絹笠山へ向かいます
d0326888_19334742.jpg
↓ 絹笠山の展望台から雲仙温泉街を見る
d0326888_19345313.jpg
↓ ヤマボウシの実がたくさん
d0326888_19350230.jpg
 ↓ 原生沼の近くに降りて来ました
d0326888_19350896.jpg
下山後は100円温泉で汗を流しました。お疲れさまでした。

[PR]
by yamabito80110 | 2018-09-17 19:40 | ハイキング | Comments(0)

2018/8/5(日)作礼山~樫原湿原~観音滝

[日 程] 2018.08.05(日)
[山 域] 佐賀県
[天 候] 晴れ
[コース] 作礼山ハイキング→樫原湿原散策→観音滝見物
[メンバー] かおる、mimimama、jimny
[レポート] jimny

今日は登山ではなく、散策みたいな散歩みたいな観光ドライブみたいな・・・そんな感じです

メインは、この時期佐賀県七山村の樫原湿原に咲く「サギソウ」です。
でもそれだけではちょっともったいないので、作礼山を散策して樫原湿原のちかくにある「観音滝」を見ようと言う企画を上げてみました。

かれこれ10年以上振りの作礼山でしたが、駐車場に着いてみると車は1台だけ。当時はにぎやかだったキャンプ場は2年ほど前に閉鎖されたのだとか。ロケーションの良いキャンプ場だったのに寂しい限りです。今日は日傘にショルダーバックのスタイルで池の周りを散策して作礼山頂上へ、その後権現様まで足を伸ばしました。

駐車場に戻り、樫原湿原にナビをセットして車を出しました。しばらくするとナビが案内する道は工事中で通行止め。たぶん少し前の大雨の影響だと思われます。かなり迂回して樫原湿原駐車場にやっと到着。車は10台ほど停まっていました。強い日差しの下、駐車場から少し歩くと樫原湿原です。

お目当ての「サギソウ」はちょうどいいタイミングだったようです。花の様子は下の方に画像をアップしておきます。

さて、最後の目的地「観音滝」は、思いのほかの迫力で圧倒されました。
しばらく雨が降っていないにも関わらずすごい水量でした。
九州北部では屈指の迫力ではないでしょうか。動画(音が出ます、注意)を上げておきます。

この日も暑い一日でしたが、ちょっとだけ涼しい気持ちになりました。

d0326888_10555546.jpg
d0326888_10540538.jpg
d0326888_10541735.jpg
d0326888_10561834.jpg
d0326888_10565176.jpg

d0326888_10593866.jpg

d0326888_10575164.jpg

d0326888_10571685.jpg
d0326888_10581647.jpg
d0326888_10582312.jpg
d0326888_10583048.jpg
d0326888_10583761.jpg
d0326888_10584663.jpg
d0326888_10585638.jpg
d0326888_10590318.jpg
d0326888_10591406.jpg
d0326888_11001890.jpg
d0326888_11002513.jpg
d0326888_11003174.jpg
観音滝の動画(音が出ます。注意)

[PR]
by yamabito80110 | 2018-08-06 11:04 | ハイキング | Comments(0)

2018/7/22(日)多良山系オオキツネノカミソリ

[日 程] 2018.07.22(日)
[山 域] 多良山系
[天 候] 晴れ
[コース] 黒木→西野越→金泉寺(ソーメン)→中山越→黒木
[メンバー] かんこ、ひろ(お試し)、mimimama、jimny
[レポート] jimny
※ログ(ひろ・みーかん)

今日初参加の「ひろ君」を迎えて、多良の名花「オオキツネノカミソリ」を愛でる山行を行いました。毎年この時期は大勢の登山者でごった返すのですが、思ったほどの混雑ではありませんでした。登山者のピークは恐らく次の週末なのでしょう。
今年は花の株数は例年よりかなり少ないようです。一番の群生地もいつもの年とすると半分程度でしょうか。
それでも毎年きれいな姿を見せてくれる花たちに(ありがとう・・・)と言葉を掛けてきましたよ。。。

↓ 金泉寺に向けて出発です
d0326888_19030833.jpg
↓ 水場
d0326888_19031880.jpg

d0326888_19032417.jpg
↓ 花の群生地に到着
d0326888_19033057.jpg
↓ 今年もきれいに咲きました
d0326888_19033724.jpg

d0326888_19034224.jpg

d0326888_19034710.jpg
↓ 金泉寺
d0326888_19040671.jpg
↓ 今日はソーメン
d0326888_19035370.jpg
↓ 笹岳のコルへ
d0326888_19042591.jpg

d0326888_19043269.jpg
↓ 途中の岩の上から見た経ケ岳
d0326888_19043873.jpg
↓ 中山越から黒木方面へ
d0326888_19044319.jpg

d0326888_19044989.jpg

d0326888_19045495.jpg

d0326888_19050014.jpg
↓ 黒木の駐車場から見る経ケ岳
d0326888_19050777.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2018-07-22 19:10 | ハイキング | Comments(0)

2018.06.27(水)雲仙・九千部岳→唐比ハス園散策

[日 程] 2018.06.27(水)
[山 域] 雲仙・九千部岳
[天 候] 曇り
[コース] 田代原→九千部岳→自然歩道→田代原
[メンバー] るっちん、かんこ、ミキ、jimny
[レポート] jimny

平日山行をどこにしようか悩みましたが、るっちんとミキさんが登ったことがなかった「九千部岳」に行くことにしました。前夜はちょっとした嵐のような天候で、翌朝もどんよりとした空に結構な風も吹いていましたが、予定通り行ってみることに・・・・。もしも現地が雨だったら、適当にドライブして散策でもしましょう・・・。

登山口の田代原に到着しても天候は変わらず。
急に降られた時のための準備と心構えをして出発しました。

【本日のテーマ】
①地図とコンパスの復習
②こんなときどうする? よしこさんが捻挫したら・・・ ※置いていく(?_?)
③岩場の歩き方・・・先生はわざと難しいコースを選択。 ※ほんとは間違ったんじゃないの(?_?)
④ブヨ対策について・・・先日の経ケ岳でブヨに噛まれたミキさんのお岩さん顔を見たい人は本人へ連絡を ※いつもの顔とあんまり変わらんような気もしたけど・・・(^_-)-☆

↓ 田代原トレイルセンターを出発
d0326888_17055044.jpg
d0326888_17055978.jpg
d0326888_17060641.jpg
↓ 強風にも負けずに山頂へ到着
d0326888_17061215.jpg
d0326888_17061844.jpg
↓ この三叉路を左へ
d0326888_17062610.jpg
d0326888_17063238.jpg
d0326888_17063911.jpg
↓ 途中の東屋で一休み
d0326888_17065121.jpg
↓ 戻ってきました
d0326888_17065773.jpg
↓ 帰路、唐比のハス園に立ち寄りました
d0326888_17070661.jpg
d0326888_17071238.jpg
d0326888_17072066.jpg
d0326888_17072993.jpg
お疲れさまでした。
強風の九千部岳も楽しかったけど、下山後のオマケに立ち寄った唐比ハス園にみなさん大喜びでした。

[PR]
by yamabito80110 | 2018-06-27 17:25 | ハイキング | Comments(0)

2018.06.17(日)九重・猟師岳~合頭山

[日 程] 2018.06.18(日)
[山 域] 猟師岳~合頭山(九重)
[天 候] 晴れ
[コース] 九重スキー場→オオヤマレンゲ自生地→猟師岳→合頭山→スキー場分岐→スキー場
[メンバー] よしこ、かんこ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

先週の雲仙のオオヤマレンゲに続いて、今日は九重のオオヤマレンゲに会いに出かけました。
少し盛りを過ぎた感じもありましたが、今年もきれいに咲いていました。
スキー場の駐車場とトイレが登山者のために解放されていて感謝です。
協力金の300円を箱に入れて、ありがたく利用させていただきました。
スキー場を出発するときに、懐かしい顔とバッタリ!
昔、同じ山岳会で一緒に山に岩に喜びと苦労を共にした岳友で、今は福岡で登山ガイドをしているFちゃんです。
今日は仕事はオフとのことで、奥さんとふたりで花の鑑賞にハイキングだとか。
いつもおしゃれな趣味の良い企画で人気の登山ガイドさんです。(九州トレッキング倶楽部
興味のある人はいかがですか・・・・・

さて、梅雨と言うのに今日は最高のお天気に恵まれました。
歩き出してすぐのところにあるオオヤマレンゲを見て、猟師岳まではひと登りです。
オオヤマレンゲのこの時期は登山者が多いですね。
お手軽に登れる牧ノ戸方面から登って来る人の方が多いような気がしました。
ガイドさんが引率する大人数パーティーもいました。

猟師岳から合頭山までの稜線は大きなアップダウンもなく、足元の草花を探しながらの楽しいハイキングコースです。
以前山人にいた体力のない若い子が「今日は縦走ですよね!」と目を輝かせたことを思い出します。
「そうだよ。ピークとピークを繋いで歩く縦走だよ!」と答えてあげました。
その後、その子は背伸びせずに自分に見合った山登りを楽しんでいるようです。(嬉しい(^^♪)

↓ スキー場を出発
d0326888_08342614.jpg
↓ オオヤマレンゲのつぼみ
d0326888_08343921.jpg
↓ 咲いていました
d0326888_08344626.jpg
d0326888_08345669.jpg
d0326888_08350493.jpg
d0326888_08353127.jpg
↓ 猟師岳
d0326888_08354558.jpg
↓ 合頭山へ向かう
d0326888_08362692.jpg
d0326888_08363848.jpg
d0326888_08364433.jpg
↓ 合頭山
d0326888_08370078.jpg
↓ 山頂の風景
d0326888_08373765.jpg
↓ 往路を途中まで戻る
d0326888_08380014.jpg
↓ スキー場方面へ向かう途中のミヤマキリシマ
d0326888_08380841.jpg
↓ スキー場に戻ってきました
d0326888_08381668.jpg
↓ 時間が早かったので、男池付近をを散策しました
d0326888_08382719.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2018-06-18 08:50 | ハイキング | Comments(0)

2018.06.12(火)多良・経ケ岳

[日 程] 2018.06.12(火)
[山 域] 多良山系「経ケ岳」
[天 候] 曇り/晴れ
[コース] 黒木→ツゲ尾→経ケ岳→南尾根→中山越→黒木
[メンバー] るっちん、ミキ、jimny
[レポート] jimny

今日は久しぶりの「多良」です。久しぶりの「経ケ岳」なのです。
多良に登らにゃ一人前じゃないよ・・・。 経ケ岳に汗もかかずに登らにゃ一人前じゃないよ・・・。
なんてことを言ったのに、一番汗をかいたのは・・・うん、自分だったかも??
でも、そんなキツイ経ケ岳もやっぱり登ってみれば良い山です。気持ちが良いです。

今日のお供は、るっちんとミキさん。
経ケ岳には初登頂の二人です。
この山から九州各地の山へ、日本各地の名山へと二人の山のページはどんな歴史を刻むのでしょうか。
自分がこの山で鍛えられ、それなりに辿ってきた山の足跡を思い起こしながら、これからの二人の山ライフに幸多かれと思うのでした・・・・

↓ 黒木の登山口(平日にしては車が多い)
d0326888_18341443.jpg
↓ 目指す「経ケ岳」の雄姿
d0326888_18344677.jpg
↓ 出発!
d0326888_18345648.jpg
↓ ツゲ尾コースの途中にある大きな木
d0326888_18350473.jpg
↓ ツゲ尾に到着
d0326888_18351418.jpg
↓ これも、いつもご挨拶をする木のひとつ
d0326888_18352396.jpg
↓ 経ケ岳への道(ここだけちょっといい感じ)
d0326888_18355925.jpg
↓ ハシゴやロープが続きます
d0326888_18361278.jpg
↓ 経ケ岳山頂
d0326888_18362009.jpg
↓ 南尾根(直登尾根とか言う人もいる)を下る
d0326888_18363927.jpg
↓ 中山越からウナギレ沢を下ります
d0326888_18365375.jpg
↓ シベ沢を渡って・・・
d0326888_18370124.jpg
↓ 林道に出ました
d0326888_18371533.jpg
↓ 林道途中にある桂の木
d0326888_18372490.jpg
↓ 無事、戻ってきました
d0326888_18373429.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2018-06-13 18:47 | ハイキング | Comments(0)

2018.06.09(土)雲仙・オオヤマレンゲ

[日 程] 2018.06.09(土)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 晴れ
[コース] 仁田峠→妙見神社→国見岳→新道→普賢岳→あざみ谷→仁田峠
[メンバー] よしこ、かんこ、ミキ、mimimama、jimny
[レポート] jimny

梅雨の晴れ間の今日、ヤマボウシとオオヤマレンゲを見に雲仙にでかけました。
雲仙が近づくにつれ少しづつ青空が広がり、仁田峠を出発するころには快晴となりました。
天気予報が良くなかったせいか登山者は少なく、静かな雲仙を楽しんできました。

↓ 空は青色、心はうきうき・・・
d0326888_21364898.jpg
↓ 雲仙温泉街を見下ろす
d0326888_21370047.jpg
↓ ロープウェイが下りていく
d0326888_21370822.jpg
↓ 妙見神社
d0326888_21374484.jpg
↓ ヤマボウシ
d0326888_21380166.jpg
↓ 国見岳へ
d0326888_21381089.jpg
↓ 国見岳山頂にて、後方は平成新山
d0326888_21381905.jpg
↓ 岩場を下ります
d0326888_21382961.jpg
↓ オオヤマレンゲに会えた
d0326888_21384360.jpg
↓ 普賢岳山頂
d0326888_21385185.jpg
↓ アザミ谷へ下ります
d0326888_21391640.jpg


[PR]
by yamabito80110 | 2018-06-09 21:44 | ハイキング | Comments(0)

2018/5/19 雲仙岳

[日 程] 2018.05.19(土)
[山 域] 雲仙岳
[天 候] 曇りのち晴れ
[コース] 仁田峠→アザミ谷→紅葉茶屋→新道→普賢岳→紅葉茶屋→国見別れ→国見岳→妙見岳→仁田峠
[メンバー] かんこ、jimny
[レポート] jimny

今年のミヤマキリシマは開花が早い様子なので、花が散らないうちにと思い「かんこさん」と出かけてみました。仁田峠はたくさんの観光客と登山者で賑わっていましたが、仁田峠辺りのミヤマキリシマは散り始めていました。国見岳周辺はちょうど見頃。ドウダンツツジがたくさん花芽を付けていてこれから楽しみです。「山人OB」のご夫婦との久しぶりの再会もあり、楽しい一日を雲仙で過ごしてきました。

↓ 仁田峠を出発
d0326888_20032019.jpg
↓ アザミ谷
d0326888_20033264.jpg
↓ 新道を登りました
d0326888_20044466.jpg
d0326888_20045130.jpg
↓ 平成新山
d0326888_20045909.jpg
↓ 普賢岳山頂にて
d0326888_20050992.jpg
↓ 国見岳をバックに
d0326888_20051765.jpg
↓ 国見岳を目指します
d0326888_20052313.jpg
↓ 鎖場を越えて・・・
d0326888_20052998.jpg
↓ 国見岳に到着
d0326888_20053601.jpg
↓ 国見岳から妙見岳方向に向かう
d0326888_20054443.jpg
↓ ミヤマキリシマ
d0326888_20041983.jpg
d0326888_20035644.jpg
↓ はいの木
d0326888_20055267.jpg

[PR]
by yamabito80110 | 2018-05-19 20:14 | ハイキング | Comments(0)